1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. ダイアモンドヘッドを背に抜群のロケーションでフォトジェニックなハワイウェディングが叶う、「デックウエディング(Deck.WEDDING)」♪

ダイアモンドヘッドを背に抜群のロケーションでフォトジェニックなハワイウェディングが叶う、「デックウエディング(Deck.WEDDING)」♪

2019.12.13

「新婚旅行を兼ねて、ハワイで結婚式がしたい!」
ハワイは人気の観光地であり、日本語も通じやすいので初めて海外旅行される方や親族を連れての海外挙式にぴったりな場所!
でもいざ、ハワイウェディングの情報を集めようと思うと「なかなか具体的な情報が得られない」と悩む花嫁さんも多いそう。
そんな悩みを解決してくれるウェディングプランが新登場しました。
その名も「デックウエディング(Deck. WEDDING)」!
この記事では、このプランを手がける「Plan・Do・See」の名プランナー・長野真季さんのインタビューをお届けします。


ハワイウェディングの新しいプラン「デックウエディング(Deck. WEDDING)」とは!?

長野真季さん

海外でも日本のおもてなしが受けられることで人気を博している、レストラン・ホテルなどの運営会社「Plan・Do・See」に所属し、名プランナーとして大活躍中の長野真季さん。
フォトジェニックな結婚式を手がけてくれると、海外挙式を希望する多くの花嫁から支持されています。

▼長野真季さんについての記事をチェック♪

編集部:

本日は、新しくスタートするハワイの「デックウエディング(Deck. WEDDING)」についてくわしくお伺いしたいと思います!
「クイーン カピオラニ ホテル ハワイ」内にある「Deck.レストラン」でのウェディングプランとのことですが、なぜこのプランが生まれたのでしょうか?

クイーン カピオラニ ホテル ハワイ https://www.queenkapiolani.com/our-hotel.htm

長野さん:

「クイーン カピオラニ ホテル ハワイ」は、ハワイの地元の方に愛されている老舗のホテルです。
観光客にはあまり知られていないホテルですが、2018年10月にリニューアルオープンすることになりました。
アメリカなど海外のレストラン運営を行なっていた実績も評価され、「クイーン カピオラニ ホテル ハワイ」のオーナーから、当社Plan・Do・Seeへホテル内のレストラン運営を依頼されたことがきっかけです。
実際にレストランのロケーションを拝見したところ、とてもウェディングに向いている空間であることから、今回の「デックウエディング」のプランをつくりました。

編集部:

もともとウェディングでプランを考えられていたわけではなく、現地を見てひらめいたプランなんですね!
お写真を拝見して、ダイアモンドヘッドを一望できる唯一無二のロケーションはすばらしいですし、ここで結婚式ができるとなれば最高だと思いました。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイ

こちらが、セレモニーができる挙式スペース。
ダイアモンドヘッドを背に、牧師さん立ち会いのもとキリスト教式のウェディング が叶います。
絶景のロケーションで、永遠の愛を誓い合うってとってもロマンチック!

長野さん:

セレモニースペースは、ホテル3階のデッキからはダイアモンドヘッドが一望でき、右側にビーチが広がります。
ハワイ・ホノルルの中でもスペシャルなロケーションです。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイ

そしてこちらが「Deck.レストラン」のテラス。
開放感あふれる、この場所でしか見ることのできない唯一無二の景色です。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイ

ウィンドウビューが楽しめる屋内のバンケットもあるんです。

長野さん:

Plan・Do・See が運営するレストラン「Deck.」では、ダイアモンドヘッドやここでしか見られない景色を着席してゆっくりとご覧いただけます。
セレモニーと同じ3階のフロアにありますので、挙式からの移動も楽で時間を有効に使えるのもポイントです。

編集部:

挙式会場が別だと移動に時間がかかりますし、車のチャーター費用もかかりますよね。 その点、挙式からパーティーまで同じフロアで完結できるのは、招待する側もされる側も負担が少なくていいですね。

長野さん:

もちろん、ご希望があれば挙式はハワイの別の教会をご紹介することも可能ですよ。
教会での挙式もプロデュースできます。

編集部:

教会で挙式をしてレストランで食事というのも楽しめるんですね。


ゲストをおもてなしする、ハワイの「Deck.」でしか味わえないウェディング専用メニュー!

クイーン カピオラニ ホテル ハワイ https://plandosee-wedding.com/plan/deck/

編集部:

ゲストへのおもてなしとして、お料理のクオリティを重視する花嫁さんも多いと思います。
「デックウエディング」のウェディング専門メニューはどんなところがポイントですか?

長野さん:

日本のおもてなしを熟知した自社はレストランを手がけているので、日本の方が求めるクオリティを担保できます。
また、食材はハワイの地産品をこだわって使用しています。

編集部:

抜群のロケーションで、現地の食材を使った美味しい料理が堪能できるって参加するゲストにとっても、すごくいい思い出になりそうですね。
パンフレットにはお食事のイメージ写真がたくさん掲載されているので、当日のメニューが想像しやすいですね。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイのメニュー

こちらは、お料理のパンプレットの一部。
ハワイの食材を取り入れた4種類のコースがあり、盛り付けもとってもフォトジェニックです!

長野さん:

お客様のイメージが湧くように、お料理も一品ずつ写真で紹介しくわしい説明を載せています。
一般の方にわかりづらい料理の専門用語をなくし、読んで味が想像できる文章を心がけました。

編集部:

花嫁さん・花婿さんの気持ちを考えた、とても行き届いた内容ですね!
見ているだけで楽しくなっちゃいます!

長野さん:

また、ウェディングケーキの味にもこだわりがあります。
東京青山の老舗菓子店にて修業したパティシエが、日本の方のお口に合わせた甘すぎない味にしています。
ケーキは3種類あり、この後紹介します装飾のイメージにもぴったり合うオリジナルのデザインに仕上げています。
選べる3種類を用意することで見た目や味の良さを心がけつつ、値段は上がらないように設定しています。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイのケーキ

こちらが、ウェディングケーキのお写真。
「BerryBerry」「SEMI NAKED」「BEACH」の3種類のデザインから選べます。
これまたフォトジェニックで、どれにしようか迷っちゃうオシャレなデザインです!


ハワイでしかできない結婚式を!考え抜かれた3つのコーディネートプラン♪

編集部:

「デックウエディング」には装飾(テーブルデコレーション)のプランがありますよね。
コーディネートのプランについてくわしく教えてください。

長野さん:

コーディネートのプランは「BEACH SURF(ビーチサーフ)」「HAWAIIAN COLOR(ハワイアンカラー)」「ALOHA NATURAL(アロハナチュラル)」の3つです。
ハワイのロケーションに合うように、テーマカラーごとに3つのコーディネートプランに分けました。

編集部:

なるほど!
イメージする結婚式に近いカラーを選ぶことで雰囲気の齟齬がなくなりそうですね。
各コーディネートプランの特徴を教えてください。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイのコーディネートビーチサーフ

コーディネートプラン「BEACH SURF(ビーチサーフ)」

長野さん:

「BEACH SURF(ビーチサーフ)」は、会場となるレストラン「Deck.」のコンセプトであるサーフとビーチの要素をデコレーションに取り入れています。
レストラン自体がビーチの近くにあるので、いちばん会場の雰囲気に近いプランとなります。
また、日本では手に入らないハワイならではの南国の装花も含まれています。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイのコーディネートハワイアンカラー

コーディネートプラン「HAWAIIAN COLOR(ハワイアンカラー)」

長野さん:

「HAWAIIAN COLOR(ハワイアンカラー)」は、ビタミンカラーを取り入れた南国ハワイのイメージです。
ハワイの王族たちがクジャクを飼っていたという文化的背景から、ハワイで愛されているクジャクモチーフを取り入れました。
南国らしいビタミンカラーのフラワーでコーディネートしています。

クイーン カピオラニ ホテル ハワイのコーディネートアロハナチュラル

コーディネートプラン「ALOHA NATURAL(アロハナチュラル)」

長野さん:

「ALOHA NATURAL(アロハナチュラル)」は、ハワイならではのグリーンをふんだんに使用しています。
レストランからダイアモンドヘッドが一望できるので、レストラン全体が自然の一部となりハワイの大自然を感じられるようなコーディネートです。
どのプランも、ペーパーアイテム以外の花材、ナフキン、キャンドルなど小物の装飾が含まれています。
花材の種類は時期により多少変更になることはありますが、ハワイでしか調達できない装花でボリューム感などは写真と同等になります。

編集部:

写真のイメージが実際の式でそのまま再現されるのは、現地へ下見に行けない花嫁さんにとって心強いですね。
ペーパーアイテムもすごくイメージに合っていますね!

長野さん:

オプションで、「デックウエディング」オリジナルのメニューカードとネームプレート(席札)をつけることができます。
3つのコーディネートに合わせたデザインをイチからつくりました。
「デックウエディング」にしかないデザインでありながら、選べるオプションパッケージにすることで、低価格を実現しています。

イーン カピオラニ ホテル ハワイのペーパーアイテム

こちらがオプションで付けられるペーパーアイテム!
とってもハワイらしい心踊るデザインです。

編集部:

すごく花嫁さん花婿さん目線を考えた内容なんですね。
オリジナルデザインという特別感ってすごくいいと思いました!


観光しながらハワイでウェディングフォトを

ウェディングフォト  

編集部:

ハワイでウェデングフォトが撮影できるプランがあるんですね。
くわしい内容を教えてください!

長野さん:

「PHOTO SHOOT」は、旅行会社とコラボレーションしたウェディングフォトプランです。
ノースショアなど、普通の観光ではツアーを申し込むかレンタカーを借りるかしないと行けない場所での撮影ができます。
移動の案内は旅行会社、カメラマンはウェディング専用のプロですので、限られたハワイでの滞在時間内で、観光とクオリティの高い撮影が同時にできることがポイントです。

ウェディングフォト

編集部:

地元のB級グルメを楽しみながら合間に撮影ができるから、表情もとっても自然ですね。
旅行の思い出にもなりますね!

ハワイウェディング

長野さん:

ほかにはオプションなしで話題のセグウェイも体験できるのがお得で、新郎さんも楽しんでいただけると思います。

ウェディングフォト

編集部:

体験型のウェディングフォトってありそうでなかった発想ですね!

ハワイウェディングフォト

長野さん:

ウェディングだけでなくハワイでの観光を楽しみたい方にオススメです!


ハワイウェディングはドレスも重要!相談しながらベストな衣装に出会おう!

ハワイウェディングフォト

編集部:

海外ウェディングのお悩みでよくドレスについて話題になるのですが、「デックウエディング」のドレス選びについて教えてください。

長野さん:

当社の提携先である「THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)」からお選びいただくことができます。
ハワイですとレンタルできる種類が限られているので、ドレスの購入やデザイナー系の中古をご紹介することもできますよ。

編集部:

「デックウエディング」の場合、どんなドレスがおすすめですか?

長野さん:

「デックウエディング」はハワイならではの内容なので、ロケーションや全体の雰囲気を考えると通常のウェディングドレスよりも、カジュアルな傾向のデザインが合うと思います。
ご希望のイメージと、現地の雰囲気が合うドレスをおすすめしますので、ぜひご相談いただきたいですね。

▼「THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)」の記事はこちら♪


ベストなプランでハワイ挙式を確実に素敵なものに!

編集部:

最後に、ハワイウェディングを考えている花嫁さん・花婿さんに向けて一言お願いします!

長野さん:

「デックウエディング」は、ホテルがもつロケーション、レストランの空間コンセプト、ハワイでウェディングをする価値と意味すべてを加味したうえで、ベストな内容をパッケージしたプランです。
多くの花嫁さんにとって、海外での結婚式は下見に行けないし、日本に相談できる窓口があっても、実際のイメージがリアルに想像しにくいという問題があると思います。
「デックウエディング」は、日本の方が求められる傾向と現地を知るスタッフがパンフレットからでさえ写真と文章でしっかりと伝わるように考えてつくりました。
パッケージだからこそ、実際の雰囲気がイメージしやすいという利点があります。
またオーダーメイドでなく、今回パッケージにすることで、比較的コストを抑えていることもポイントです。
費用面からハワイ挙式を考えている方にもコストパフォーマンスのよいプランだと思います。

編集部:

熱いメッセージありがとうございます!
本日は、新プラン「デックウエディング(Deck.WEDDING)」についてたくさんお話くださりありがとうございました。


今回の取材を経て、新しいハワイウェディングを提案する「デックウエディング(Deck.WEDDING)」は、現地をよく知る長野さんが熟考された、まさにベストなプランだと思いました。
ハワイウェディングを考えているカップルさんは、選択肢のひとつとして「デックウエディング(Deck. WEDDING)」を候補にいれてみるのもありかもしれませんね♪

▼「デックウエディング(Deck. WEDDING)」の公式サイトはこちら
https://plandosee-wedding.com/

※ 2018年8月 時点の情報を元に構成しています