1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式BGM
  4. 世界にひとつだけ。新郎が心を込めて手作りしたプレゼントに感激の涙がとまらない

世界にひとつだけ。新郎が心を込めて手作りしたプレゼントに感激の涙がとまらない

2020.01.22

「新郎から新婦へのサプライズ」。それは手作りのプレゼント。
披露宴で新婦をビックリさせ、そして喜ばせてあげたいという新郎の想いが素敵ですよね。

値段ではない新郎の愛情や感謝の気持ちが沢山込められた素敵なサプライズになりました。


打ち合わせで

ウェディングプランナー 出典:https://www.mwed.jp

年上の新婦様しっかりしている印象で、新郎はにこにこ優しそうなカップルとの打ち合わせ。

新婦が席をはずしている時に新郎から「なにか新婦にプレゼントをしたい」「当日まで内緒にしていて驚かせたい」という相談を受けました。新郎の希望は「何かを作ってプレゼントしたい」というものでした。

そこで新婦へ手作りのティアラ・ネックレスとブレスレッドのセットを贈ることにしました。
「披露宴でプレゼントしてその後の2次会で使ってもらえるようなもの」ということで新婦に内緒でプレゼント作りがスタートしました。

準備


今は手作りアクセサリーキットもありますので、新婦のイメージにあうものを新郎に選んで頂きました。
裁縫や手芸など手作りの経験はないそうでしたが、新婦に見つからない様、新郎は新郎友人の家でこっそりと製作をしました。

かなり細かい作業で挫折しそうになった時もあったようですが、当日の新婦の喜ぶ顔を想像しながら頑張ったそうです。

当日


当日新婦には「新郎友人からの余興」と伝えてあった時間に新郎から新婦へのサプライズプレゼントを行いました。

司会から「実はここで新郎から感謝の気持ちを伝えたい方がいらっしゃいます。」とアナウンスすると新婦の表情が一変。
「誰?」「なんで?」「友人の余興じゃないの?」と頭の中がびっくりマークでいっぱいのようです。

その感謝したい人が自分の事だとわかった新婦は、びっくりと嬉しい、二つの感情が入り混じって涙があふれてきていました。

「不器用で上手に作れなかったかもしれないけど、ありがとうの気持ちを沢山込めてつくりました。受け取ってください。」という新郎の素直な気持ちを伝えていた新郎も感極まって涙。それを見ていたゲストも涙。会場中が涙に包まれました。

そしてプレゼントを渡し終わった後には会場が暗くなり、司会から「スクリーンをご覧ください」というアナウンス。

実は新郎がアクセサリーを製作していた姿を録画して「プレゼント作成ストーリー」の映像を作っていました。
細かい作業などで「疲れた」「目が痛い」「難しい」などと言いながらも一生懸命に製作している新郎の姿が映し出され、またみんなで涙。

新郎新婦にとって忘れられない素敵な披露宴となりました。


新婦は全く何も知らなかった為、本当にびっくりしたそうですが、新郎が自分の為に時間を作って一生懸命に作ってくれたという事がとても嬉しかったそうです。

プレゼントだけではなくつくっていた課程を見る事が出来たので更に感動した、とのことでした。もらったプレゼントのティアラやネックレスは2次会でつけて、今でも新婦の大切な宝物なのだそうですよ。

※ 2016年4月 時点の情報を元に構成しています