Q. 持ち込み料とは…

Uh huh
さん 29歳 女性 千葉県
2010年4月19日

法律に詳しい、司法関係のお仕事に従事されている方にお訊ね致します。私達は数々(10ヶ所弱)の式場を訪問し、この業界にとても疑問に思っているのですが、持ち込み料や持ち込み禁止を掲げている結婚式場等は、独占禁止法にはあたらないのでしょうか。高額なキャンセル料や不明確な初期見積からどんどん高額になる商法はエステ等ではクーリングオフが効くのに何故黙認されているのか不思議です。又、外注で発注したい場合等も、持ち込み料…提携先と中間マージンを掛け、利益を上げたいという式場側の経営理念も解らなくはないのですが、相談広場でも後から来る高額請求や金銭トラブルでクレームをつけたくても泣いていらっしゃる新婦様も多々見かけます。 一生に一度の大切な日、最近は様々な拘りを持つカップルが多い中、このブライダル業界の仕組みが不思議です。 独禁法とブライダル業界について教えて頂けると有り難く思います。

この相談に回答する

A. みんなの回答

Uh huh
こーへー さん 33歳 男性
2010年4月20日

行政書士でも司法書士でもないですが…
確かに不明瞭な金額設定です。
冠婚葬祭は特に昔からそういったことが慣習的になってますね。

ただ、別の見方をすれば、持ち込み禁止が独占禁止法に
ひっかかるのだとすれば、一般のレストランが
「食べ物の持込は禁止します」ということも引っかかってしまいます。

会場によっては、持ち込みOKなところもあるのですから、
それを選択されればよい、ということになります。

2人が役に立つと評価しています。
Whoa
無知の知 さん 32歳 男性
2010年4月20日

私も法曹関係者ではないですが、
過去に他の掲示板で、持ち込み料は独禁法違反なので、裁判に持ち込めば払わなくても済むとの書き込みを読んだことがありますよ。

ただ、その背景には式場と提携業者(衣装屋や写真屋)との契約があり、業者側は契約金と紹介ごとの手数料を式場に支払うことで優先的に仕事を紹介して貰っている事実があるかと思います。
式場としては、持ち込みされるのを防ぐためと、持ち込まれた場合に業者から入ってこなくなる手数料を補うため、持ち込み料を設定されているかと思います。

>このブライダル業界の仕組みが不思議です。

冠婚葬祭は不明瞭な料金体系と言われますが、頻繁に利用する訳ではないので、利用する側からすれば、その業界を是正するのが目的ではなく、上手く利用することに注力を注ぐことを目的とするのが賢明とご判断される方が多いと思えば、その習慣が続いているのも不思議ではないのではないでしょうか?

>相談広場でも後から来る高額請求や金銭トラブルでクレームをつけたくても泣いていらっしゃる新婦様も多々見かけます。

一見不明瞭でも式場によっては、先も持ち込み料も設定していない、料金体系も明確にしている所も多いと思います。もちろん、そうでない式場もあります。私も挙げた際に下見をして、見比べて初めて分かりました。

4人が役に立つと評価しています。
Yeah
無知の知 さん 32歳 男性
2010年4月20日

>相談広場でも後から来る高額請求や金銭トラブルでクレームをつけたくても泣いていらっしゃる

式場を問わず、挙式披露宴同様、不動産や資金運用など、多額の金銭が関わる契約の際に、知識を持たずして、その様な業者のいいなりになっていると・・・、の結果だと思います。
挙げる側もその様な悪徳業者を見抜く、心構えは必要かと。
もちろん、一番憎むべきは幸せで周りが見えなくなりがちな新郎新婦を欺く、その様な業者側ですけど。

話を元に戻しまして、(良心的な式場に話をしぼります)
自分達が下見した経験から、高額な持ち込み料や持ち込み禁止を掲げている式場は、衣装屋が経営していることが多いと思います。
(衣装提携先は系列の衣装会社、つまり衣装を貸すことで高い収入があるため、持ち込みをして欲しく無いのだと思います)
その様な式場はパスして、ホテルや専門式場の場合、担当者に持ち込み料は相談できる項目かと思います。
裁判になれば無くなる項目でも、お願いして無くなる項目であれば・・・私はホテルで挙げましたが、裁判は起こしませんでしたよ(笑

5人が役に立つと評価しています。
Uh huh
くむ さん 34歳 女性
2010年4月20日

弁護士をしていますが、この問題について詳しいわけではないので個人の感想と相談先の紹介を。

私も、保管料という名目を超える持込料はおかしいと思いましたし、持込禁止はありえないと思いました。ただ、仕事でもないのに法律を持ち出して交渉することには躊躇を感じましたので、持込自由かつ持込料のない会場を選択しました。

気になるのであれば、独禁法違反については、公正取引委員会の相談窓口に相談されてはどうでしょうか?何か有用な話をしてくれるかもしれません。

クーリングオフは特定商取引法に定めがありますが、式場の契約は、同法で定められている契約類型、商品・役務にはあたりませんね。クーリングオフや不明瞭な契約について気になる場合は、消費者センターに相談されると良いと思います。

私は会場選択の段階から持込料の支払はしませんでしたが、周囲の同業者は交渉をして支払っていないようです。職業欄に弁護士であることを記載しますから、式場側も余り強くは言ってこないようです。参考にならなくてすみません。

11人が役に立つと評価しています。
この相談に回答する

関連する最新の相談