green×シックな大人空間 - TRUNK BY SHOTO GALLERYの結婚式レポ

みんなのウェディング
公開日: 2016年9月8日

テーマはLife is Life...
都会の洗練された空間と、greenをふんだんに使ったナチュラル空間との融合を目指しました。
お花はgreen×whiteのみ、小物はblackで統一。キーアイテムを本にすることでリラックスできる雰囲気を演出しました。

新郎はデニムのセットアップをチョイス。
カジュアルにお洒落を楽しんでいました。

二次会でも選んだのは1着目と同じセレスティーナアゴスティーノ。
柔らかなレースが不思議な立体感を出してくれるこちらも運命の1着でした。

ブックレット。プロフィール紹介はモノクロで。

メニュー表。背景の草木はモノトーンでかすれた加工をしました。

ブックレットの表紙は木の板を採用しました。表面はレーザーカッターで刻印しペーパーで3つ折り仕様に。中にはプロフィール、メニュー表、席次表が。

エスコートカードはパフュームボトルのデザインに。4種類ご用意し、探す楽しみを。

エスコートカードは、black×whiteのバルーンに吊り下げました。

席札の代わりに、1人1人のお名前を入れたチョークシートでお出迎えを。

会場はgreenをふんだんに使い、blackのダウンライトを吊るしました。
高砂のバックには本棚を。ナチュラルでラグジュアリーな空間を目指しました。

プチギフトは焼き菓子を。
patisserie.asakoiwayanagiさんにお願いしました。

昨年末に独立されたばかりなのに、既にVOGUEにELLEと注目を集めているasakoiwayanagiさん。

等々力にあるパティスリーまでうかがい試食をしてその味はもちろんのことお店の方のお人柄にすっかりファンになりました。
写真は看板商品の石畳の塩ショコラ。
こちらとクッキーなどを組み合わせて4パターン作っていただきました。

前菜ブッフェ。オリジナルでデザインしていただいたチョークボードの前にお料理を並べていただき、ウェルカムパーティーを。

立食のウェルカムパーティーではカジュアルに。クラフトビールで乾杯を。

私が選んだのは、greenで埋めつくされた空間にもNY風のモノトーンの室内にもどちらにも映えるシンプルなスレンダードレスでした。
総レースのドレスはフランスのセレスティーナアゴスティーノのもの。東京都内での約90着の試着を経て、九州で発見。雑誌ELLE mariageで見つけたドレスショップ、JUNOさんで出会いました。
背中にはくるみボタン、低めの位置の切り替えしでトレーンが広がります。シンプルな中でも設計されつくした究極の1枚でした。

挙式のシニョンからヘアスタイルをチェンジ。
披露宴では低めのポニーテールに。ヘッドドレスはjennypackam(ジェニーパッカム)、イヤリングはmaria elena(マリアエレナ)のもの。お気に入りのスタイルです。

2着目のお色直しもホワイトのドレスを。
1着目のスレンダーから王道のプリンセスラインへチェンジしました。
すずらんの花がドレス全体に散りばめられたデザインでゲストからも好評でした。
大ぶりのヘッドアクセサリーは母のお手製です。

挙式日 2016年4月
場所 TRUNK BY SHOTO GALLERY
人数 約80人
雰囲気 ナチュラル シンプル
0 コメント

みんなのコメント

  • コメントはまだありません
会員になるとレポにコメントができます

ログインする(会員の方)

会員登録する(無料)

結婚式レポの一覧に戻る

あなたの結婚式を見せてください!

結婚式レポを投稿する

ログインが必要です

雰囲気から結婚式レポを探す

花嫁QAカテゴリから探す

画像を人気タグから探す

あなたの結婚式を見せてください!
あなたの疑問は解決しましたか?答えが見つからない場合は、先輩花嫁に聞いてみよう!
花嫁Q&Aで相談する
投稿/相談にはログインが必要です。