1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 【感動実話】DV離婚…そして再婚…結婚式への夢を口にできなかった新婦への、感動サプライズ

【感動実話】DV離婚…そして再婚…結婚式への夢を口にできなかった新婦への、感動サプライズ

2019.12.16

私がウェディングプランナーをしていた頃、バツイチ同士のカップルが披露宴の相談にいらっしゃいました。新郎は3年前に前の奥様と離婚、新婦は1年半前に前の旦那様と離婚をされたそうです。
お2人共2回目の結婚なので、派手な演出などは行わずシンプルなパーティーで、招待するのも身内と僅かな友人達だけにしたいとの要望でした。

新婦の密かな願い

新婦が席を外している際に新郎がおもむろに口を開かれました。「本当は新婦はお姫様みたいになれる披露宴を望んでいるんです」
前の旦那様とは結婚式を行っていないそうなのです。また前の旦那様のDVが原因で離婚をしたそうで、その過去を忘れられるくらい幸せな気分にしてあげたい、というのが新郎の希望でした。


目次に戻る

新婦の夢を叶えた新郎の優しさ

新婦を含めた打ち合わせでは、挙式は行わず食事会形式のシンプルなお披露目パーティーという予定で準備を進めました。タキシードとドレス姿の2人をみんなに見てもらい、和やかに食事をしながら話をする程度、というレベルです。

しかし当日新婦が写真撮影のためにチャペルに入った瞬間を待ち構えて、新郎は素敵なサプライズを用意していました。扉を開けると、そこにいるはずのないご両親や友人達が2人を拍手で見守っています。

新婦は突然のことにびっくり。新婦のお父様から「今から式をするんだよ」と言われて初めてこのサプライズに気づきます。
バージンロードをお父さんと歩く。それは新婦がずっと憧れていた事でした。若くして親の反対を押し切って結婚したので、1回目の結婚では結婚式も披露宴も行っていませんでした。それでも仕方ないと思っていた新婦。本当は叶えたい夢の結婚式があるものの、再婚なので、派手なことは出来ない・・・と今回も口には出さないものの、我慢されていました。

そんな新婦の気持ちを新郎はわかっていたのですね。新婦は感動で号泣しています。そして新婦のお父様もまた、娘とバージンロードを歩くことができて、とても感動しておられました。

新婦の手はお父様から新郎へ。お父様は新郎へ「本当にありがとう。娘をよろしくお願いします」そして新郎も「必ず幸せにします」と挨拶をし、温かく感動的な人前式が行われました。


目次に戻る

サプライズはまだ終わらない

披露宴でもサプライズは続きます。
新郎は新婦に内緒で生ケーキを用意し、ケーキカットの演出を行いました。結婚式らしい演出は何も予定していなかった新婦。ゲストの方達からの祝福を浴びて本当に幸せそうでした。

打ち合わせでは新婦には挙式やケーキカットがない見積を出し、新郎に本当の見積をお渡しする、という事で当日まで新婦には内緒で計画を進めました。追加分の費用に関しては全て新郎が負担したそうです。
辛い思いをした新婦には、今度こそ幸せになってもらいたい、と心から思えた披露宴でした。

※ 2016年4月 時点の情報を元に構成しています