1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式レポ
  4. テーマは「海とアフロ」!遊び心いっぱいのオリジナルウェディング

テーマは「海とアフロ」!遊び心いっぱいのオリジナルウェディング

2019.12.09

大人気企画【結婚式レポ】♪

今回は、「海とアフロ」(!)をテーマに、憧れのオーシャンビューのゲストハウスでのウェディングを叶えたakariさんご夫妻をご紹介します。

彼の地元の沖縄ならではの演出も取り入れた、個性的でおしゃれなウェディングをさっそく見ていきましょう♡


「アフロ」がインパクト大な彼との出会い

おふたりが出逢ったきっかけは、飲み仲間を見つけるアプリ♪
そこでakariさんは、インパクト大の「アフロの人」を発見…!

その後、連絡を取って一緒に飲みに行き、仲良くなったおふたりは、お付き合いを始めて1年半ほどで同棲スタートさせます。

ほどなくしてお子さんを授かったことがわかり、鵠沼(くげぬま)海岸でプロポーズしてくれた彼♡
「この人なら、私とおなかの赤ちゃんのことをずっと大事にしてくれる」と、akariさんの気持ちが確信に変わった瞬間でもありました。


目次に戻る

海が広がる「AMANDAN BLUE 鎌倉」に即決♪

以前より、結婚式に憧れがあったakariさんは、プロポーズ後すぐにマタニティウェディングを考え、式場探しをスタート!

おふたりは、海が見える場所でのウェディングを希望していたこともあり、地元にある「AMANDAN BLUE 鎌倉」に見学に行きました。

海が目の前に広がっているロケーションは、理想そのもの♡
海の音、潮風を肌で感じながらウェディングが叶うのは、「AMANDAN BLUE 鎌倉」ならではの魅力♡
希望していた日程も確保できることもあり、迷うことなく1軒目で即決♪
妊娠6ヶ月で迎えるマタニティウェディングの準備をスタートさせました。

マタニティウェディングをする上で、心配されるものの一つが「ドレス」
ドレス選びには、akariさんも慎重だったと言います。

最終的には、

  • 上下がセパレート
  • 軽い着心地
  • 後ろが編み上げになっていて調整が可能

というところに惹かれこちらのドレスをチョイス。

入念にフィッティングを重ねたことで、当日も満足いく花嫁姿が出来上がりました♡
長時間でも、ストレスを感じることなく着続けられたそうです♪


目次に戻る

テーマは「海とアフロ」!

式場決定後、Instagramの花嫁専用アカウントを開設したことをきっかけに、ウェディングの具体的なテーマを考え始めたというakariさん。
海が見える会場であることから「海」、そして彼の個性的な髪型「アフロ」を取り入れて、テーマを「海とアフロ」に決めました♡

大好きなクラフトビールの王冠や沖縄で拾った貝殻を飾りつけたフォトフレーム、趣味のサーフィンをモチーフにしたサーフボード形のウェルカムボード。
ウェルカムスペースは、テーマに合わせておふたりのDIYアイテムで飾り付けをしました♪

フォトブースにはアフロのウィッグを用意♪
さらに、「NICE AFRO!!」と書かれた遊び心満点のフォトプロップスも作りました!

他にも、ペットのワンちゃんや、彼の地元である沖縄のシンボルシーサーをモチーフにしたプロップスも用意!
当日はみんな楽しそうにいっぱい写真を撮ってくれたそうです♡


目次に戻る

婚姻届にサインをし、オリジナルの言葉で愛を誓う人前式

挙式前のお支度の時間。

アフロをきれいな形にキープするのに欠かせない「アフロコーム」で、髪型をいつも以上に綺麗に整える彼♪

akariさんは、手作りしたヘッドビジューとイヤリングを飾り付けて、花嫁支度を完成させます。

挙式には、約60人のゲストを呼び、おふたりらしさが伝わるよう人前式のスタイルで執り行いました。

誓いの言葉では、おふたりで考えたオリジナルのものを読み上げました♡

その中のakariさんの一文「たとえアフロでなくなっても一生愛し続けます」には、会場一同が爆笑!(笑)
おふたりらしいユニークな誓いの時となりました。

指輪交換のときには、甥っ子にリングボーイをお願いしました。

そして、ゲストに見守られながら婚姻届にサインをする演出も。
それぞれの友人にも、その場で証人としてサインをもらいました。
婚姻届は、おふたりがお住まいの藤沢市限定のデザインで、海のモチーフが入っていることからとっても気に入ったそう♪

またこの演出の背景には、結婚式と入籍の日を同じ10月8日「永遠(とわ)の日」にしたい!というおふたりの思いがありました♡
実際におふたりは、この結婚式が終わった後に婚姻届を提出♪

大事な瞬間をゲストのみんなに祝福してもらい、忘れられない挙式の時間となりました♡


目次に戻る

沖縄文化と大好きなビールでもてなすパーティータイム

披露宴パーティーは、アットホームな空間が魅力の会場を選びました。

また、彼の地元である沖縄の習慣にならい、親族が前の方に座るという席の配置にしたおふたり。
席次表にはゲストの方向けに一言断りを入れて、お世話になったご両親には一番よく見える席に座ってもらい、感謝の気持ちを表現しました♪

南国の海を感じさせるパイナップル型の席札は、おふたりのこだわりのもの♡

披露宴は、パソコン作業が得意な彼が作ったオープニングムービーでスタートしました♪
「テラスハウス」風に仕上げた構成に、ゲストも一同釘付け!

そして、ブルーノ・マーズの名曲「Just The Way You Are」が流れる中、おふたりが入場します♪
実は、彼がアフロにしたのも、ブルーノ・マーズに憧れていたから。
そんな大好きな曲とともに披露宴が始まり、おふたりのテンションも上がります!

婚姻届の証人になってくれた友人からの代表スピーチでは、彼の素敵な人柄がわかるエピソードも披露されました。
これを聞いた新婦側のゲストも「いい人と結婚できたね♡」と口々に言ってくれたのがakariさんはとっても嬉しかったそう♡

そしてお色直しへと移ります。

akariさんのお色直しは、レースのボレロを取ってドレスをイメージチェンジ。
それに合わせて、髪型もダウンスタイルに、そしてブーケをリースブーケにしました。
これだけでも、スタイリッシュでカジュアルな雰囲気に変わりますよね!

またブーケは、お母様のお友達が作ってくれたもので、この後の演出に向けて両手が空くようにあえてこのデザインにしました。 使われているお花は「ホップ」
これがこの後行われる演出のヒントになります♪

その演出とは、ビールサーブ
ビールをサーブするということで、両手が自由に使えるリースブーケがよかったのです!
この狙いは大成功ですね♪

この時間は、フォトラウンドも兼ねて、時間をかけてテーブルを回っていき、ゲストとの歓談の時間を楽しみました。

実は、大のビール好きというおふたり
アメリカから特別に輸入したこだわりのクラフトビールをふるまい、その味には、みなさん「とってもおいしい!!」と感動の声を上げてくれたそうです♡
お酒はしばし飲めないakariさんですが、「みんなが喜んでいる様子を見てるだけでもう大満足でした!」と話してくれました。

ちなみにホップの花は、会場装花にも使われていました♪

披露宴の最後には、みんなで沖縄伝統の踊り「カチャーシー」を♪
初めは慣れなかったゲストの方々も、会場のあたたかい雰囲気にだんだん乗ってきてダンス!
ラストは大盛り上がりとなり、こうしておふたりの披露宴は幕を閉じました。


「ゲストも『今までで一番笑って泣いた!」と言ってくれたことがとっても嬉しかった!』と話してくれたakariさん。
生まれてくる赤ちゃんにも、いつかこの様子を見せてあげるのが楽しみですね♡

▼akariさん夫妻が結婚式を行った会場はこちら

会場名 AMANDAN BLUE 鎌倉
式場ジャンル ゲストハウス
収容人数 5人~120人
定休日 祝日を除く火・水曜日
受付時間 平日11:00~19:00、土日・祝日10:00~20:00  ※年末年始休業:12/30(木)~1/2(土)
住所 神奈川県鎌倉市材木座5-2-25


《リースブーケ 関連記事》

《ウェディングヘア 関連記事》

※ 2018年2月 時点の情報を元に構成しています