結婚式、披露宴を千葉で考えているお二人へ。「セント・マーガレット ウエディング(ST.MARGARET WEDDING)」は、柏・松戸・野田エリアのゲストハウスです。挙式や外観、会場内の写真から式場の雰囲気をつかんだら、先輩カップルが投稿した実際の費用と料金プランを見比べたり、結婚式場口コミで料理やスタッフ、進行演出、衣装や施設の評価をチェック。気になったら、ブライダルフェア・見学予約をして式場訪問してみましょう。

2017年 千葉県 ゲストハウス 2位 +
2017年 年間ランキング
  • 千葉県 ゲストハウス 2 位
2016年 年間ランキング
  • 千葉県 ゲストハウス 費用満足度 1 位
  • 千葉県 ゲストハウス 料理 1 位
  • 千葉県 ゲストハウス スタッフ 1 位
2015年 年間ランキング
  • 千葉県 ゲストハウス 3 位
  • 柏・松戸・野田エリア ゲストハウス 立地 1 位
最寄駅
柏駅
会場ジャンル
ゲストハウス
  1. 口コミ (401)
  2. 費用明細 (38)
下見
えむえぬ さん (女性) 認証済み
式場返信あり
下見時
20代後半
訪問日
2016年4月
投稿月
2016年4月
総合評価 4.14
費用 3.00 設備 5.00
演出 4.00 料理 5.00
スタッフ 5.00 立地 3.50
衣装 3.50    

アンティーク、スタッフ、装飾センスが良い
テーブルが四角、晩餐会スタイルの会場有
えむえぬさん(セント・マーガレット ウエディング(ST.MARGARET WEDDING)口コミ)

(4285文字)

費用・コストパフォーマンスの満足度

高くもなく安くもなく、平均的な費用だと思います。

時期にもよりますが、私の時は人数×5000円の割引があった為、料理のグレードアップはしやすいように感じました。

あとは装花がどれぐらいかかるかです。
晩餐会スタイルのテーブル装花は、ライン状に置かれているのをよく見ますが、そうすると円卓の真ん中に少しだけ置くタイプより費用がかかりそうなイメージです。
新郎新婦のソファ席も大変好みなのですが、サイドテーブル装花をするとどのくらいなのか…
これは通常のテーブルタイプとどちらが安くなるか見当がつきません。花より小物で華やかさを出せばコストを抑えられるでしょうか?

・人数×5000円割引
・挙式料50%OFF(250000→175000)
・ドレス&タキシード50万→28万
(WD20万+CD20万+タキシード10万=50万)

結婚式場の雰囲気・設備の良さ

アンティーク・レトロという言葉がぴったりな雰囲気で、古汚い感じはなくとても綺麗でした!
今まで見た会場の中でダントツで雰囲気が好みでしたので、アンティーク好きな方には理想的な雰囲気でしょう。

◆チャペル
ステンドグラス・赤いバージンロード・パイプオルガン・茶色の長椅子と、厳格なチャペルです。
約200年前にイギリスから譲り受けた大聖堂で、地中にワインと聖書を埋めて、正式な儀式のもとに建設したそうです。
きちんとした教会で挙げられるのも魅力的なポイント。

ステンドグラスは外の光によって色が変わるそうで、夜になるにつれ白→オレンジ→緑と変わります。写真で拝見しましたがどの時間帯もとても綺麗でした。

また、乳児連れゲストのために防音の別室が用意されており、小窓から挙式の様子を伺えるます。

◆披露宴会場
【プリンセッサ】
アンティークな雰囲気の落ち着いた会場。
階段から降りて登場する事ができます。
天井が2階分吹き抜けになっており、
会場内にもパイプオルガンがあります。

ゲストテーブルは四角い為、円に比べると人数配分が限られ難しそうです。
新郎新婦の席は、丸テーブル&椅子の他に、サイドテーブル&ソファが選べます。ソファは茶色の革貼りで、より一層アンティークな雰囲気が出てるうえ、フカフカです。

~90名ですが、60名以下がベストだと思います。70名以上だと新郎新婦の隣にもゲストテーブルが配置されるため少し狭そうです。
また、柱が2本ある為、演出の立ち位置によっては死角ができてしまいそうです。

スクリーンは新郎新婦席の左右にそれぞれ1つずつ現れます。

【ドゥ・キャップ】
白を基調とした爽やかでナチュラルな雰囲気の会場。後ろ一面が窓になっており明るく開放的です。

エントランスは緑が鮮やかで見ただけで気分が上がります。
エントランスから入ってすぐのスペース(パティオ)には、ソファと天蓋ベッドがあり、フォトスペースとして使えるそうです。ビュッフェをする場合もここで行います。

パティオの右側に披露宴会場があります。
ゲストテーブルは晩餐会スタイルの縦長配置のみ可能です。写真では100名用の配置でしたが、丁度良い余裕が取れてると思うので、それ以下なら更にゆとりある配置が出来そうです。ただ、1番奥のゲストと新郎新婦は遠く感じてしまうかもしれません。~120名着席可能です。

新郎新婦ソファは白のファブリックで、同じくフカフカです。

スクリーンは四つ角にそれぞれ1つあるため、どの席からでも体を捻ることなく、食事をしながらでも見れます。

◆受付・ゲスト控室・親族控室
階段を降りたところにあります。
入って右側に受付があり、左奥に親族控室が2つあります。親族控室は少し狭く感じました。
真ん中のスペースはゲスト用で、教会と同じような茶色の長椅子が幾つかあります。
真ん中のスペースは広いですし、この部屋を出た所も広場になっているので、大勢でも大丈夫そうです。

◆ボンボニエール
控室を出た広場に、ボンボニエールというパティシエがスイーツを作っている部屋があるのですが、窓があり、中の様子を伺うことができます。ゲストが到着した頃はちょうどウェディングケーキの飾り付けをしている頃らしく、待ち時間も楽しめそうです。

◆更衣室
男女別であります。
女子更衣室を見学しましたが、
カーテンで仕切られた場所×3、着付けができるような広めの場所、メイクを直せる洗面台と鏡がありました。

◆ブライズルーム
マーキーライトの化粧台が可愛いらしかったです。狭すぎず広すぎず。

演出・オリジナリティの満足度

◆挙式時
バージンロードを一緒に歩いた親族もそのまま階段まで上がり、親族・花嫁・花婿と3人並ぶそうです。そして牧師が親族にも問いかけをし、娘を預ける事の承認を行い、絆を深めるそうです。

◆石畳の庭
雨の日は出られませんが、フラワーシャワーやブーケトスもできます。お花はあまり植えられていませんが、小さな噴水があり、石畳も可愛らしいです。

◆ウェディングライブラリ
装花やケーキなどイメージに困った時は、ここのウェディングに関する本の写真を見ながらイメージを膨らませるそうです。フォトスポットとしても素敵だと思います。

◆2人の記念日に
挙式後、2人の記念日に訪れて、2人専用のスペースでお食事が出来るそうです。エレベーターを出て左奥、ライブラリと同じ階にあります。
また、子供が生まれた時などはチャペルに訪れて記念撮影をする方もいらっしゃるそう。
帰って来れる場所は素敵だと思いました。

◆新郎新婦の席
通常のテーブル&椅子もありますが、サイドテーブル&ソファも可能です。

どこの式場でもそうですが、演出やお色直しなどで新郎新婦が実際にお料理を食べる時間は少なく、新婦はドレスのキツさもありあまり食べられないようです。

こちらではサイドテーブルに一口で食べれるものを用意し、お腹が空いた時はそれをつまむ事が出来ます。また、ソファにする事で、テーブルという壁がなくゲストも足を運びやすくなります。写真撮影の際はドレスの裾まで写るので、より華やかですし、お気に入りのドレスを思い出に残す事が出来るため、ソファタイプはかなり良いと思いました!

◆キャンドルサービス
元々プランに含まれているそうです!

◆ボンボニエール
広場にあるボンボニエールではパティシエがスイーツを作りますが、ウェディングケーキの他に、オリジナルの引菓子もここで作り、出来立てをお届けする事ができるそうです!

衣装・小物の満足度

同じ建物内にドレスサロンもあります。
敷地内ですがドレスの種類は多く感じました。ドレス小物はたくさんあります。
新郎のタキシードや小物も種類豊富です。

可愛らしいもの、清楚なもの、ブリブリしたもの、シックなものと、幅広く置いてました。

ただ、インポートドレスが多いのでお値段も少し張るように感じました。

試着したドレスの値段は約35万です。

料理の満足度

元々試食のないフェアでしたが、ご好意で人気のカレーとアイスを出して下さいました。

婚礼料理にカレーは珍しいのですが、キノコのルーと牛肉のルーを混ぜると、濃厚なのにまろやかな味になり、とても美味しかったです。

ほうじ茶のアイスは、甘しょっぱくてクセになりました。タピオカのモチモチとあられのサクサクも絶妙で、もう一度食べたいと思いました。

料理のコースは確か4種類程あり、
8000円、12000円、15000円、18000円だったと思います。
見た目はどれも華やかで美味しそうでした。
8000円もとても美味しそうですが、品数が他のコースと比べると1品ほど少なかったです。
私は15000円のものがオススメでした。
品数を追加したり、肉だけをランクアップさせる事も可能なので、色々対処できそうでした。

式場スタッフの満足度

担当のプランナーさんはしっかりした方で、案内がとてもスムーズでした。
説明もわかりやすく、チャペルの成り立ちや、バージンロードの赤の意味もしっかり教えて下さり為になりました。

特にさすがだと思ったのは、チャペルを案内時に、バージンロードではなく壁側を歩くよう促された事です。他の式場では当たり前のようにバージンロードを通るよう促されたので、自ら断って壁側を歩いていました。
また、挙式の流れを説明する前に「お父様はご健在ですか?」と一言聞いて下さいました。
バージンロードの意味をきちんと理解し、更に心遣いの出来る方なのだと思いました。

見積り相談では、迷った時は高い方のコースで見積りを出して下さり、最初に話してあった「後から見積りが上がるのが嫌」という気持ちをしっかり汲んで下さいました。

ドレス担当の方も、ドレス選び~試着までまるで自分の事のように本当に嬉しそうに手伝って下さったのでとても楽しく試着出来ました。グローブの意味を知らなかった為質問しましたが、わかりやすく説明し、種類も色々ある事まで教えて下さいました。

料理をサーブして下さった方も、私が壁にかかってたメニューをじっと見ていたらそれについて進んで説明して下さり、料理の提案もして下さいました。

どのスタッフもこちらの気持ちを汲み取って心地よく接して下さったので、スタッフの教育がしっかりされているのだと思いました。

立地・交通の便の良さ

JRまたは東武アーバンパークラインの柏駅 東口から徒歩7分です。
年配ゲストが歩くには長く感じるかもしれません。
東口を出て道なりにまっすぐ歩くと着くので迷わなそうです。

東京スカイツリーラインも開通したので、品川・東京からも1本で来れます。
ただ、スカイツリーラインの本数が少ないので、時間が合わない場合2回乗換えになります。
また、電車1本で来れるとしても約50分かかります。
私は遠方ゲストが多いため★-1.5してますが、この近辺の人が多いなら問題なさそう。

その他・上記項目以外に何かありましたら、ご自由に書いてください。

細かい所まで装飾されていて可愛いです。
海外流のウェディングに憧れる方にもぴったりだと思います。
写真で見る限りですが、装花のセンスや、スイーツなどは最近の流行をよく取り入れてると思います。(ネイキッドウェディングケーキがあるなど)

えむえぬさんが比較検討した式場

この口コミは役に立ちましたか?
後で読みたい場合は、お気に入り保存が出来ます。

役に立った! 0
お気に入り

式場からの返信コメント

セント・マーガレット ウエディング

セント・マーガレットウエディング スタッフ一同 より

(返信日:2016年5月13日)

えむえぬ様

この度は貴重なご意見ありがとうございました。
また、セント・マーガレットウエディングにご見学にお越し頂きまして、スタッフ一同心より御礼申し上げます。

たくさんの温かいご意見をありがとうございます。
私共がこだわってご案内させて頂いております点を詳しく表現頂き、たくさんお写真もお撮り頂きまして、嬉しく思います。

えむえぬ様は、都内の多くの式場様とご検討頂いておりましたので、いろいろと悩まれることもあったかと思います。
アクセス面では特にご心配もあったかと思いますが、上野東京ラインで最短31分で東京-柏までお越し頂けますので、ご検討頂けたらと思います。

ぜひ次回はご新郎様とお越し頂けましたら幸いです。

特に大聖堂は、クリスマスの時期にナイトウェディングやクリスマス礼拝なども人気です。ブルーのステンドグラスとキャンドルに照らされた大聖堂は幻想的ですので、ぜひまた遊びにいらして頂けましたら幸いです。

ご存知の通り、レストラン営業しております。えむえぬ様にお会いできますのを楽しみにしております。

口コミの内容は、好意的・否定的なものも含めてえむえぬさんの主観的なご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
また、口コミで記載されている式場サービス内容・金額・スタッフ・運営会社は、2016年4月当時のものです。現在とは異なる可能性がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

この式場の下見の口コミをもっと見る

基本情報・お問い合わせ

会場名 セント・マーガレット ウエディング
挙式スタイル 教会,人前
収容人数 2人~130人
TEL・予約
通話無料0066-9680-591917
セント・マーガレット ウェディング(ST.MARGARET WEDDING)のウェディング専用ダイヤルです。
この式場で挙式・披露宴を検討されている方の専用フリーダイヤルです。その他の目的でのご利用はご遠慮ください。※IP電話からはつながりません。通常回線・携帯電話などからご利用ください。
この式場が気になったら、まずはブライダルフェアの予約をしよう!
ブライダルフェア一覧へ
空き日程などの確認や資料のお問い合せはこちら
見学予約する 資料請求する お問い合わせ
定休日 第2水曜日 ※月により異なる場合がございます
受付時間 10:00~20:00
住所 千葉県柏市東上町3-38
アクセス情報へ >
PR おすすめの記事