Q. !キャンセル料!

Sniff
そんみ さん 22歳 女性 愛知県
2013年3月14日

初めて相談させていただきます。

私は、3/10にある式場で契約書を書きました。
式を10月にやりたいとゆうのもあり、他にも2つ式場を見に行ったのですが空きがありませんでした。

そこの契約書を書いた式場は、日柄もよくたまたま空いていて他はもうあいていないよと言われ、焦って書いてしまいました。

でもその時は、内金?も払っていないし、実印?も押していません。

次の日どうしても見ておきたかった式場に行ったら空いている日があって、そちらで契約してしまいました。そちらの式場には、内金として10万円払いました。

その日に契約書だけ書いた式場にキャンセルの電話をしたら定休日で、3日間定休日でした。

電話でキャンセルしたいと申し出たところ、契約書を書いた時点で日にちを押さえた金額の10万円は支払わなければならないと言われました。
ですが、規約の書いた紙をその場で読んでもらっただけで、貰ってはいません。

焦って契約書を書いてしまった私達が悪いのはわかっているのですが、支払う金額を減らしたりすることは出来るのでしょうか?
このような経験がある方、もしくは詳しい方教えてください。

お願いします。

この相談に回答する

A. みんなの回答

Whoa
t-star さん 25歳 女性
2013年3月15日

そんみ さん

ご結婚おめでとうございます♪
契約書は書いた時点で「意思表示したもの」とみなされ、契約完了します。
控えをもらっているもらっていないに関わらず、規約に書いてあることをご存じの時点で、解約金10万円は支払う義務を、そんみさんがもちます。
もっというと、解約金の規約を目の前で読まれ、それを承諾した時点で、義務が生じます。
「勘違い(=錯誤)」として「取消し」に持ち込むことも出来ないとは言えませんが、民法に強い方が同席しない限りは難しいと思います。

クーリングオフと言う制度がありますが、そんみさんの場合は原則、適用外かと見受けられます。誠心誠意謝って、支払いを避けるよう自助努力をするか、諦めて支払うべきだと思います。

ただ1つ。
契約日翌日から3日間の定休日であることが先方(会場側)が理解しており、それをそんみさんが「知り得なかった」場合で、『今日、契約しないと明日には埋まってしまうかもしれませんよ!』と言われて、強迫観念を覚えて、契約したという事が証明できれば、クーリングオフに持っていけないこともないと考えられます。

ご結婚される方によく相談の上、週末までに頑張ってください。

4人が役に立つと評価しています。
Whee
なな さん 30歳 女性
2013年3月15日

消費者生活センターに相談されてみてはどうでしょう。

消費者からの相談を専門の相談員が受付け、
公正な立場で処理にあたってくれる事もあります。

私も、結婚式場ではありませんが
ある契約に関して相談した事があります。

今回は焦ってしてしまったようですが
今後は何に対しても、
同じような過ちがないように、、、、

ですね。

良い方向で事が進みますように。

1人が役に立つと評価しています。
Uh huh
レグザ さん 37歳 女性
2013年3月15日

同じような質問があったのですが、消えてしまいましたね。

新しく契約した会場で事情を話して、10万円分の割引をお願いするのは無理ですかね。

やはりこっちがいいのでキャンセルしたのだといって…。

27人が役に立つと評価しています。
相談者コメント
Sniff
そんみ さん 22歳 女性
2013年3月16日

みなさんたくさん回答ありがとうございます。

契約書に何て書いてあったかが思い出せません。
明日その式場に行ってお話してみます!!

ほんとありがとうございました!!
支払う事になったら、いい勉強になったなと思って前向きに考える事にします。

ほんとにありがとうございました。

2人が役に立つと評価しています。
Whee
ぴゅん さん 37歳 女性
2013年3月17日

もう解決されてしまったでしょうか?
まだ10万円を支払っていない式場のキャンセル料は、本来かかるはずです。契約は意思表示した時点で成立していますから。

でも、実際問題、人様からお金を徴収する、という作業は本当に骨の折れるものなんです。強制執行しようにも、そんみさんか彼の銀行口座、わからないことにはできないです。すでに手元にあるお金を確保することは結構簡単なんですが、他の方から強制的に徴収するというのは、費用も時間も手間もかかります。
式場側が強制的に徴収することは難しいです。それでも多額の料金なら時間も手間も費用もかけるでしょうが、10万円ぐらいのために式場がそれほど手間暇かけるとは思えません。
素直に払ってくれるお客さんは式場にとってありがたいので、「10万円支払ってください」と言われるんでしょうが、このまま支払わなくても別にどうということはありません。実際、キャンセルするまで日数も経ってないですし、それほど式場に迷惑かけたというわけではありませんから。

本来は支払わないといけない費用だけど、相手方が強制的に徴収するのは難しい、という状況だということは、式場側と交渉する際、覚えておかれるといいと思います。

5人が役に立つと評価しています。
相談者コメント
Whee
そんみ さん 22歳 女性
2013年3月18日

みなさんたくさんの回答ほんとにありがとうございました!!

無事に解決しました!
10万円も払わなくていい事になりました!

契約書を読んで貰った時点でほんとなら契約成立らしいのですが、私達の場合契約書の控えがなかったので、確認することが出来なかったのと、内金を払う前にキャンセルを申し出たのが払わなくてもいいとゆう結果になったそうです。

内金を払う前にキャンセルを申し出たのがその式場では、今までになかっみたいで今回は払わなくてもいい事になりました。

ほんとにみなさんたくさんの回答ありがとうございました!!

これからはもっとよく考えて焦らないようにしようとほんとに思いました。

ありがとうございました。

1人が役に立つと評価しています。
Whoa
さゆまゆ さん 35歳 女性
2013年3月24日

締められた後のコメント失礼します。
結局、キャンセル料を払わなくてよい方向にすすんでよかったですね。
やっぱり、日にちがないと思ったら、あせってしまいますよね。
これから、家を探したり、いろんな場面でそういうことが
起こるかもしれないと思うので、いい勉強になったということで、
前向きに考えましょう。

2人が役に立つと評価しています。
Whee
びっけもっち さん 35歳 女性
2013年3月30日

本来は支払い義務が生じると思われる状況での
キャンセル料なしで無事解決、良かったですね!

今後またキャンセル料を覚悟で契約せざるを得ない
場面もあるでしょうけど、その都度慎重に判断して行きたいですね。

0人が役に立つと評価しています。
この相談に回答する

関連する最新の相談