結婚式、披露宴を大阪で考えているお二人へ。「ザ・リッツ・カールトン大阪」は、大阪市キタ(梅田・新大阪)エリアのホテルです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

最寄駅
梅田駅,西梅田駅, 大阪駅
会場ジャンル
ホテル
  1. 口コミ (484)
  2. 費用明細 (29)
下見
カゴメのトマト さん (男性) 認証済み
下見時
20代後半
訪問日
2014年8月
投稿月
2015年8月
総合評価 3.83
費用 3.50 設備 4.00
演出 3.00 料理 3.50
スタッフ 4.50 立地 4.50
衣装 -    

大阪の高級ホテルでの高級な結婚式
カゴメのトマトさん(ザ・リッツ・カールトン大阪口コミ)

(787文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

関西では有名なホテル。ブランド自体もあるためか、初回見積りでも値段は高めです。
が、やはり高級ホテルなだけありコストパフォーマンスが悪いのかと言えばそうでもなさそう。
やはりコストをかけるだけの豪華さはあります。

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

意外だったのが、チャペルはこじんまりとしていました。
ホテルだからかな。
しかし雰囲気は厳かで王道な感じです。
披露宴会場は高砂席のバックにリッツカールトンの旗掲げられていて、貴族になった気分でした(笑)

演出・オリジナリティの満足度

特には説明はありませんでした。

料理の満足度

ホテルの料理なので美味しいだろうと思って食べましたが、お肉は…少し固めでした。
国産牛を使っているとのことでしたが冷めてしまうとやはり固くなるのですね。
パンも固めなパンが多く、リッツだから!!!と期待していたようなふんわり感ではありませんでした。
とはいえその辺のチェーン店に比べればよっぽど美味しかったですが。

式場スタッフの満足度

スタッフさんは手馴れているからかとても丁寧にご説明くださいました。
しかしあまりにも淡々とした口調で話されていて、笑顔もなんだか仕事用という笑顔のような気がしました。
が、対応自体は本当にご丁寧なので不満はありません、お仕事をしっかりなさってくれているのだと思います。
一流ホテル教育もあるのか当然マナーはものすごくしっかりされており、気遣いも完ぺきでした。

立地・交通の便の良さ

梅田なので交通の便に関しては何の不満もありません。
しかし遠方から来る、あまり梅田に来ないという方々だと
大阪駅からも少し離れていてなおかつ少し郊外にあるので
少しわかりづらいかもしれません。
あの辺は似たようなビルやホテルがたくさんありますから・・・

カゴメのトマトさんが比較検討した式場

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 0
お気に入り
口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてカゴメのトマトさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2014年8月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の下見の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 ザ・リッツ・カールトン大阪
挙式スタイル 教会,神前,人前
収容人数 6人~500人
TEL・予約
お問い合わせ専用電話(通話無料)
定休日: 無休(年末年始は臨時休業します。事前にお問合せください。) 受付時間: 平日11:00~19:00/土・日・祝10:00~19:00
※式場に繋がる電話番号です
0066-9680-530798
フェア・見学予約受付(通話無料)
みんなのウェディング予約デスク 営業時間:月曜〜日曜(祝日) 11:30~20:00
※式場へ繋がる電話番号ではありません
0066-9680-533664
ザ・リッツ・カールトン大阪のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 無休(年末年始は臨時休業します。事前にお問合せください。)
受付時間 平日11:00~19:00/土・日・祝10:00~19:00
住所 大阪府大阪市北区梅田2-5-25
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事