「TRUNK HOTEL」でワインが鍵のオリジナリティ溢れるウェディングを

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2018.03.07
「TRUNK HOTEL」でワインが鍵のオリジナリティ溢れるウェディングを

これから結婚式のアレコレを考えようというプレ花さんにも、「参考になる!」と大人気の企画【結婚式レポ】。

今回ご紹介するのは、7年間のお付き合いを実らせて夫婦となったYURIEさんご夫妻です!

話題の会場「TRUNK HOTEL」で、オリジナリティ溢れるアイデアをちりばめたナチュラルウェディングの実現を目指したYURIEさんの、結婚式までのストーリーと当日の様子をたっぷりご紹介していきましょう♡


大学の同級生としての出会いがふたりの原点

大学で同級生として出会ったYURIEさんと彼。
国際系の学部に在籍していたおふたりは学部自体の人数が少人数だったこともあり、クラスメイトも全員仲が良く、いつの間にか距離を縮めていたと言います。
気がつけば意気投合、気がつけばふたりで出かける仲になり、気がつけばお付き合いもスタートと、ごくごく自然な流れでおふたりは恋人に。

それぞれ大学を卒業後に東京で就職が決まり、それから1年後に同棲を決意します。
そこでYURIEさんのご両親に同棲の話をしたところ、一緒に住むのなら、ちゃんとしなさいねとの一言が…!
「大学からずっと一緒にいたこともあって、いつかは結婚するだろうと思ってたんですけど、じゃあそれがいつかっていうのは全然決めてなかったんです。両親に背中を押してもらいましたね」とYURIEさんは笑って話してくれました。

4月に結婚の話が出てからはトントン拍子!
6月には自宅で何気なく過ごしている時に「はい、これ…」と彼が渡してくれたのは…婚約指輪と「結婚してくれますか?」のプロポーズ
そして7年前にお付き合いをスタートした9月に、入籍して晴れて夫婦となったのでした。


オリジナリティ溢れるウェディングがしたい!

結婚が決まった時から、結婚式は絶対にやりたい!と思っていたYURIEさんは密かにInstagramやピンタレストで情報収集をスタート。
早速自分がイメージする結婚式のアイデアをどんどん探していきました。

ところがYURIEさんに反して、彼は結婚式にとても消極的だったといいます。
そんな彼に、彼のお母様が「女の子が主役なんだから…」と説得してくれたのだそう!

お母様の力添えもあり、ついに彼も結婚式をやろうと決意を固めたことでいよいよ式場探しがスタート。

  • ナチュラルなウェディングが叶う会場
  • 自分たちのオリジナリティが出せる会場(ホテルとかはちょっとNG)
  • とにかく会場の雰囲気を重視する

という三本柱を念頭に、ネットで見つけた会場に見学にでかけます。

2軒ほど会場見学を終えたおふたりがイマイチ決め手に欠ける…と見学に出かけた3軒目の会場。
それが運命の会場となる「TRUNK HOTEL」だったのでした!

http://www.mwed.jp

http://www.mwed.jp

渋谷にありながら、緑で溢れるチャペルにYURIEさんは感動!   そしてまだ新しい会場とあって、ゲストのみなさんにも新鮮な気持ちで自分たちの結婚式を楽しんでもらえるかも…という期待に胸が膨らんだと言います。  

そしてそして、おふたりが会場探しで一番大切にしていたのが、「ワインの持ち込みができるかどうか」ということ。

というのも、彼のお仕事はワインのインポーターであり、結婚式当日には彼がセレクトしたワインをゲストにサーブしたい!と考えていました。
TRUNK HOTEL」はなんと持ち込みOK!ということで、そこも会場の決め手となりました。


ふたりらしさのある演出をちりばめて

結婚式を挙げるにあたって、「パーティーでワインのサーブがしたい!っていうのを一番の希望として伝えました!あとは、型にはまった感じにはしたくないことと、みんなが見たことがない結婚式をしたいっていう要望をプランナーさんに伝えました」とYURIEさん。

そんなおふたりならではの演出がちりばめられた、最良の日が始まります♡

まずは、YURIEさんが一目見てお気に入りになったチャペルへの入場です!

別になくてもいいかなと思ったというベールダウンはせずに、お父様・お母様と3人で仲良く入場することを選びました。

誓いの言葉は、YURIEさんの親友と彼の先輩に力を借りて行いました。

そして指輪の交換では彼が指輪を取り間違えるハプニング…!
会場にクスクスと笑いが起こったのだそう(笑)
ところが、それが逆にアットホームな空気感を生んでくれました。

ここで使ったリングピローならぬリングボードは、YURIEさんの手作りです!
カラフルで柔らかな刺繍が会場の雰囲気ともぴったりですよね。

誓いのキスの代わりに誓いのハグを♡
「なぜキスをやめてハグに?」の問いに「私たちは付き合いも長いですし…お式がグッとカジュアルでアットホーム」なものになればいいなと思ってハグにしました」とYURIEさんは答えてくれました。

後に続いたのは、挙式ギリギリに取り入れること決めたというセレモニーです。

おふたりが選んだオリーブの木(オリーブには「平和」という花言葉のようなものがあって、結婚式にはぴったり! と決定したそう)に、おふたりそれぞれのご実家の土を入れるという、家族一丸となっての共同作業

そのセレモニーを持って無事挙式は終了!
ゲストがリボンワンズで祝福する中、おふたりが退場していきます。
…と、バージンロードの途中で急に彼が立ち止まります。

そこでブーケとは違うカラフルな花束がYURIEさんに贈られたのです!
実はなんとこの日がYURIEさんのバースデー
ゲストのみんなと彼から…と大きな花束がプレゼントされました♡
会場に「おめでとう!」コールがいつまでも響く、とても温かな挙式となりました。


念願のワインサービス実現!

挙式終了後、披露パーティーが始まるまでの間に、ひとつゲストへのおもてなしを企画したおふたり。

まずは、テラスでウェルカムパーティーを開きました!
みんなが手にしているのは、ワインのインポーターである彼がセレクトして持ち込んだシードル(フランスのリンゴのお酒)です♡
ワイワイとした時間をはさんで、いよいよパーティーへと突入していきます。

ゲストのみなさんのお席をエスコートしたのはなんと、「エスコートコルク」
披露パーティーのキーアイテムであるワインが、こんな形でも登場しました。
ゲストのお名前をコルクにスタンプでペタペタしたDIY作品です。

そしてこちらがゲストのお席にセットされた席札代わりのドライフラワーボトル。
その横にちょこんと置かれたこのQRコードのカード、なんとここにアクセスすると…

YURIEさんが作ったホームページにたどり着くんです!
なんとこのホームページは、おふたりのプロフィールや写真、この日のお料理やドリンクのメニューが見られるスペシャルサイト

引き出物も郵送にするなど、とにかくゲストの荷物の負担を減らしたいとの配慮から、ペーパーレスにしようとの思いでアイテムを全てサイトに一本化しました。
なかなかマネはできませんが、グッドアイデアですよね!

そしていよいよ、パーティーがスタート!

会場そのものが可愛かったこともあり、装飾は極力シンプルになるよう、装花プランのボリュームも3段階の真ん中で設定したのだとか。

TRUNK HOTELの装花プランの選び方次第では、会場の雰囲気を全く変えることができると思いますよ」とYURIEさんは教えてくれました。

ケーキ入刀を経てお互いへのファーストバイト、そしてYURIEさんの妹さんにサンクスバイトを。

そのあとにおふたりが作った映像を流したのですが、その映像とはおふたりのプロフィール…ではなく、ゲスト紹介の映像でした。

View this post on Instagram

◎wedding movie オープニングはテラスからだったので、ムービーはなし、ゲストも2人をよく知る友人がほとんどだったので、プロフィールムービーではなくゲスト紹介ムービーを作成しました❤️😊 ムービー作りが一番大変だったかも…😭😭 . . 動画とってたら途中でワンって入っちゃいました😂🐶💕 . #wedding #trunkwedding #trunk花嫁 #marry #marryxoxo #プレ花嫁 #卒花 #卒花嫁 #卒花嫁レポ #ウェディングニュース #プロフィールムービー #オープニングムービー #花嫁diy #ハナコレストーリー #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい

A post shared by y_wedding.... (@y_wedding0918) on

ゲストがほとんどお友達だったこともあり、自分たちの紹介は省いてもいいかと思ったYURIEさんは、親族を除いたゲスト全員の写真をつないで、お名前と自分たちとの関係性を記したゲスト紹介映像を制作。
「一番大変なDIYでした…」と語ってくれた苦労の結晶です!
もちろんゲストにも大好評でしたよ♡

そして歓談の時間を取りたかったおふたりにとって、オリジナリティ溢れる歓談タイムになった演出が…

サングリアラウンドです!
おふたりが瓶を手にテーブルランド。
ゲストには席にセットしておいたドライフルーツを詰めてもらいつつ、お話もできる一石二鳥のアイデア。

最後におふたりで白ワイン(ここでもワインが登場!)を注いで完成です♡
さぁさぁ、ここからおふたりの念願のワインサーブタイムに突入します!

パーティー会場を出た、ロビーに専用スペースが登場。

TRUNK HOTEL」特製のタパスも並びます。
おしゃれでかわいい、そして美味しい! とゲストに好評だったとか。

お揃いのエプロンでおふたりが登場です♡

ワインはフランスのものをメインに、赤、白、スパークリング合わせて約9種類を彼がセレクト
披露パーティーの中でも、この時間を一番たっぷりと取ったという念願の演出です。

「彼は一生懸命サーブしてましたけど、私は友達とわちゃわちゃしてましたね(笑)」とYURIEさん。
おふたりだからこそできたこの演出は、ゲストのみなさんからも大好評! カジュアルで、とてもアットホームなパーティーにはおふたりらしさが溢れていました♡


肩肘張らずにオリジナリティ溢れるウェディングを実現させたおふたり。
実は結婚式を作り上げるにあたり、「TRUNK HOTEL」が開催しているブライダルワークショップに参加していました。

TRUNK HOTEL」では、結婚式を作り上げていくにあたって、よりお互いのことを知るためのワークショップや、おふたりで参加する木工や野菜を栽培するためのワークショップなどを多数開催しているんです。

View this post on Instagram

◎料理教室◎ 先日二人でtrunk hotelのワークショップの料理教室に参加してきましたっ🍴💕 マンツーマンのレッスンで、内容もオーダーメイドでした😆 すごーく楽しくてまた参加したいっ😍😍 . . #trunkhotel #wedding #料理教室 #オーダーメイド #結婚式 #2017夏婚 #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #プレ花嫁 #花嫁 #料理 #ウェディングニュース #5cco_girlz

A post shared by y_wedding.... (@y_wedding0918) on

YURIEさんご夫妻はお料理教室に参加。
こんな時間もとても楽しかったそう!

実際結婚式を終えたYURIEさんは「結婚式の大筋が決まったら、他の花嫁さんのインスタとかは封印したほうがいいですよ。ネットは情報量がすごいから、いつまでも迷いが出ちゃうから(笑)。やりたいことが決まったらどんどん進めていってくださいね!」とプレ花さんにアドバイスをくれました。

お気に入りの会場で、自分たちらしさを追求した結婚式を実現したおふたり♡ これからも末長くお幸せに!

▼YURIEさん夫妻が結婚式を行った会場はこちら

会場名 TRUNK HOTEL
式場ジャンル ホテル
収容人数 36人~198人
住所 東京都渋谷区神宮前5-31
この式場をチェック
ブライダルフェアを見る

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2018年1月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事