1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 今人気の「二部制結婚式」費用は約1.5倍だけど挙式2回+披露宴2回もアリ!"二部制の魅力"と注意ポイントを解説!

今人気の「二部制結婚式」費用は約1.5倍だけど挙式2回+披露宴2回もアリ!"二部制の魅力"と注意ポイントを解説!

2022.01.04

新型コロナウイルスの影響により、密を避けるための工夫として広まった二部制結婚式。多くの新郎新婦がこの二部制スタイルを選択しています。

《結婚式の安全対策記事はこちら》

今回は、二部制結婚式について知っておきたい基本的なことから費用・ご祝儀・招待状についての気になることまでご紹介します*

withコロナ時代に注目の「二部制結婚式」!

二部制結婚式とは、挙式と二回の披露宴を行う結婚式のスタイルの一つ
一般的には、同じ会場で同じ日に行われることが多くあります。
挙式・披露宴(食事会)は家族・親族と行い、その後に仕事関係者や友人を呼んだカジュアルな披露宴を行うなど、ゲストに合わせて自由に結婚式のスタイルや雰囲気を変えることができるのが二部制結婚式の魅力となっています♡

そんな二部制結婚式が、withコロナ・afterコロナの今、注目を集めています。
というのも、家族・親族を招いた披露宴、友人を招いた披露宴といったように二部制結婚式は、一度に呼ぶゲストの人数が限られてきます。
よって、ソーシャルディスタンスを保ちやすいということから、コロナ安全対策面でも有効な手段の一つと考えられているのです!

目次に戻る

二部制結婚式の費用相場は一般的な結婚式の1.5倍!?

一般的なものに比べ、二部制結婚式の費用は1.5倍ほどかかるとされています。
例えば、一般的な結婚式に40人のゲストを招待して200万円かかるとすると、二部制でかかるのは300万円になるという計算に。
その理由としては、やはり2回披露宴を行うところにあります。
ただし同じ会場で行うのであれば、装花や衣装を変えずに行ったり、会場をレストランにするなどして費用を抑える方法はあります。

目次に戻る

二部制結婚式のメリットとデメリット

ここでは、二部制結婚式を検討する際に知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します!

二部制結婚式の大きな2つのメリット

  • ①ゲストに合わせて雰囲気やスタイルを変えた披露宴ができる

二部制結婚式の特徴でもある、2回の披露宴。
よって、呼ぶゲストの顔ぶれに合わせて、それぞれの披露宴の雰囲気やスタイルを変えることができます!
例えば、家族・親族が集まる披露宴はアットホームな雰囲気で、そして友人メインのパーティーはカジュアルにとことん楽しめる雰囲気になど♡
装飾や演出だってもちろんそれぞれの披露宴ごとに変えることもできますよ。

  • ②ゲストとゆっくりした時間が過ごせる

1回に呼ぶゲストが限られてくるため、一般的な結婚式に比べてゲストとの距離が近く、ゲストとゆっくりとした時間を過ごすことができます♡
特に、本来であれば結婚式で家族・親族とゆっくりとお話できる時間というのはなかなか取りづらいものですが、二部制では家族・親族と思い出話をしながらゆっくりとお食事をする…なんてことも叶えられるのです!

二部制結婚式のデメリット・2つの注意したいポイント

  • ①新郎新婦の1日が長丁場になる

一般的な結婚式では、挙式約30分に披露宴が約2時間半ほど。
しかし同日に行うとなると、二部制結婚式はそのあとさらにもう1回披露宴となるため、かなり長丁場の一日になりますので、体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね。
ただ、一般的な結婚式よりも長く結婚式の楽しさを味わえるのは魅力的かもしれませんね!

  • ②結婚式準備がなかなかハード!

披露宴を2回行うという性質上、実質的に結婚式準備が一般的な結婚式に比べて多くなってしまう可能性があります。 一部と二部で使いまわせるものを賢く利用し、購入できる物で準備をしてなるべく負担を減らせるように工夫をすることをおすすめします!

目次に戻る

二部制結婚式の会場選び3つのポイント!

二部制結婚式の実現に大切なことの一つとして「会場選び」があります。
ここでは、知っておきたい会場選びのポイントをご紹介します!

ポイント①:1日貸切ができる会場であるかどうか

挙式と2回の披露宴を行う二部制結婚式を1日で行う予定の場合は、会場が貸切できるかどうかが重要ポイントになります!
二部制結婚式は1日がかりのスケジュールになることが予想されますので、貸切ウェディングができる方が自由に時間を設定できたり、ゲストにもゆったりとお待ちいただくことができますよ♡

ポイント②:二部制結婚式のプランがあるかどうか

二部制結婚式のプランがある会場は、これまでにも二部制結婚式を実施したことがあるケースがあるので安心してお任せすることができます♡
また、そういったプランがあると通常よりもお得に結婚式をすることができる場合もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ポイント③:充実した控室があるかどうか

二部制結婚式では、一部と二部両方の披露宴に参加するゲストがいる場合など、何度もゲストにお待ちいただく場合も多くあります
そういった時に大切になってくるのが、やはり「控室」です。
お待ちいただく人数に対してその空間が狭くないか、座れる椅子やソファは充実しているかなど見るべきポイントはたくさん!
会場によっては、ドリンクサービスなどをしてくれるところもあるのでぜひその点もチェックしてみましょう*

目次に戻る

二部制結婚式の流れ基本の3パターンをご紹介!

二部制結婚式は、挙式と2回の披露宴が行われるのですが、流れは決まったものはありません!
今回は、多くの花嫁さんに選ばれているパターンを3つをここでご紹介します♡

パターン①:挙式→披露宴→披露宴

こちらは最も一般的なパターンであり、挙式の後に2回の披露宴を行うスタイルです♡
挙式と1回目の披露宴は、家族・親族とアットホームにお食事を楽しむ時間に。
そして、2回目の披露宴は友人とカジュアルに楽しいパーティーを!
海外ウェディングの場合も、海外で挙式と披露宴を行い、帰国して友人と披露宴をという方も多いですよね*

《花嫁さんの実例もあわせてチェック》

パターン②:披露宴→挙式→披露宴

先に一度披露宴を行うという場合ももちろんアリです!
このパターンの最大のメリットは、」両披露宴に参加するゲスト共に挙式にご参加いただけることです。
パターン①の場合だと、一部の披露宴に参加する方のみ挙式に参列することとなる場合が多いかと思います。
ですので、両方の披露宴に参加するゲストに挙式に参列をお願いしたい、というおふたりにぴったりの形となります♡

パターン③:挙式→披露宴→挙式→披露宴

挙式を2回するのだってアリですよ!
こちらのパターンで最もよくあるのが、海外で挙式披露宴を行って、もう一度友人を招いた挙式と披露宴を行うというもの。
挙式も披露宴も2回できる究極の選択肢です♡

目次に戻る

二部制結婚式のご祝儀制は?招待状は?よくある質問にお答えします!

二部制結婚式は、ご祝儀制にしていいの?招待状にはどうやって書けばいい?など、二部制結婚式に関するお悩みは花嫁さんたちから多く挙げられます。
そんなよくある質問にここでは回答していきますよ!

二部制の場合招待状はどうするのがいい?

一番気をつけたいのが、この招待状です!
披露宴の第一部と第二部があるため、招待状は2パターン用意する必要があります。
一部と二部のゲストの顔ぶれが異なる場合が多いので、送り間違いには十分注意しましょう!
また、二部は友人をメインに招待するという方はweb招待状にする、という選択肢もアリですよ♡

《あわせてよみたい記事》

二部制の披露宴はご祝儀制?それとも会費制?

二部制結婚式のお悩みで一番多いのが実はこれ。
どんなパーティーをするかによって設定もそれぞれですが、コース料理をお出しする一般的な披露宴スタイルにする場合は「ご祝儀制」になります。
一方で、立食スタイルやビュッフェスタイルなどのカジュアルな形式にする場合には「会費制」が好ましいと判断されます。

例えば、家族・親族をメインとした第一部の披露宴でコース料理を用意する代わりに「ご祝儀制」にし、友人をメインとした第二部の披露宴はビュフェスタイルにして「会費制」に。
特に、会費制にする場合は価格を招待状にしっかりと記載する必要があるので忘れずにチェックしてくださいね!


以上、withコロナ時代に注目が集まる二部制結婚式についてご紹介しました!
ぜひみなさんも参考にしてみてくださいね!

《あわせてこちらの記事もチェック!》

※ 2021年12月 時点の情報を元に構成しています