1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式レポ
  4. 非日常を味わい尽くす!「軽井沢ホテルブレストンコート」のガーデンウェディング

非日常を味わい尽くす!「軽井沢ホテルブレストンコート」のガーデンウェディング

2019.12.06

プレ花嫁のみなさまに大人気の企画【結婚式レポ】♪

今回ご紹介するのは、高原リゾート・軽井沢で結婚式を挙げたあさみさんご夫妻です。
「今まで誰も目にしたことのない世界観を作りたい」と、準備にあてた期間は約1年。
豊かな自然の魅力を活かしつつ、都会的なラグジュアリー感を取り入れたおふたりのガーデンウェディングについて伺いました。


運命の相手、運命の式場

共に長野県のご出身で、共通の友人をきっかけに出会ったというおふたり。
出会った瞬間、お互いに「ビビビ!」と何か運命的なものを感じたそう。
程なくしてお付き合いを始めたおふたりは、始めてのデートで軽井沢を訪れました。

あさみさんは新郎の優しさに、新郎はあさみさんの芯の強さに。
お互いを知れば知る程、深く惹かれ合うようになったおふたり。
結婚の話が出る以前に、デート感覚で式場見学に出かけたというのも、おふたりが同じ未来を望んでいた証しなのかもしれません。

https://www.mwed.jp

ご友人のすすめもあって、星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコートのガーデン会場「アンドリュース」を見学したおふたりは、一瞬にしてその雰囲気に心を奪われたといいます。
決め手になったのは、四方を森に囲まれたガーデンの美しさ
おふたりの地元、長野ならではの安らぎと豊かさがそこにありました。

婚約後、再び式場を訪れて契約を交わしたおふたり。
初めてのデートも、結婚式を挙げるのも、全てのスタートは軽井沢から。
そんな思いを込めて、おふたりは式のテーマを「Start with you」に決めました。


目次に戻る

時間にあわせた演出こそ、ガーデンウェディングの醍醐味

「Start 」に重ね合わせたもうひとつの意味、それは「Star」=「星」
おふたりは、時間にあわせて移ろいゆく景色を、カラーやモチーフで表現することにこだわりました。

テーマカラーは、披露宴が始まる時刻にあわせて「トワイライト」の空色をチョイス。
水色から始まり、薄ピンク、パープルブルー、そしてネイビーへ。
昼から夜へ移り変わる空と、満天の星空の下で迎えるフィナーレのイメージを、数々のウェディングアイテムに反映させました。

View this post on Instagram

A post shared by 𝒜𝓈𝒶𝓂𝒾🕊旅とホテルステイ好きWebデザイナー (@a0124k.wedding)

デザイン構成から印刷まで、すべてあさみさんがプロデュースした招待状。
美しい空色を連想させるカラーバランスが見事です。

View this post on Instagram

A post shared by 𝒜𝓈𝒶𝓂𝒾🕊旅とホテルステイ好きWebデザイナー (@a0124k.wedding)

大人用はオシャレに、キッズ用は可愛く♡
テーブルコーディネートのアクセントとしても大活躍したロゼットは、ゲストはもちろん、スタッフさんの分まで手作りしました。

星座をモチーフにした結婚証明書も、もちろんあさみさんの手作り。
様々なアイテムを手作りした理由を、あさみさんは次のように語ってくれました。

「自分がどこまでできるのか、チャレンジしたくなったというのと、自分が思い描いていた世界観を形にし、ゲストに喜こんでもらえたら、これ以上に幸せなことはないと思って頑張れました。元々ウェディングの世界感が好きで、海外の写真などをよく見ていました。今度は自分が花嫁として、その世界に足を踏み入れる。そうなった時、あれだけ憧れて見ていたものたちを、自分の想像力を活かして形にできるなんて最高だと思いました。」

目指したのは、感動的でエキサイティングな「非日常」を創り出すこと。
細部にまでこだわり抜いたおふたりの特別な1日を、詳しく拝見していきましょう。


目次に戻る

忘れられない1日「デイ&ナイト」

大自然に囲まれたラスティックウェディング

午後4時頃にスタートしたおふたりの人前式。
視界に入ってくるのは、背の高い木々や芝の緑、どこまでも続く空の青。
圧倒されるほどに美しい自然の魅力が、ガーデンに溢れていました。

まわりの景観とよく馴染むグリーンウォールのフォトブースは、あさみさんとお父様、そして新郎の合作。
あさみさんの手先の器用さと感性の豊かさは、お父様から受け継いだ賜物です。

おふたりの登場に先立ち、まずはグルームズマンとブライズメイドが入場。
ダーズンローズに使用したバラの品種は「ドルチェ・ヴィーダ」といって、直訳すると「甘い生活」という意味があります。

ブライズメイドのロングドレスは、テーマカラーのパープルで統一。
さぁ、いよいよあさみさんの登場です!

ウェディングドレスは、大人気ドレスブランド「VERA WANG」のHAYLEY
ウェストから続くふわふわのチュールが、まるでお花畑のように一面に広がります。

天使のように可愛いリングガールに運ばれ、指輪がおふたりの手元へ。
小鳥の巣をモチーフにしたリングピローの上で、仲良く寄り添う2羽が、新郎新婦の姿に重なります。

「今日が1番幸せな日で終わるのではなく、これからも幸せな日であるように。」
そう決意を新たに、誓いを交わしたおふたり。

コンフェッティとバブルシャワー、ダブルの祝福に包まれてふたりの笑顔が弾けました。

おしゃべりが止まらない立食パーティー

人前式に引き続き、ガーデンで開催された立食パーティー。
シャンパンの抜栓セレモニーを合図に、賑やかな歓談の時間が始まりました。

ドレスのアクセントのサッシュリボンは、ネイビーのチュールへチェンジ。
衣装ひとつでも色々な表情を楽しみたいと、結び方にこだわって、スタイリッシュな印象に仕上げました。

あえて席を固定せず、ゲストの好きなように過ごしてもらえるのが、ガーデンパーティーのいいところ。
ファーストバイト、サンクスバイトと盛り上り、辺りには笑い声が響きました。


目次に戻る

披露宴は一気に大人の雰囲気へ

屋内で披露宴がスタートしたのは、空がトワイライトに染まる頃。
明るく華やかな昼の雰囲気とは一転、「ロマンティック」×「ラグジュアリー」が披露宴のテーマです。

「ブラック」×「ホワイト」で統一したウェルカムスペースは、「Jo MALONE LONDON」のキャンドルで香りを演出。
香りをきっかけに、この特別な1日を思い出してもらえるよう、五感に訴える工夫をしました。

運命的に巡り合ったという星柄ドレスは、「Jenny Packham(ジェニーパッカム)」の新作。
ナイトパーティーにふさわしいエレガントなシルエットと、動く度に煌めくビジューに、あさみさんは心を奪われたといいます。

「もっと後ろ姿を見せてー!」など、ゲストからのリクエストが相次ぐほど、大人気だったというこのドレス。
クラッチバッグを合わせたり、ヘッドアクセサリーにもスターモチーフを取り入れたり、あさみさんならではの着こなしがとっても素敵ですね。

ありのままの自然を楽しんだデイタイムから、都会的でラグジュアリーなナイトタイムへ。
刻一刻とうつろいゆく景色と、変わらないふたりの愛。

軽井沢の星降る夜に、この幸せがいつまでも続くよう願いを込めて。
空へ昇るランタンに願いを託し、おふたりの特別な1日は幕を閉じました。


ガーデンの昼と夜、両方の魅力を存分に楽しんだおふたりのウェディング、いかがでしたか?
ありのままの自然に、結婚式ならではの華やかさをミックスできるのが、高原リゾートウェディングの魅力。
式場をお探しの中のみなさんはぜひ、都会の喧騒を離れた場所にも目を向けてみてください!


目次に戻る

この結婚式が行われた会場はこちら

会場名 星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート
式場ジャンル 国内リゾート
収容人数 2人~210人
住所 長野県北佐久郡軽井沢町星野


《結婚式のテーマ 関連記事》

《ウェディングアイテム 星モチーフ 関連記事》

《会場装飾 関連記事》

《ウェディングドレス サッシュリボン 関連記事》

※ 2018年1月 時点の情報を元に構成しています