神楽坂を上り始めてすぐ、飯田橋駅からも近いレストラン「ラリアンス」。木のぬくもりとキャンドルの優しい光がおふたりを包み込む厳かで気品あふれるチャペルや提携の神社での挙式、教会式、人前式、神前式が叶います。天井高15mの天窓から優しい光が降り注ぐバンケットはおふたりの理想にあった装飾で表情を変えることのできる会場です。

最寄駅
飯田橋駅
会場ジャンル
レストラン
  1. 口コミ (406)
  2. 費用明細 (40)
本番
necoazarashi さん (女性)
式場返信あり
本番時
30代前半
挙式日
2015年10月
投稿月
2015年12月
総合評価 4.86
費用 4.50 設備 5.00
演出 5.00 料理 5.00
スタッフ 5.00 立地 5.00
衣装 4.50    

音響以外のすべてです。
DVD再生の時、音が聞こえにくかった。
necoazarashiさん(ラリアンス口コミ)

(2585文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

過剰な演出をしなかったこともありましたが、適正価格でのプラン提供をいただきました。
レストランウエディングというだけあって、料理もワインも素晴らしい内容です。

何件も会場を回って、いちばん気に入ったのも、いちばん高かったのもラリアンスでした。

しかし、職場中心の式で先輩方は50歳が平均年齢な披露宴。
休みの日にわざわざ時間を使ってくださること、
申し訳なく思いながらの招待だったので、神楽坂のレストランウエディングにしよう、と思い切っての決断!
結果、心から楽しんでいただけて、とっても嬉しかったです♪

きっと、結婚式を挙げるときにいちばん考えるのが、

もてなしと費用のバランス

かと思います。
「結婚式の半分は返ってくるからね。」
と、先輩たちによく聞いていたので、
ラリアンスは安くはないけど、本当にすてきなところだから、と、決意。

結果、うちはなんとなんと、60人規模で、黒字でした。
半分どろか、新婚旅行の費用まで。。。

もちろん、何一つ、ケチっていません。
ゲストのみんなが褒めてくれました。

親戚と友人の割合は3:7です。

これはラリアンスのスタッフのおかげだと思っています。

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

私たちは、湯島天満宮の挙式→ラリアンスの披露宴でした。
湯島天満宮の神前式はもちろん最高でした。

そして、ラリアンスの会場の雰囲気も、打ち合わせ通り、イメージ通りの会場でした。

私はいろんなことを自分で決めたいタイプです。
クロスの色、ナプキンの折り方、すべて無料で選択できました。

お花は先生と打ち合わせてどの程度のものを、どの程度の予算で、と決められるのですが、
その場でデッサンを描いてくださって、イメージがすぐにわきました。

当日、披露宴会場に入ると、思い描いていた通りの最高の空間になっていて感動しました。

ゲストは路面の入口ドア開けてから受付までのエスカレータの雰囲気を、大絶賛でした。
神楽坂に面したあんなに狭い入口から、あんなに広い会場?!って。

湯島天満宮での挙式でしたが、湯島への移動の際、
神楽坂が歩行者天国になっていたので、大通りまで新郎新婦歩きました。

白無垢のお嫁さんに、神楽坂に来ている人たちが、
「およめさんだー!」って、喜んでくれていました。
外国人観光客も多くて、JAPAN☆WEDDING☆を歓喜してくださっていました。

演出ではないのですが、地元から来た親戚に「映画みたいな演出」と褒められました。

私たちはとっても驚いたしめっちゃ恥ずかしかったのですが、
今思い返せば一生に一度の思い出です。

演出・オリジナリティの満足度

演出はプランナーさんと話して決めました。

過剰な演出はしない、が、
私たちのスタンスでした。

結果、ゲストの待ち時間もなく、余計な演出もなく、
みんなにとってハッピーな会になりました♪

式中の曲も、「こんな感じがいい」と話すとそれを提案してくださいました。

夫婦共働きで、すごーく忙しかったので、こまめな打ち合わせ、というより、まとめての打ち合わせになりました。
そのたびに、プランナーさんはまとめて資料を用意してくださっていて、
簡潔に適切な打ち合わせができました。

ただみなさんに料理を食べていただくだけでなく、会場をフルに使っての演出ができました。

私たちの場合は、お色直しからの登場が階段上で、夫が階段を上って迎えに来てくれたり、
みなさんに花道をつくっていただいて、フラワーシャワーで退場できたり、
そういう提案をしてくださるプランナーさんでした。

衣装・小物の満足度

ウエディングドレスもプラン内で、運命の一着に巡り会いました。
(もちろん、提携するショップでは色々なものを試着できます)
新郎の衣装だけは、プラン内のものは一目見て却下でしたので、4.5としましたが、
プラス3万円で満足のいく衣装でした。

最終衣装合わせの際に、なんと隣のカップルが夫の職場の知り合いというハプニング。
夫は「気まずすぎる・・」と、店を出てしまいました。
スタッフさんが気にしてくださり、隣の終わりのタイミングを絶妙に教えてくれ、
夫に連絡でき、知り合いと対面することなく、無事に試着することができました。
スタッフさんの配慮に感謝です。

料理の満足度

とくに、キッチンオープンではゲストに感激していただけましたし、
「苦手な食材があればお知らせください」という招待状に、友人たちが喜んでいました。
食べられないものは、無料で他の料理を用意してくださる配慮。
さすがレストランです。ゲスト全員に、フレンチを楽しんでいただけました。

式場スタッフの満足度

ネイルやまつ毛エクステ、ヘアメイクを乃木坂の提携店が行ってくださいました。

ヘアメークリハーサルももちろん、当日も着物の所作やふるまいまで、すべて担当のアーティストさんが場面場面で動きを教えてくださいました。

ちょっと崩れてはささっと直してくれます。
とくに、私たちは湯島天満宮を挙式に選んだので、移動距離が長い。

けれど、ずっと近くにいて、終始細かく見てくれました。

また、当日の披露宴での動きは、初めて会うスタッフの方の先導のもと、私たちが動いたのですが、
リハーサルもなかったのに、とってもスムーズ。

ビデオを見返しても、まるで私たちだけのような、気配OFFな動き。
プロだな、って思いました。

立地・交通の便の良さ

飯田橋駅、神楽坂駅からのアクセスがものすごくいいです。

職場の方々も、迷うことなく、いらっしゃいました。

ただ、日曜日は歩行者天国になっていて、交差点から車が入れないということは覚えておいたほうがいいです。

その他・上記項目以外に何かありましたら、ご自由に書いてください。

お互い田舎が東北だったので、着付けに困りました。

一般的なホテルと違って、レストランだから、部屋がないです!!

幸いにも、新婦側の親戚は洋装でしたからよかったものの、両家和装を希望すると、それはそれは忙しいです。

和装をみなさん希望されるようでしたら、一考すべきかもしれません。

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 1
お気に入り

式場からの返信コメント

ラリアンス

ラリアンス ブライダルデスク一同 より

(返信日:2017年2月10日)

necoazarashi様

この度はご結婚誠におめでとうございました。
また、口コミ投稿いただきありがとうございます。

ラリアンスは神楽坂という立地もあり、
花嫁姿で歩くだけでとても絵になります。
通りがかりの方々に「おめでとう」と言っていただけるという空間は
なかなかないかと思います。
ご親族の皆様にも喜んでいただけてなによりでございます。

またお食事に関しては
やはりレストランでございますので
お越しいただいた全ての方々に
お料理を隅々まで楽しんでいただけますよう
アレルギーや苦手な食材などは
お一人お一人に合わせて対応させていただいております。
ゲストの皆様全員にフレンチを楽しんでいただけたとの事で
大変嬉しく思います。

思い描いていたとおりの最高の空間
そしてみんなにとってハッピーな会
そんなご結婚式のお手伝いができて光栄でございます。
ありがとうございました。

記念日などには是非
レストランへお食事にいらして下さいませ。
またお二人にお会いできる日を楽しみにお待ち申し上げております。

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてnecoazarashiさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2015年10月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の本番の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 ラリアンス
挙式スタイル 教会,神前,人前
収容人数 30人~150人
TEL・予約
通話無料0066-9680-553565
ラリアンスのウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 毎週火曜日定休※祝日を除く
受付時間 11:00~20:00
住所 東京都新宿区神楽坂2-11
アクセス情報へ >

PRおすすめ特集