6パターンの衣装チェンジ!「ララシャンス博多の森」で記憶に残る1日を

みんなのウェディング編集部 恋する旅ライターかおり
最終更新日 2018.03.09
6パターンの衣装チェンジ!「ララシャンス博多の森」で記憶に残る1日を

結婚式を終えたばかりの卒花嫁さんの本音が満載の「結婚式レポ」。

今回は、福岡で大人気のゲストハウス「ララシャンス博多の森」で、ゲストの記憶に残るような1日をプロデュースした愛奈さん夫妻をご紹介します。

「ゲストにとっても一生に一度のウェディング」をテーマにしたおふたりの1日。
中でも注目は、トータル6パターンの衣装チェンジ
エンターテイメント性の高いウェディングをお望みの方は、ぜひチェックしてみてください♪


お父さんに背中を押され、結婚を決意!

友人の紹介で出会ったというおふたり。
出会った当初、愛奈さんは社会人、新郎は専門学生でした。
愛奈さんは新郎のミステリアスなところ、彼は愛奈さんの一緒にいて飽きないところに惹かれて交際に発展します。

結婚前提にお付き合いをしていたものの、学校を卒業してすぐのタイミングでは難しいと思っていたおふたりの背中を押したのは、愛奈さんのお父さんでした。
「金銭的な理由で結婚をためらっているなら、心配しないで結婚しなさい」
温かく、力強いその言葉におふたりも結婚を決意します。

こうしておふたりは晴れて夫婦となったのでした♡


ゲストにとっても一生に一度のスペシャルな1日にしたい

当初は「結婚式はお金がかかるし今すぐやらなくてもいいかな…」と思っていたおふたりでしたが、これまた愛奈さんのお母さんの「早くドレス姿が見たい!」という言葉をきっかけに、結婚式を行うことに!

http://www.mwed.jp

会場は、「ララシャンス博多の森」を選びました。
愛奈さんの決め手となったのは、どんな色のドレスにも似合う、白を基調としたこちらの教会。


http://www.mwed.jp

そして、同じく白を基調とした披露宴会場も気に入ったそう♪
屋内にいながらも、ガーデンの緑が臨め、天井の高さもあって非常に開放感を味わえる素敵な空間ですね!

そんな会場で行うおふたりの結婚式のテーマは、「ゲストにとっても一生に一度のウェディング」
これからたくさんの結婚式に出席するであろうゲストたちにとっても、記憶に残る忘れられない式にしたい。
そんな思いをベースに結婚式をプロデュースしていきました!


春をテーマにコーディネートした華やかな内装

結婚式の日程が4月であったことから、装飾テーマは「春」に設定。

テーブルクロスに黄色、装花にピンクを使って、春の麗らかなイメージを演出しました♡

高砂のフラワーアレンジメントも、パステルカラーを使ってキュートな印象に。

こちらはなんと愛奈さんのお姉さんがサプライズで用意してくれたというウェルカムスペース
アンティーク風のおしゃれな空間は、白を基調した会場と相まって、とっても品のあるテイストに仕上がりました。

全テーブルに置いたフォトプロップスは、愛奈さんお手製♡
こちらも、装飾テーマである「春」に合わせて、色はパステルピンクをチョイス。
ゲストたちはこれを使って、思いっきり写真撮影を楽しんでくれました♪

ウェディングケーキは3段の豪華仕様。
たくさんのベリーで飾られて、食べてしまうのがもったいないほどのかわいさ♪
会場の可愛らしい雰囲気ともマッチしています♡


まるでファッションショーのような衣装チェンジに注目!

一着のドレスが4パターンに大変身

こだわりがたくさんの愛奈さん夫妻の結婚式。
なかでも編集部が注目したのが、衣装パターンの豊富さ
ウェディングドレスは、なんと1着をアレンジして、4パターンの着こなしを楽しみました♡

まずはスタンダードに着こなした挙式でのこちらのパターン。
胸元のレースが印象的な美しいドレスは、上品な花嫁姿を作り出してくれます。

続いて、披露宴冒頭で披露したのは胸元のレースを取り外し、黒のサッシュベルトとグローブでアレンジしたスタイル。
先ほどとは打って変わって、一気に引き締まったクールな印象です。

さらに、披露宴途中には、赤いサッシュベルトと髪飾りで装いを新たに。
白と赤のコントラストが美しい、ポップな雰囲気が感じられます♡
一転して可愛い花嫁スタイルが出来上がりましたね!

エプロンを身に着けたユニークなコーディネートも!
新妻らしい姿がなんとも愛らしい♡
こちらはファーストバイトのシーンで披露されたものです。

どれも少しのポイントを加えただけで、全く異なるテイストに変身
とても一着のドレスとは思えないですよね♡
愛奈さんのアイデアには編集部も驚きです!

お色直しは、ドレスと和装で2回!

愛奈さんのこだわりは、もちろんカラードレスにも!

お色直し1着目は、ラベンダー色が美しいこちらのカラードレス。

ボリューム感たっぷりのチュールとリボンが華やかな一着。
デザインもさることながら、「一目惚れしたほど大好きな色♡」と話してくれた通り、この落ち着いたラベンダーカラーも非常に気に入ったポイントなのだとか♪

こちらのドレス姿には、色味を合わせたプリザーブドフラワーのヘアアクセサリーも合わせて存在感をプラス。
ナチュラルな可愛さ溢れるコーディネートとなりました♡

お色直し2着目は、装いを新たに色打掛でしっとりと♪
色は、愛奈さんが大好きな色、そして今回の装飾テーマの「春」にも合うピンクを選びました。

これだけ衣装がクルクル変わると、なんだかファッションショーを見たような満足感がありますよね♡
ゲストたちもワクワクしながら、衣装チェンジを楽しむ様子が伺えました!


ゲストからも主役からもサプライズが飛び出すウェディング

ここからは、おふたりの1日の様子をお伝えしていきましょう。

「挙式直前までまったく普段通りでした!」という愛奈さん。
しかし、入場の前に愛奈さんのご両親がサプライズで用意してくれていたビデオレターを見て、思わず号泣。
愛奈さんは、ご両親ととっても仲が良し。
これまでの一つひとつの思い出が鮮明に思い起こされ、挙式前から思いがけず感動のワンシーンとなりました。

さらに、挙式前には、親友が愛奈さんに手紙を贈ってくれるという場面も。
結果、化粧が崩れかかった状態での入場となりましたが、それもまた良い思い出です♪

扉が開いた瞬間、130人を超えるゲストたちが視界に入り、そこで改めて実感が湧いたという愛奈さん。
式は、キリスト教式で執り行われ、おふたりは多くのゲストに見守られながら夫婦となったのでした。

続いて行われた披露宴では、新郎新婦からゲストたちへのサプライズがたくさん盛り込まれていました♡

まずはファーストバイト
ここでは、エプロン姿とコックさんのコスプレをしたおふたりがウェディングケーキを運んでくるという演出が!

続いてはビッグスプーンが登場し、ゲストたちを沸かせます。
ゲストからのアンコールを受けて、新郎は大きな口で2度もケーキを食べたそうです(笑)

さらに、当日が誕生日のゲストにもバースデーバイトを実行するサプライズも行われました♡

そして、披露宴の一番の目玉となったのが、愛奈さんがどうしてもやりたかったというフラッシュモブ
新郎の友人数人とプロのダンサーさんを呼んで行われました。

新郎の友人スピーチの際、マイクが壊れた!というハプニングを装い、スタッフさんがマイクを直しに行ったところで、突然音楽が流れ出してスタッフさんが踊り出すという流れ。

間奏の間には、それぞれのご両親へ「子育て感謝状」という表彰状を手渡すサプライズも用意してありました!

練習の甲斐もあって、このサプライズ演出は大成功
会場は大いに盛り上がり、ゲストからは「一緒に踊りたかった~!」という声が多数出たほど♪

ブライズメイドを務めてくれた愛奈さんの友人たちからは、メガホンを使って元気なスピーチが!
内容は、笑ありそして涙ありの素敵な言葉がたくさん詰まっていました♡


やりたい演出は必ず1つは盛り込んで♪

結婚式の準備は約3カ月前から愛奈さんが中心となって行っていたそう。
ですが本格的に動き出したのは式の1カ月前で、式の1週間前はまともに寝られないほど大変だったのだとか。

経験者からのアドバイスとして、愛奈さんは「見積もりを早めに出してもらうことが大事だと思います」と話してくれました。
何にいくらかかるのかを早めに把握できれば、「プランナーさんにお願いすること」「自分たちで準備すること」の判断ができるので、時間短縮につながるそうです。

愛奈さん夫妻の場合、割高になるムービーを自分たちでつくることにしたそうですが、見積もりが出てきた時期が遅かったために、ギリギリの制作になってしまったのでした。

また、ゲストにとって心に残る式にするために、なるべくゲスト参加型の演出を心がけていたそう。
友人のスピーチも、バースデーバイトも、フラッシュモブも、きっとゲストたちにとって強く印象に残ったことでしょう。

最後に自分たちが満足する式にするために、「やりたい演出は必ず1つは叶えてほしい」と愛奈さん。
おふたりの場合はどうしても叶えたかったフラッシュモブを取り入れたことで、忘れられない大満足の結婚式になりました。

新郎新婦だけじゃなく、ゲストにとっても一生の思い出になるスペシャルなウェディング。
ぜひみなさんも妥協のない1日をプロデュースしてくださいね♪

▼愛奈さん夫妻が結婚式を行った会場はこちら

会場名 ララシャンス博多の森
式場ジャンル ゲストハウス
収容人数 2人~178人
受付時間 平日/11:00~21:00 土日祝/9:00~21:00
住所 福岡県福岡市博多区東月隈3-26-2
この式場をチェック
ブライダルフェアを見る

※ 2018年3月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事