結婚式、披露宴を大阪で考えているお二人へ。「アンジェリカノートルダム」は、堺・泉佐野エリアのゲストハウスです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

2017年 大阪府 ゲストハウス 式場設備 1位 +
2017年 年間ランキング
  • 大阪府 ゲストハウス 式場設備 1 位
  • 堺・泉佐野エリア ゲストハウス 1 位
2016年 年間ランキング
  • 堺・泉佐野エリア ゲストハウス 1 位
最寄駅
深井駅
会場ジャンル
ゲストハウス
  1. 口コミ (360)
  2. 費用明細 (31)
招待
あわちゃん さん (女性) 認証済み
式場返信あり
招待時
20代後半
招待日
2014年11月
投稿月
2015年9月
総合評価 3.40
費用 - 設備 3.00
演出 4.00 料理 3.00
スタッフ 5.00 立地 2.00
衣装 -    

メルヘンな雰囲気。場所が不便です。
あわちゃんさん(アンジェリカノートルダム口コミ)

(489文字)

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

好みですが、メルヘンな気分で結婚式をしたい人にはおすすめです。テーマパークのような雰囲気。チャペルも立派でした。
ただ、チャペルの中にあったキリスト教の絵。血を流しているようなのもあったので、それはうーん…。宗教色が強いチャペルで、私はキリスト教徒ではないのにこういうチャペルで挙式することに抵抗があります。
ヨーロッパの雰囲気を重視するという考え方ならいいと思います。

演出・オリジナリティの満足度

新郎新婦がいろいろ練ってくれていたので、楽しいお式でした。

料理の満足度

ボリュームが少なかったかな。お肉は小さいのが二切れくらいでした。味はふつうかな。

式場スタッフの満足度

スタッフの方は大変好印象でした!配膳してくれた方はお若かかったですが、「担当させて頂く〇〇と申します。宜しくお願い致します。」はきはきと笑顔で挨拶して下さいました。

立地・交通の便の良さ

同じ大阪ですが、ちょっと不便な場所ですね。遠かったです…。南海線を使ったので交通費も結構かかりました。駅からもタクシーを使った方がいいです。

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 0
お気に入り

式場からの返信コメント

アンジェリカノートルダム

スタッフ一同 より

(返信日:2015年9月11日)

あわちゃん様

この度はアンジェリカノートルダムにご来館頂き誠にありがとうございました。
また、口コミのご投稿大変うれしく思います。

あわちゃん様のおっしゃる様にアンジェリカノートルダムの大聖堂は雰囲気も本格的で本物のようです。
ですので本格的なチャペルで結婚式をご希望される方にはおすすめです。

お料理に関しては様々なコースをご用意しています。
また料理の見直しなどもありますので、常にお客様に喜んでいただくように改善しています。

アクセスは送迎バスのご案内などもございますので遠方からお越しの方も安心していただけるのではないでしょうか。

またご縁があり、お越しいただく際にはゆっくりとお過ごし頂ければ幸いでございます。
お越しいただける日を楽しみにお待ち申し上げております。
この度は誠にありがとうございました。

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてあわちゃんさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2014年11月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の招待の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 アンジェリカノートルダム
挙式スタイル 教会,人前
収容人数 20人~150人
TEL・予約
通話無料0066-9680-506605
アンジェリカノートルダムのウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 火曜定休 ※祝日の場合は営業
受付時間 平日10:00~19:00、土日祝は9:00~
住所 大阪府堺市中区深井清水町1351-3
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事