1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 披露宴でお菓子まき!! 地域の結婚式あるある特集-名古屋編-

披露宴でお菓子まき!! 地域の結婚式あるある特集-名古屋編-

2019.07.23

結婚式が豪華で派手ということで有名な名古屋。実際にはどのような風習やマナーがあるのでしょうか。

今回は、「みんなのウェディング」編集部が、名古屋の結婚式あるあるを紹介します。


披露宴でお菓子まきをする

お菓子まきは、結婚する時にお嫁さんの家の2階から近所の方へ向けてお菓子をまくという名古屋の風習。

近年では、自宅ではなく披露宴の演出としてお菓子まきを取り入れることが多くなっています。
子どもウケもよく、結婚式が盛り上がる名古屋では人気の演出です。

引き出物は重くてかさばるほど良い

「お祝いは半返し」という言葉がありますが、名古屋では「9割返し」が当たり前といわれるほどゲストへのおもてなしを重視します。

名古屋では「引き出物は重くてかさばるほど良い」とされており、赤飯やかつおぶし、食器、引き菓子など5品以上のものを贈ることが多いそう。

軽くてかさばらないカタログギフトなどはあまり好まれないようです。

お色直しは2回

名古屋では新婦は3種類、新郎は2種類の衣装に着替えるのが一般的だそう。
お色直しが増える分披露宴の時間も他より長くなります。

また、派手好きで知られる名古屋では、ゲストドレスも黒ではなくカラフルな色を選ぶ方が多いようです。

番外編:トラックいっぱいの嫁入り道具は健在?

名古屋といえば紅白の幕がかかったガラス張りのトラックに嫁入り道具を積んだ姿をイメージする人も多いはず。

しかし、現在では見かけることも少なくなってきています。

名古屋といえば派手婚だと思ってしまいがちですが、時代とともに地味婚の人気も出てきているのが現状です。


現在の名古屋の結婚式はおもてなしにお金をかける方が多いようです。

周囲の方や両家の意見を参考にし、どこにどれだけお金をかけるのが決めていきましょう。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています