Q. 主人のお小遣い

Sniff
mi さん 30歳 女性
2009年7月29日

ご無沙汰しています。

とうとう不況のあおりが主人の会社にも来て(いまさら?)
今回ボーナスカットでした。
給料もだいぶ減ってしまい、昨年よりも100万くらい総額で変わる予定です。
でも主人は前のようにお小遣いを使っています。
私がいくらやりくりをしても、ちょっと厳しいので
お小遣いを減らしてくれないか話してみたのですが
喧嘩にはならなかったものの、結局了解してくれませんでした。
旦那さんのお小遣いっていくらくらいですか?
うちは5万円です。子供はまだいません。
アドバイスお願いします。

この相談に回答する

A. みんなの回答

Dull
量子 さん 32歳 女性
2009年7月29日

一度自由に使えたお金を減らすのは、抵抗があるみたいですよね。
うちの主人も収入が激変したのに、いくら言ってもわかってくれませんでした。
結局、家計のことを全部記して主人に見てもらい、やっと理解してもらえました。
miさんは、まだお子さんがいらっしゃらないとのことなので
比較的お金が自由になると思いますが、子供が生まれたら更にお金がかかります。
ご主人が5万円のお小遣いは、いいほうだと思います。

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
ぱいん さん 32歳 女性
2009年7月29日

一応、旦那さんにお小遣い減らさない変わりに、

>飲む人ならお酒は減らす
>食事も週に数回は夕飯にパスタやカレーとかにして、「節約させていただきますね」

と、優しく宣言するといいと思いますよ。

あとは、「お小遣いで飲みたいなら自分でお酒とか結婚式のご祝儀とかだしてくださいね普通は3万なのだから、2万は自分で貯金して必要な交際費としてつかってください」、というふうにする。

そうすれば、お小遣いを減額しなくても、家計は浮くのでいいと思います(笑)

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
アイス さん 32歳 女性
2009年7月30日

節約しても、ちょっとずつしか減らせないし、夫は無駄使いするし、、とイライラしますよね。。

ご主人がお小遣いを減らさない分、まずご主人の被服費や食費を減らして、体感してもらったらどうですか?
例えば、お肉はひき肉料理が多くなって、刺身などはなし、とか。アイスコーヒーなどの嗜好品もなし。果物なし。お菓子なし。外食なし。。。

どのくらい生活を落とせばやっていけるか、実際にやってみて、ご主人が「これなら自分で少し出す」と言うか、「この生活でいい」というか。。。

miさんは、たまに隠れておいしいものを食べていいので、ご主人には粗食になって節約してもらいましょう。。♪

2人が役に立つと評価しています。
Uh huh
つつじくん さん 34歳 女性
2009年7月30日

もしご主人が今のお小遣いで料理も十分だしてくれというのならば、一緒に買い物に行って「食費は一日このくらいしか使えないから、もっと食べたいならご自分の分をお小遣いからお願いします」と言ったらどうですか。

あとは家計簿を一度つけてみると大体どのくらいの予算でどのくらいの食事が作れるかなどが分かりますよ。

まだお子さんもいないことですし、どちらかというと今は節約してお金を貯めたい時期です。

静かに強く頑張りましょう。

0人が役に立つと評価しています。
Uh huh
やっちゃん さん 26歳 女性
2009年7月31日

金額を減らすのって、難しいですよね。

うちの夫も、給料が減ったのに、なかなか了解せず困りました。

5万円の内訳の内容にもよると思いますが、
5万円がないと、どうしても生活が出来なくて困るということじゃなければ、
家計のために、お願いするしかないと思います。

まずは、きちんと、1ヶ月のお金の流れを見せて、
これだけ足りないから、お小遣い分をこのカットされている時期だけでも、
家計費に回して欲しいと。説得する・・・。とかですかね??

もし、お小遣いの中にお昼代などが含まれているなら、
お弁当にして、その分減らすとか(たとえば1日800円として16000円減らすなど。)
飲み物代だけでも、まとめてスーパーで買って、それを持っていく代わりに、2000円だけ減らすとか。ならどうにか応じてくれるかもしれません。

我が家はお昼代が含まれていて、3万円ですが、飲みに行く余裕はないものの、どうにかやりくりしているみたいです。

100万も変わるのに、そのままじゃどう考えてもきついですよね!

感情的ではなく、理論的に、きちんと説得しないと、結局困るのは自分たちなので、
頑張って説得してみてください!!

特に、お子さんがいない時期って、本当は、一番貯蓄が出来る時期なんです。
なので、今後一生のうちに掛かる費用などの一覧が
HPなどでも見れると思うので、
子供がうまれたら、お金がいくら掛かる・・・。など、
ライフプランを考えるきっかけにしてもいいと思います!

老後まで・・・。と考えると、きっと節約しなきゃ!と焦りが出るはずなのですが・・・。

0人が役に立つと評価しています。
この相談に回答する

関連する最新の相談