ドレスを探す
価格帯
都道府県
ドレスの試着に行ってみよう!

ウェディングドレスの試着に行ってみよう!

着たいドレスが決まったら、早速試着に行ってみよう!これさえ分かれば安心の試着マニュアル♪

1. 試着予約は、余裕を持って、早めに!

試着予約は、余裕を持って、早めに!の画像

試着予約は、電話やネットからすることができます。 ドレスショップの試着は、 基本的に予約制 となっているので、試着に行きたい日が決まったら、必ずドレスショップに連絡してから行きましょう。

ドレスショップによっては、『挙式日の○日前から試着可能』など、挙式日から逆算して試着可能日が決まっていることがあります。 行きたいドレスショップを選ぶときには、ドレスショップの試着可能日を確認しておきましょう!

ただし、人気のドレスショップだと、土日、休日や平日の夜の時間帯は予約が取りにくく、 1ヶ月以上先まで予約が埋まっている ことも。。
土日や休日、平日の夜に試着をしたい場合は、半月以上先の余裕を持ったスケジュールで試着予約のお問い合わせをすることをオススメします!
気が付いたときにはもう予約が取れない!!なんてことにならないためにも、 挙式日の6ヶ月前 には試着し始めて、 挙式日の2-3ヶ月前 にはドレスが決定できるように余裕を持って準備をしましょう!

また、オーダーやセミオーダーのウェディングドレスの場合には、 衣裳の制作に時間がかかる こともあります。
早めに自分の『着たいウェディングドレス』を見つけて、賢く試着をして、運命の一着に出会いましょう♡

2. 予約時に聞かれることは、事前に準備しておこう!

予約時に聞かれることは、事前に準備しておこう!の画像

予約時には、名前や連絡先(電話番号やメールアドレス)、挙式予定日、挙式予定の会場名、洋服のサイズなどを質問されます。 スムーズに予約をするためにも、予約をする前に質問される回答を準備しておくといいですね。
すでに着たいドレスのイメージがある場合は、あらかじめ伝えておくとおすすめ☆ 試着の時に、ドレスショップのスタッフさんが着たいドレスのイメージに近いドレスから優先的に紹介してくれることも♪

3. 「好きなドレス」「着たいドレス」のイメージを膨らませておくと、試着がスムーズに!

「好きなドレス」「着たいドレス」のイメージを膨らませておくと、試着がスムーズに!の画像

ドレスショップにはたくさんの種類のドレスがあります。限られた時間の中で、運命の一着を見つけるのは大変! 試着に行く前に、ドレスショップのカタログやHPで、好きなラインやデザインのドレスをある程度決めておくと○。

4. 試着は1人でもOK!でも決めるまでには色んな方のアドバイスも大切。

試着は1人でもOK!でも決めるまでには色んな方のアドバイスも大切。の画像

試着に行く時は、パートナーや母親、友人や兄弟と一緒の方が多く見られます。 自分では気がつかないところや、見えない角度からの感想など、参考になるアドバイスをたくさんもらっちゃいましょう。
ただ、ドレスを着替える時などは、同行する方は待ちぼうけに。。。。うまく時間を潰せるアイテムを持ってきてもらうといいですね。 もちろん、1人でもOK!
携帯電話やカメラでの写真撮影なども、ドレスショップのスタッフさんにお願いできるので、どんどんお願いしちゃいましょう。 後から写真で見比べたり、パートナーや友人からアドバイスをもらうのもいいですね。

5. 来店時に必須の持ち物

来店時に必須の持ち物の画像

カメラ(携帯電話でもOK!)

ドレスを試着したら、ぜひ写真を撮りましょう! 正面、全身はもちろん、自分では確認しにくい後姿や、刺繍やレースなどのポイントを撮影しておくと、あとから見てもドレス選びを楽しめそう♡
ご両親やパートナーにも写真を見せて、みんなにも意見をもらえたらいいですね。

ヘアゴム(髪をまとめるもの)

髪が長い方、肩につく位の長さがある方はヘアゴムなどの髪をまとめるものを持って行きましょう。 ヘアゴムを貸してくれたり、簡単なヘアアレンジをしてくれるドレスショップもありますが、いつもの使い慣れたヘアグッズがあると安心ですね!
いつもアレンジしている人は、普段着に合うアップヘアにして行くのもおすすめ。

着たいドレスのイメージ画像

頭の中でこんなドレスがいいな~というイメージがある方! そのイメージに近いものやサイトやSNSなどで見て気に入ったドレスの写真や画像を持っていくと、ドレス探しに役立ちます☆
雰囲気や言葉では伝えきれないイメージも、写真や画像で見せると間違いなし!

6. 来店時には、何を着ていく?

来店時には、何を着ていく?の画像

綺麗な下着

試着時には、ドレスショップにあるドレス用のインナーを借りて着用します。 ドレス用インナーを着ける時には、自分が着て行く通常のブラジャーを外したり、ブラジャーの上からドレス用インナーを身に付けます。
また、ドレス用インナーの着用やドレス試着は店員さんに手伝ってもらうことも多いので、店員さんに見られても恥ずかしくない下着で試着に行くのがおすすめ!
ドレスショップによってはドレス用インナーの貸出しをしていない場合もあるので、試着申し込みの際のショップの方の注意点をしっかりメモしておきましょう!
ドレス用インナーの貸出しをしていないドレスショップでの試着の場合は、ストラップの外せるインナーをつけていくと安心です。

脱ぎ着しやすい服装

試着の際には靴や服も脱ぐので、ワンピースなど着脱が楽な服装で行きましょう。
自分でヘアアレンジをして行く方などは、脱いでもヘアアレンジが崩れにくいようにカーディガンなどもいいですね。

7. 試着は平均3時間。時間には余裕を持って!

試着は平均3時間。時間には余裕を持って!の画像

1回の試着で着られるドレス数は3,4着程度が一般的。
試着の時間枠が決められているドレスショップも多いので、着てみたいドレスを賢く試着したい! 試着時には、インナーを付けたり、簡単なヘアアレンジをしてもらったり、着慣れないドレスを着るには結構時間がかかります。
何着も脱いだり・着たりを繰り返すと、思ったよりも疲れます。。。 試着前後のスケジュールは時間的にも気持ち的にも余裕を持って!

試着に付き添ってくれるパートナーや友人がいる場合には、待ってもらう時間が長くなることを予め伝えておけるといいですね。
また、時間がなく何度も来店できない!挙式まであまり時間がない!という方は、予約の時に伝えておきましょう。

はじめてのドレスナビ

ウェディングドレスについてわからないことがある場合は、先輩花嫁に相談してみましょう。