1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 席次表
  4. 「席次表」を手作りする方は必見!DIYする時の注意ポイント

「席次表」を手作りする方は必見!DIYする時の注意ポイント

2019.12.09

手作りペーパーアイテムは、節約できてオリジナルのものを作成できるのがメリット。けれども手間が大変かかります…。
なかでも慎重に作成する必要があるのが席次表。情報量が多いだけに、「見栄え」も大切になってきます。

そこで、今回は、「席次表」を手作りするときの注意するべきポイントをご紹介します。


1. 高級感ある用紙を選ぶ

席次表はゲストの一覧が掲載される大切なものです。
手作りをする場合、用紙選びは慎重にしましょう。たとえ値段が高くても薄い用紙では「安っぽい」印象になるようです。しっかりとした質感の用紙を選ぶことが高級感を演出するコツです。

体験談:サンプルをたくさん取り寄せた!

■安っぽくならないようサンプルを様々なところから取り寄せ、紙質や加工等が貧相でないものであるよう気をつけました。(20代前半女性)

体験談:厚みのある紙がよい!

■紙をしっかりしたものを選んだのと、プリンターも黒がきれいに印刷できるものを使用しました。プリンタで印刷する場合、薄い紙を使うと透けてしまう場合があるので、ある程度厚みのある紙を選んだほうが良いと思います。(30代後半男性)


2. レイアウトや文字のバランスを統一させる

席次表には名前のほか肩書きを記載する場合があります。
また、2人のプロフィールやゲスト紹介などを掲載する場合もあるでしょう。ひと目みたときに「ごちゃごちゃ」した印象にならないように、レイアウト、フォントなどを整えるように気をつけましょう。

体験談:全体の統一感に気をつけた!

■文字頭をきれいに合わせること。文字フォントを項目別(肩書き/名前など)に統一すること。文字間隔や全体のパッと見を見やすくすること。(30代後半女性)

体験談:細かいチェックが大変だった!

■文字の間違いやバランスなど、自分で作る時は細かいチェックがとにかく大変でした。でも自分のやりたいように好きな時間に取り組めるので私は自分で作ってよかったと思っています。(30代前半女性)


3. 文字がにじまないようにする

用紙にこだわっても、中身がきれいでも、プリンター出力がうまくいかなければ意味がありません。
インクはきれいにのっているか、ズレはないか、などのチェックをしましょう。自宅プリンターではうまくいかない場合は、出力センターを利用するとよいでしょう。

体験談:ズレやインクのにじみをチェック!

■手作りだからと言ってもきちんとしたものが作りたいと思い、ズレやインクのにじみ等無いかしっかりチェックしました。きれいに仕上げるコツは「印刷プレビュー」でチェック、そして不要な紙で試刷りすることだと思います。(20代後半女性)


当然ながら、氏名や肩書きの「誤字脱字」はないか何度もチェックしましょう。
直前まで出席者の変動がある場合、席次表の確定はなかなかできませんが、全体のレイアウトは早い段階から決めることができるので、ぜひプランナーの方とも相談することをおすすめします。

手作りアイテムのなかでも最も手間がかかるものですが、「プロ顔負け」の手作り席次表を作成してくださいね。

※ 2016年2月 時点の情報を元に構成しています