Q. 彼の生命保険

Dull
ふぅー さん 23歳 女性
2009年9月2日

来年2月に入籍します。

彼の両親は田舎に住んでいて彼母が昔からお世話になってる保険屋さんがいます。
彼の生命保険もそこで入ってるのですが内容が少しかわり月13000円程の保険料から15000円程に変更した方が内容がかなり得になるらしく変更したんです。
彼母は結婚したら金額考えてもう少し安くていいからと言われました。変更した時は私も一緒にいました。

車の任意保険もあるし生命保険に15000円は厳しいのでもう少し安い保険料がいいんですが金額を下げると彼母は気分良くないですか?
息子を大切に思ってないとか…
生活費でやりくりするのは私達なんで支払える額を言う権利はありますよね?

彼母の気分を害しない為にも何にも言わないで厳しい金額を払う方がいいんでしょうか?

この相談に回答する

A. みんなの回答

Uh huh
ミッコリ さん 26歳 女性
2009年9月2日

内容によりますが、月15000円の保険料で組み立てた保険なら
将来的に有効な保障の場合が結構あります。今、多少きついからと言って解約すると
損になることがあるわけです。
今お世話になっている保険やさん以外の保険やさん(大型ショッピングセンターとかに入っているような)が
相談無料で見てくれるので、証券を持って相談してみましょう。印鑑は持っていかないこと。
印鑑さえなければ、契約はできませんから勧誘も断れます。

まずは内容を見て、理解してから解約してくださいね。

0人が役に立つと評価しています。
Whee
とも さん 27歳 女性
2009年9月2日

15000円の保険の保障内容がどんな内容か分からないので
なんとも言えないのですが、、、
ふぅさんご自身でも、他の保険や保障と比べて
今の保険がどういった保険なのかを知る事が大事で
何が得になっているのかをきちんと把握した方が良いと思います。

お子さんが出来たらさらに、手厚い保険が必要になる事もあります。

保険は増減が出来ますから、ご自身で納得された上であれば
変更しても良いのではないでしょうか?

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
にんまり さん 39歳 女性
2009年9月2日

こんにちは
お若いのでお義母さまにお話しするのも 大変なんでしょうね。

保険の内容が分からないので一般的にですが

保険料の金額を下げるとお義母さまの気分を害する ということはないと思います。
生命保険なので、彼にもしものことがあった場合に、家族にお金が支払われるのですよね。 
保険金の受取人が 結婚前は親だったかもしれませんが、結婚後は普通は配偶者に変更しますね。 結婚して安い保険料にするというのは、彼にもしものことがあった場合に、あなたが受け取る保険金の額が少なくなるということです。自分がどれだけの保障があればその後の生活をしていけるかを考えて保険料を決めればよいことで、お義母さんが気分を害する性質のものではないですよ。
”結婚したら金額考えてもう少し安くしていいから”と言われているのは、そのあたりもよくわかっていらっしゃるからではないでしょうか?

基本的に保険料を高くして得するのは保険屋さんというか保険会社で、
また変更をすすめるのも、保険会社が得するからと考えたほうがいいですよ。
たとえば、お義母さんは長年のつきあいで、保険屋さんの勧めをことわりづらいとかもあるでしょう。
あなたは、ご夫婦でしっかり勉強して、今後の生活設計と今の経済状況を考えながら、必要な保障額と支払える額を決めていけばよいのではないでしょうか。
きちんと家計のやりくりをしている姿は、頼もしく思えますし、息子を大切に思っていないなどとは受け取らないはずですよ。

保険料で家計が圧迫されるのでは本末転倒ですから、決して厳しい金額を払うことのありませんように。

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
なおみ さん 33歳 女性
2009年9月3日

これから、ご夫婦で払っていくのですよね。

だったら、金額を下げる事と、息子を大切に思っていない、とは関係ないと思いますよ。

お二人で相談して、これだけの保障で、この支払いでいいと、納得して契約すれば、問題ないと思います。

ただ、勝手に契約したのでは、お義母さまも気分を害されるかもしれないので、契約前に「こういう契約にしようと思うのですが、どう思いますか?」と相談されてみてはどうでしょうか。

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
みさ さん 26歳 女性
2009年9月6日

昔からお世話になってる保険屋さんってことはおそらく日本の保険会社ですよね。
いわゆる、保険のセールスレディが契約を取るような。

私は銀行で働いていて、現在生命保険も取り扱っているので、
その立場からして考えると、
一概には言えませんが、
一般論として、外資系の保険のほうが割安です。
日本の保険は、色んな特約がついて、それ一つで全てまかなっている(生命保険も医療保険も)ので、保障が手厚く、それ一つで大丈夫なものが多いですが、
解約時は全て解約(医療だけ残したいとかが出来ません)になります。

一方、外資系の保険や、最近出ている保険(もちろん日本の会社も含め)
一つのものに特化した保険が多く、
生命保険、医療保険、がん保険、介護保険・・・など、
今後見直すことがあっても、それぞれを見直せるので、便利です。

保険内容が分からないので、何が良いのかは分かりませんが、
金額が上がるから、内容がかなり特になるという表現には疑問があります。

掛け金が上がれば保障が手厚くなるのは当たり前ですし。
でも、あくまで保険です。
何もないのが一番ですが、何もなければ、得も何もありません。(解約時に掛け金以上に戻るとかなら別ですが。)

それより、お二人にとって、どのような保障がベストなのか、
複数の保険を取り扱っている専門の方にアドバイスをしてもらって、見直しをしたらいいと思います。

その結果、今のものが一番なら、そのままでいいでしょうし、
同じような内容でも、他社でもっと安いものもあるかもしれません。

保険って、同じ商品が無いから、悩むし、難しいんだと思います。
なので、自分たちが欲しい保障を中心に、値段を見ていけば、
必然とどの保険にしたらいいのか絞れると思いますよ。

1人が役に立つと評価しています。
この相談に回答する

関連する最新の相談