【悩める花嫁】知っておきたい!海外ウェディングのメリットとお悩み解決方法

みんなのウェディング編集部 chika
最終更新日 2018.01.12
【悩める花嫁】知っておきたい!海外ウェディングのメリットとお悩み解決方法

みんなのウェディングの「相談広場」でよく見かけるお悩みや疑問をピックアップし、編集部が花嫁さんのお悩み解消の手助けをしていく新連載!【悩める花嫁】シリーズ

今回アドバイスするのはこのふたりです♪

編集部 ジャパン

編集部 ジャパン(30代)
独身時代が長く、辛口ゲストの目線で結婚式を見てしまう結婚1年目の新妻。

編集部 chika

編集部chika(20代前半)
いつか素敵な結婚式を挙げたいと夢見る見習いエディター。

今回のテーマは「海外ウェディング」

編集部 chika

今回のテーマは「海外ウェディング」です!
相談広場では、「海外ウェディングってイメージがつかみにくい...」と感じている人が多いようです。

編集部 ジャパン

最初の段階で結婚式の選択肢から、海外ウェディングを外してしまう人も多いですよね。
でも、自分の望む結婚式を挙げるためには国内・海外のどちらもチェックした方が選択肢は広がります!
そこでまずは、海外ウェディングの魅力をみていきましょう♪


海外ウェディングの魅力!

親しいゲストだけ呼べる!

編集部 chika

海外だと必然的に呼べる人や来てくれる人が限定されますよね。
親族・親友といった親しい人を招待することがほとんどだから、会社の人や疎遠になっている学生時代の友達はどの範囲まで招待したらいいんだ?という悩みも減りますね!

編集部 ジャパン

少人数の結婚式にしたい方に海外ウェディングはオススメです♪

最高のロケーションでフォトジェニックな写真が撮れる♡

編集部 ジャパン

なんといっても海外ウェディングの醍醐味といえばロケーション撮影に向いていることですよね♪

編集部 chika

一生に一回の結婚式だからこそウェディングフォトにこだわりたい人には外せない条件ですね!

編集部 ジャパン

日本でロケーションや雰囲気がいい式場は人気で予約が取れなかったり、値段が高かったりするんですけど、海外だと基本的にどこでも絵になるということも魅力だと思います♡

新婚旅行や親孝行旅行にできる!

編集部 ジャパン

新婚旅行と兼ねて海外で式を挙げる新郎新婦も多いですね。あとゲストはお互いの両親だけにして、親孝行として旅行をプレゼントするっていうパターンも多いようです。

編集部 chika

まさに一石二鳥!

編集部 ジャパン

1週間ぐらい休みを取り、旅の前半にウェディングフォトや結婚式を行って、残りの日数は観光を楽しむ人も多いですね。
長期の休みが取れない人は、金曜日に有給を取り土日や祝日を利用して海外挙式をする人も!

編集部 chika

週末のお休みを利用するなら、飛行機に乗る時間が短い国が良さそうですね。
グアムは片道4時間で行けるので、選ぶ花嫁さんも多いみたいです♪

海外=高いとは限らない!

編集部 chika

そもそも海外ウェディングって費用がかかるイメージがあるんですが…。

編集部 ジャパン

場所やプランにもよりますが、日本より海外で挙式をした方が結婚式の費用が安くなる場合もあるんです!
国内で行うよりも招待できる人数が少なくなるので全体の予算はだいぶ下がります。
ゲスト数が日本挙式の場合は平均30~100人くらいなのに対し、海外挙式だと平均10人前後が一般的なんです。

編集部 chika

なるほど!招待するゲストの人数が少なくなる事で、全体的な費用が抑えられるのですね。

編集部 ジャパン

先ほど話した通り、ロケーションを活かした「ウェディングフォト」が撮影できたり、新婚旅行や家族旅行も兼ねることができるので、コストパフォーマンスの面から考えても意外とお得なことが多いんです。


一人で悩まない!お悩みを先取りして解決♪

海外ウェディングの不安をなくすには?

編集部 chika

海外の式場だと現地まで行って気軽に下見ができないことが不安ですよね。
卒花さんの口コミやインスタグラムで会場の様子をチェックするなど積極的に情報を集めることが大事ですよね!

編集部 ジャパン

そうですね!また、多くの人が海外ウェディングを手配会社から申し込むと思いますが不安なことはどんどん担当スタッフに聞きましょう!
具体的にどんな手続きをやってくれているのか、自分たちでやる必要があることは何かを確認しておくと安心です♪

編集部 chika

契約した後にキャンセルしたくなってしまったらどうしよう…という心配についてはどう対処できると思いますか?

編集部 ジャパン

それは国内、海外に関わらず共通するお悩みですね。
以前記事で取り上げたように後悔しない式場選びの準備の仕方を参考にしてみてください♪

英語が話せなくても大丈夫!

編集部 chika

英語や言葉が通じないことが心配だから海外ウェディングを諦めちゃう人もいるようです。
新郎新婦やゲストが日本語しか話せなくても大丈夫か不安になりますよね。

編集部 ジャパン

「結婚式当日は日本語を話せるスタッフが何人いるか?」
「コミュニケーションで困った時は誰を頼ればいいか?」
具体的な人数だったりスタッフ名だったりを、海外ウェディングの手配会社にしっかりと確認することをおすすめします。

編集部 chika

なるほど!
海外慣れしていなくても気軽に式が挙げられるところってないですかね?

編集部 ジャパン

そういう方にはハワイがおすすめです♪
ハワイは日本人が選ぶ海外婚・新婚旅行ともに人気が常に上位なんです。
ハワイで結婚式を挙げた卒花さんは多いので口コミや事前の情報も集めやすいです♪
ハワイの式場情報はこちらのサイトの例も参考にしてみて下さい♡

ドレスは運命の1着+アレンジで楽しむ♡

編集部 chika

海外ウェディングでよくあるお悩みの一つが「ドレスの持込み」です。
かさばるアイテムなので何着も搬入はできないですよね…。ドレスの種類が少なくてもお色直しは可能ですか?

編集部 ジャパン

海外の結婚式はお色直しの習慣がないんですよ。
最近の花嫁さんは運命の1着を選び、そのドレスをベースに、サッシュベルトや、ヘアアクセサリー、ブーケなど小物でアレンジをする人が多いんです! 例えばこんなアレンジで、同じドレスでもガラッと雰囲気が変わります!

View this post on Instagram

🍍【簡単#イメージチェンジ】 ・ 挙式周辺フォト、チャペルの周りで家族や友人たちとみんなで撮ると思います⛪📷✨ ・ 挙式は王道でクラシカル👸なコーディネートにされる方も多いと思うんですが、何せ挙式周辺のリゾート🌴🌴の景色と合わない…😒💨💨 そんなの気にならな…気になる‼‼😫 ・ そんな時のちょっとしたアイデア😉✨ ・ さっと#サッシュリボン を巻いてピアスを変えて、ネックレスは外す。もしあれば手持ちの#ウェディングブーケ (#アーティシャルフラワー だと楽チン🎶)も変えれば一気にイメージチェンジ♥ だがしかし‼ここで私はティアラを外し忘れた~~…😭💨まさに灯台下暗し😂😂😂 ・ 野外でさっとチェンジしたから、頭の上についてるの全然見えてなくて分かってませんでした~😂本当はテーマは【オリエンタル×モダン】だったけど結果【オリエンタル×プリンセス】ってことにしました😜 ・ でも、屋外は華やかだからどっちでもokね💮 ・ ピアスは最初からサッシュに合わせるつもりでお願いしてた、大人気@charmer_accessory さんの#タッセルピアス 🌼 #オスカーデラレンタ とか、#オルガブランカ とかタッセル系、大好き💓 ばっちりだよね~~✨😊✨ ・ チェンジ時間2分、お試しあれ~~😆💓 🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍 【#かえドレスコーデ2】#かえドレスコーデ #wedding#bride#bali #indonesia #weddingdress #weddinggown#honeymoon #weddingreception #weddingceremony #ayanaresort #weddingphotography#weddingphoto#blessxoxo #海外挙式 #バリ挙式#ウェディングドレス#エンゲージリング#マリッジリング#アヤナリゾート#charmer_accessory#kaeのバリウェディング

A post shared by 旅好き*大人花嫁🍍🍍🍍KAE🍍🍍🍍 (@kae_in_a_weddingdream) on

View this post on Instagram

🍍【#かえdressコーデ 】 ~Sweet Chicアルハンブラ~ ・ (1)ウェディングソムリエ×MISSウエディング2017秋冬号の企画に応募します✨ (2)#ウェディングソムリエ卒花スナップ#ウェディングソムリエアンバサダー (3)こだわりポイントは、ホワイト×ゴールドでまとめた、私の人生を表すコーディネートです☺💎 ・ マイフェイバリットジュエラー、#ヴァンクリーフ&アーペルの#ヴィンテージアルハンブラ#マジックアルハンブラ を、 オフホワイトのウェディングドレスに合わせました😊 ・ 17歳の時、#ヴォーグ の裏表紙を飾っていたマザーオブパールのアルハンブラを見て、なんて可愛いブランドなんだろう😍いつか大人になったら、これが似合う女性になろう‼と心に決めていました💓 30歳の誕生日に自分でブレスレットを、その後彼からピアスを、母からネックレスを譲り受け、17歳の時憧れだったジュエラーのアルハンブラは私の宝物であり、私の人生を彩るものとなりました😌🌼 そんな特別な思い入れがあるアルハンブラを、人生の節目でウェディングドレスに身につけたいというのは当初から考えていたコーディネートでした✨ ・ 上品に肌に馴染み、さりげなく華を添えてくれています💠 ヘッドピースは#ヴァンクリ に合わせてゴールドのアカシアを😊✨(甘すぎないお花モチーフが大好き🌼) ・ さらに、私が最も好きなコロンとしたピュアな丸バラのブーケを添えて🌹 ・ とっても私らしいコーディネートになりました😊✨ 🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍🍍 ・ #ジェニーパッカム#jennypackham#ジェニーパッカムアカシア #ヴァンクリーフアンドアーペル#vancleefarpels #magicalhambra #vintagealhambra #ブライダルアクセサリー#ウェディングドレス#verawang #ヴェラウォン#ヴェラウォンバレリーナ 風#vouge#vougeparis 💠#海外挙式#海外ウェディング#リゾートウェディング#バリ挙式#アヤナリゾート#ホテル雅叙園東京#がじょ花#ynswedding

A post shared by 旅好き*大人花嫁🍍🍍🍍KAE🍍🍍🍍 (@kae_in_a_weddingdream) on

編集部 chika

まったく違う雰囲気ですがどちらも素敵!
ちょっとしたアレンジで雰囲気がこんなに変わるなんて驚きました!

編集部 ジャパン

海外ウェディングの結婚式拝見では、海外で結婚式を挙げた花嫁さんの様子をもっと見ることができます♪


理想の結婚式は海外にあるかも…♡

編集部 chika

海外ウェディングについてまとめると…。
◎魅力
- 日本で式を挙げるよりもコスパが良い場合がある。
- 親しいゲストだけ呼べる!
- ロケーション撮影に向いている♡
- 新婚旅行と兼ねて海外へ行くことができる!
(親孝行として旅行をプレゼントすることも♪)
◎あるあるのお悩みに対する解決策
- 不安にならないために→式場とのやり取りや契約は手配会社に任せてOK!
だけど全部任せてしまってそのまま状況が分からないというのはNG。
気になっている会場で挙式をした卒花さんからの口コミやインスタグラムを参考に♪
- 英語が話せない→結婚式当日に日本語を話せるスタッフはいるのか、困ったときは誰に頼ればいいのかしっかり確認!
日本人に人気の海外ウェディングスポットを選ぶのも◎
- ドレスの持込み→アレンジできるような小物(リボンやブーケ、アクセサー)を持っていく事で、印象を変えられる!

編集部 ジャパン

理想のウェディングを叶えられる場所が海外にもあるかもしれません!
諦めずに理想を探してみましょう♡


みなさんいかがでしたでしょうか。

今回は、海外ウェディングのお悩みについて、編集部がお答え致しました!
皆さんも結婚式準備などで困ったことがあれば、ぜひ相談広場でお気軽に質問してみてください♪

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2018年1月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事