Q. 結婚1年目、出産、妊娠が怖いです…

Sniff
るな さん 20代後半 女性 熊本県
2014年5月2日

いつもお世話になっております。
結婚してもうすぐ1年になります。

相談したいのは、妊娠についてです。

私も主人も、子供は大好きです。
いつか2人の間に子供が出来たら最高に可愛いだろうな!!!と思います。
また、今年に入ってから主人のまわりでベビーブームで
『俺も早く子供が欲しいなぁ!』とよく言ってます。
私も、主人をパパにしてあげたいなぁと思ったりします。

ですが、わたしは極度の怖がりでして、妊娠、出産がとても怖いです…。
痛いという前に、死ぬかもしれない恐怖で。
死ぬかもしれない経験に、自ら挑んだことがありません。
お子さんのいる方から『大丈夫だよ!』と励ましてもらっても、その方々が神々しく見えるだけで、ビビりな自分が余計に惨めになってきます。。

なんとなく子作り解禁はしていますが
生理がくると、ガッカリしつつも少しホッとしてしまう自分もいます。

こんな気持ちで赤ちゃんを迎えようなんて、とてもいけないことかもしれませんが。。

妊娠について、同じような気持ちになった方がいたら、どうかアドバイスをお願いいたします。
こんな風に思ううちは、子作りもしない方がいいのでしょうか…。

不快に思われた方がいらしたら申し訳ありません。

この相談に回答する

A. みんなの回答

Whee
らら さん 30代前半 女性
2014年5月2日

お気持ちわかります。
妊娠、出産、不安でいっぱいですよね。

『案ずるより産むが易し』
という言葉のがありますが
「赤ちゃんを産む前にあれこれ心配して悩むより、
実際に産んでしまえば案外大したことが無かったりする。」

という意味ですね。

私も3人出産しても毎回不安でしたが
この言葉通りで、
もちろん、難産などで出産が大変な方もいるので、
全ての方には当てはまらないかもしれませんが、
お腹が大きくなるにつれて、母親の実感もわいてきて、
この子の為に辛くても頑張ろうと、無意識に思えてくるものです。

痛みで気を失わないように、
陣痛は一定の感覚で起きたり収まったりすると聞きました。
女性は出産の痛みに耐えられる体で出来ているのだと思います。

出産の痛みが心配であれば、無痛分娩の方法も選択肢の一つだと思いますよ。

恐れず、がんばって欲しいと思います。

23人が役に立つと評価しています。
Whee
まる さん 20代後半 女性
2014年5月2日

お気持ちとてもよくわかります。
私は去年出産し、今年の冬にまた2人目を産もうと思っていますが今から怖くて怖くて(^◇^;)

出産って、陣痛だけじゃないんですよね。
つわり、腰痛、恥骨痛、足のむくみ…
最初は涙が出るほど嬉しかった胎動は、最後のほうはあばら骨をドカッと思いきり蹴られ、ぎゃあ!となります。
もちろん陣痛も痛いです。痛くて痛くて、正直赤ちゃんを産むというか痛みと戦うといった感じでした。
そしてここからびっくり…
産後も身体中痛いんです(笑)ここから心が折れそうになりますが、まだまだあります。
今度は赤ちゃんのお世話。眠い、痛い、眠い、痛い…

でも、ふと考えてみると、私が大人になるまで両親が育ててくれたこと。本当にすごいことだなぁと今まで気づかなかったことに気づかされます。

私も解禁して、妊娠がわかったとき、真っ青になりましたよ。怖いですもんね。産婦人科だって内診だって慣れてないですし。

でも、乗り越えた分たくさんの幸せがあることは確かですよ(*^^*)

25人が役に立つと評価しています。
Uh huh
ネピア さん 20代後半 女性
2014年5月4日

まあ、怖いし不安ですよね。でもこれから妊娠して子供がおなかの中で動いたりすると「がんばろう」「早く会いたい」という気持ちが大きくなって、不安は減ると思います。

痛みを軽減する方法として体力をつけておくといいかもしれませんね。腹筋が強い方が出産しやすいかも。私は体力にはまったく自信がなくてなかなか大変でしたが、産んでいる途中にふと見たら、わが子の体が半分くらいでているのが見えて、「頑張らなくっちゃ」と最後のひと踏ん張りしたのを覚えていますよ。

病院でつらいと思ったことは、一番が出産で、二番が親知らずを抜くことでしたね。なんというか大病をしていないのでそんなことが言えるのでしょうが…。

なんとかなりますよ。

8人が役に立つと評価しています。
Uh huh
おりおん さん 30代前半 女性
2014年5月4日

普段は「どうにかなるなる」と思っている者のコメントですみません^^;
「死ぬかもしれない経験に自ら挑んだことがない」「こんな風に思ううちは」…るなさんは、とても謙虚で、慎重なお人柄なのですね。こういう言い方は無神経かもしれませんが、もしお子さんを授かり、適切なサポートのもと自信を得たら、きっといいお母さんになるのでは…と思いながら読みました。「正しく怖がる」は、生存にとって大切な要素ですから。

自ら用意して挑んだわけではないですが、大多数の私たちにとって、母親の胎内から出てくるというのが最初の挑戦か最大の危機だったのではないかなあ、という気がしています。また、その後も、覚えていないだけで、いろいろな危機はあったと思うのですが、親やたくさんの人の助けもありながら、それらの危機を乗り越え、20年30年と生きてこられたというのも、あたりまえのようでいて、やっぱり「強さ」だと思うのです。

妊娠出産に関する漠然とした不安は、信頼できる医療機関・医療職との出会いや、ご自身の健康状態や生活習慣等をちょっと客観的に把握すること、よりよい状態で妊娠出産を迎えられるよう準備する、万が一に備えた保険の保障を見直す…等で、軽減されることもあると思います。
また「死ぬかもしれない…」については、確かに出産は女性にとってかなり大きなリスクではあります。しかし、妊産婦さんに限らず、誰でも、明日生きているかどうかはわかりませんね^^;そして、それを心配していても、していなくても、自分ではコントロールできないことはたくさんあります。(震災や大事故が起きる度にそう感じますし、私は夫が公安系職であることもあり、今大切な人と過ごすこの時間をどうするかは自分次第…と考えるようにしています。)

避妊をやめている状況を許容、とのことなので、もし妊娠したら気持ちも変わるかもしれませんが…もし恐怖が勝っているなら、ご主人と話し合って、気持ちが変わるまでは避妊する、というのもありだと思います。また、子供を作らない・持たない、産まないけれど養子をもらう等の選択肢もありだと思います。
るなさんとご主人の間で、納得のいく選択ができるといいですね。

18人が役に立つと評価しています。
Yeah
あんなか さん 30代後半 女性
2014年5月5日

お気持ちわかります。

結婚して2年半、
ただいま妊娠5ヶ月、初産妊婦です。

私の場合は高齢なので結婚してすぐ子作りにトライしはじめました。
でもなかなかできなくて……、不妊治療にも通いましたが煮詰まってきて、途中でお休みし、基礎体温も排卵検査薬も放り出して気にしないでいたらまさかの自然妊娠しました。
そんななか、妊娠することの迷いや怖さはたくさんありましたよ。
妊娠検査薬で陽性が出たときも、嬉しさよりも、戸惑いや不安、恐怖のほうが大きかったです。
毎回生理が来る落ち込んで、あんなに赤ちゃん欲しい!って思ってたのに。
実は今でも恐怖と戦っています(笑)。

私は嘔吐恐怖症なので、まずはつわりの恐怖が大きかったです。
こればかりはなってみないと人それぞれ症状が違うので。
幸い軽いほうでしたが、毎日吐き気との戦いで苦しかったです。

でもね、妊娠って本当に、本当に、奇跡なんですよ。
お腹の中にいる何かが段々人になって、頭が出来て心臓が動いて、手足が出来て……。
まだ私は5ヶ月ですが、ここに来るまでにさまざまな恐怖と戦っています。

子宮外妊娠じゃないのか、心拍はちゃんと動いているか、胎盤はちゃんと出来ているのか、出血はないか、お腹のはりはないか、痛みはないか……。
まだまだ検診も1ヶ月単位なので、検診に行ってエコーを見るまで不安ですよ。
産まれるまで、誰だって不安と恐怖はあるものだと思ってます。
だって人間を産むんですもん、恐怖や不安があって当然です。
ちゃんと元気に産まれてくれるか、障害はもっていないか、数えたらきりがないくらいの不安と戦ってますよ(笑)。

今現在も胎盤が子宮口に近いため、不安な日を過ごしています。
(そのためか出血もあり、短期間の入院もしています。臨月まで前置胎盤だと帝王切開です)

でも、お腹の赤ちゃんを見たら、恐怖なんて吹っ飛びますよ。
あのエコーで赤ちゃんが動いてる感動は妊娠した人にしか味わえないものだと思います。
涙が出るほど感動的ですよ。

体質も変わるし、体調も変化し、思うように動けないし、妊娠すると本当にままならないことが多くなります。
出産もまだこれからなので、恐怖と戦いながらの日々ですが(短期入院したさいにリアルな出産時の声を聞いていますので)、お腹の赤ちゃんが無事に出てきてくれることに比べれば、こんな恐怖は屁のカッパですよ。
って、強がってます(笑)

25人が役に立つと評価しています。
Uh huh
美咲 さん 30代前半 女性
2014年5月7日

わかりますよ。
私も一人出産して子育て中ですが、
難産であったこともプラスして、
次の妊娠も怖いと思います。
でも、出来たらそれはそれで嬉しい気持ちも出てくると思いますよ。

5人が役に立つと評価しています。
Whee
semu さん 30代前半 女性
2014年5月9日

初めての出産は、みなさん不安だらけだと思います。
「痛い」ということが世の中で有名すぎて、経験なくてもそこだけは覚悟しなくちゃですものね。

妊娠を告げられると、これから生まれてくる子に想いを馳せて
幸せな気分の方が強くなっていきます。
ビビりな気持ちがなくなるわけではないですが、母は強しですよ。
頑張ってみてくださいね♪

私のいとこで、るなさんみたいにものすごいビビりがいましたが、3人産みましたよ♪

12人が役に立つと評価しています。
Yeah
こうきっち さん 30代後半 女性
2014年5月12日

私も極度の怖がりですが、陣痛・出産の痛みに耐えられるか大きな不安の中、
初産では丸2日の陣痛(私的にはずっと激痛)の末に
鼻からスイカを無理やり押し出すような分娩で難産だったので、
もう二度と経験したくない、と分娩直後は思いました。
でも、初めてのわが子に対面して、これまで感じたことのない愛おしさを感じた瞬間、
なんとも不思議なんですが、二人目が欲しいと思いました。

子作り解禁されているそうなので、もし実際に妊娠したら
知らぬうちに母性が目覚めて、おなかの中の赤ちゃんの成長を日々実感しながら
出産への覚悟ができてくるのではと思います。

5人が役に立つと評価しています。
この相談に回答する

関連する最新の相談