1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式レポ
  4. 【結婚式拝見】豪華なシャンデリアの下で誓う「ザ・ロイヤルダイナスティ大宮」で大人モダンウェディング

【結婚式拝見】豪華なシャンデリアの下で誓う「ザ・ロイヤルダイナスティ大宮」で大人モダンウェディング

2019.03.01

卒花さんの愛と想いが詰まった結婚式ストーリーをご紹介する人気企画【結婚式拝見】。

今回は、豪華なシャンデリアと木の温もりを感じる素敵なチャペルが人気の「THE ROYAL DYNASTY」で、大人モダンな結婚式を挙げられたちなみさんご夫婦をご紹介いたします。

仕事が忙しい中、たくさんのアイテムをDIYしたちなみさん。
それでは、どうぞご覧ください♡


出会いは専門学校♡手作りケーキで感動のプロポーズ!

おふたりの出会いは、映像関係の専門学校にて。
実習で同じグループになったことをきっかけに、すぐに仲良くなり、新郎から「一緒に散歩に行こう」など声をかけ、だんだん距離を縮めていったのだとか。
入学から3ヶ月後、新郎から電話で「付き合おう」と告白があり、おふたりの関係は、友達から恋人へと変わっていったのでした。

専門学校では寮に住んでいたおふたりは、卒業と共に、自然な流れで同棲生活がスタート。

そうして、付き合って6年目の記念日。
ちなみさんより早く仕事を終えた新郎が、自宅でケーキを焼いて、帰りを待ってくれていました♡
そのサプライズに驚くちなみさんに、さらに「結婚してください」のビッグサプライズプロポーズが!
もちろんプロポーズは大成功し、長い交際期間を経ておふたりは、ついに結婚することとなりました♡


目次に戻る

場所と雰囲気を絞って、いよいよ式場探し!

プロポーズも終え、さっそく式場探しを始めましたおふたり。
お互いの実家からのアクセスを考え、場所は埼玉・大宮エリアに設定します。

当初は可愛らしい雰囲気の結婚式に憧れていたちなみさん。
しかし、調べていくうちに、「やっぱりモダンで高級感のあるシンプルな感じが素敵!」と思い始め、その路線で式場探しを進めます。

その中で、まず初めに足を運んだのが、おふたりの舞台となる「THE ROYAL DYNASTY」でした。

チャペルは、アーチ型の天井で高さがあり、自然の光が差し込むあたたかな雰囲気。

そして、チャペルと披露宴会場には豪華なシャンデリアが飾られています。
ちなみさんの求めていた「モダンで高級感のある」雰囲気にも近く、一目惚れ
「他にも見学すれば良かったかな?」という迷いはあったそうですが、仕事の関係で揃って見学に行ける日が取れないこともあり、ここに即決しました。

おふたりのように前もって「こんな式場で結婚式を挙げたい」とイメージして見学に行けば、スムーズな会場決定ができますよ♪

それでは、おふたりの愛がたっぷり詰まった結婚式の様子をご覧ください♡


目次に戻る

周りの大きな協力で創り上げた愛情たっぷりウェディング♡

挙式前、おふたりはゲストや受付メンバーとファーストミートを行いました。
挙式のリハーサルの時間をやりくりして、どうしても取り入れたい!とプランナーさんにお願いして実現したのだそう♡
「受付をお願いした大切な友人に直接お礼が言えて良かった!」とちなみさんは話してくれました。

優しい光が差し込むちなみさんお気に入りのチャペルで挙式は始まります。
会場のシンボルでもあるシャンデリアは、写真に収めてもすごく存在感がありますよね。

挙式後には、フェザーシャワーを行いました。
しかし、「フェザーが軽かったため、思ったより舞いあがらなかった」とちなみさん。
フェザーシャワーを考えている方は、事前に舞い方をチェックして、根元に重りをつけるなど工夫してみてくださいね。

会場装花は、可愛らしいかすみ草をメインに、アジサイやグリーンをふんだんに使いました!
高砂は、ちなみさんセレクトでふんわり可愛いチュールを装飾♡

披露宴会場にも豪華なシャンデリアがあり、とっても華やかです♡
ゲスト席は、かすみ草やアジサイが映えるよう、テーブルクロスは落ち着いたグリーンを選びました。
ちなみさんが望む大人モダンな雰囲気にまとまり大満足♡

オープニングやプロフィールムービーは、DIYに挑戦!
結婚式までの100日間、毎日ボードに残りの日数を書いてカウントダウンをしていたおふたりの姿を収めました。
結婚式までの和気藹々としたおふたりの様子がゲストに伝わりますね♡

結婚式当日、動画やスチール写真は、全て新郎の会社関係のゲストが撮影してくれたのだとか。    会場を駆け巡って撮影してくれる姿が、とても嬉しかったそうです♡
知り合いだからこそ撮影できる表情やアングルばかりで、どの写真も素敵に仕上がりました!

そして、ウェディングケーキは、大好きなイチゴをたくさんトッピングして欲しいと式場にリクエスト!
ファーストバイトで「いちごは2個ね♡」とお願いする可愛いちなみさん♡

お気に入りのシャンデリアの下でファーストバイトも行いました。

おふたりがお色直しで席を外している間も、ゲストを楽しませる演出を用意!
照明を落とし、式場内で行われたのは、ゲストの目の前でメインの肉料理を仕上げるフランベのショーを行いました。
高い火柱が上がり、ゲストも大興奮!
目と舌で味わってもらえる素敵な演出となりました♡

お色直し後は、新郎がビールサーバーを背負って再入場♪
ビールを注ぎながらテーブルを回って、ゲストと盛り上がりました!
楽しそうな雰囲気が伝わってきますね♡

感動の余興は、中学校時代の友人から。
同級生や担任の先生に連絡を取り、お祝いDVDを披露してくれました。友人の想いと、懐かしい顔ぶれに号泣!

披露宴の締めは、ご両親への感謝の気持ちを込めて、ハンドメイドの置き時計と「子育て感謝状」をプレゼント
子育て感謝状には、生まれてからの日数が刻まれ、ご両親にとってこれまでの子育て人生を振り返る素敵な贈り物となりました♡

周りの皆さんからの協力がたくさんあった結婚式。
編集部もおふたりがどれだけ愛されているのか♡を感じることができました。
「家族・友人・会社関係、たくさんの協力がとても嬉しかったと♡」ちなみさん自身も話してくれました!
おふたりの素敵な人柄を感じますね♡


目次に戻る

ふたりで協力して乗り越えた!DIYアイテムの数々

結婚式に向けて、さまざまなアイテムをDIYで用意しました!
こちらはゲストから好評だったフォトプロップス
ゲストの名前を1枚ずつ切り抜くというかなりの力作!
時間も労力もかかる大変な作業でしたが、工作が好きな新郎もDIYに参加してくれました。
新郎も一緒に準備を楽しんでくれるのは嬉しいですよね♡

こちらは、布にプリントして作ったウェルカムボードお見送りボード
結婚式準備中に、かなりInstagramを活用していたちなみさん。
こちらの作り方は、Instagramで知り合った花嫁さんに教えてもらったのだそう♡

View this post on Instagram

* * 死闘を繰り広げた席札。 数種類の#世界堂 の紙を試してみて、一番付きが良さそうだったのは#ケンラン だったかな? でもケンランは私が欲しかった深めの青がなかったので、ケンランほど付きは良くないけど好みの色がある#新星物語 のインディゴにしました!(本当は#ミタント か#羊皮紙 が良かった…) 結局めちゃくちゃキレイには付かなくて、どこかしらちょび付きのような箇所が… 写真はすっごくキレイに付いたやつです😂これで😂 アイロンの温度も幅があり、さっきまで付きが良かったのに急に付きが悪くなったり… 付きが悪いな~と思って温度を少し上げて、トナーをまるっと#スタンピングリーフ に持っていかれてしまったり😂😂 あとは文字の上をめちゃくちゃ擦りました! 擦りすぎるとこれもトナー以外の場所についてしまったりするのですが…😵🌀 * * 席札自体の印刷は#キンコーズ にて💡つるつる面に印刷して下さいとお店の人には頼みました! カラーのプリンターよりモノクロのプリンターの方が付きやすいかも? まぁ、お値段も安いですしね! * * 裏面はクラフト紙に#東急ハンズ で購入した#スタンプ だけ押したシンプルデザインに。ゲストへのメッセージ書きました✏️🙌❤️ 結局、手作り感溢れる席札になってしまいました(笑) * * #プレ花嫁 #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #ちーむ0702 #2017夏婚 #埼玉花嫁 #novarese #ザロイヤルダイナスティ #ノバレーゼ #席札手作り #花嫁diy #marry花嫁

A post shared by ちなっちゃん。 (@chi___wd) on

最も苦戦したのは、この席札作り。
どうしても席札に箔押しを使いたく、DIYすることに。
使用したのは、「スタンピングリーフ」というアイテム。

コピーした図案の上に置いてアイロンをかけると、インクの上に金箔が転写されるという優れものです。
ただ、印刷する紙との相性などもあり、なかなか綺麗に金箔がつかず、完成するまでかなり苦戦したのだそう。
おふたりの試行錯誤の甲斐もあり、会場のシャンデリアの下、キラキラ輝く美しい席札がテーブルを飾りました♡

こちらのプロフィールブックは、グラフィティ&フォント素材集「NEW YORK DESIGN BOOK」を使用してDIYしました!
手作りとは思えないおしゃれな出来栄え♪

表紙のおふたりの似顔絵は、Instagramのハッシュタグ「#しめじイラスト」で大人気のイラスト作家・SHIMEJIさんに依頼♡
柔らかな雰囲気がとても可愛らしいイラストですよね!
ちなみさんが選んだ素材集の雰囲気にもマッチし、とてもおしゃれなプロフィールブックに仕上がりました。

こちらは、用紙におふたりのイラストとフレームを印刷して、アジサイの造花をハトメで止めたサンキュータグです。
アジサイの造花は、セリアとダイソーで買ったものだそう。
100均とは思えないクオリティですよね♡
今や100均は、ウェディングのDIYに欠かせませんね!

衣装にもDIYアイテムを♪
ふんわり可愛いリボンは、チュールを大きなリボン型にまとめて、カチューシャに巻きつけて作りました。
ふんわり可愛らしいウェディングドレスにピッタリですね♡

そして、ちなみさんのお母さまもDIYに挑戦!

披露宴の入場で手にしていた青いブーケとリストブーケ、そして、淡いグレーのカラードレスに映える、真っ赤なブーケ・ヘッドドレス・新郎のブートニアを全て手作りしてくれました。

ブーケ作りの経験がなかったお母さま。
結婚式を迎えるちなみさんのために「何か作ってプレゼントしたい」と、教室を探して、作り方を学んできてくれたのだとか。お母さまの愛情を感じるとても素敵なエピソードですよね♡


仕事の時間帯が不規則で、とても忙しいおふたり。
取材時にも、「よくこれだけたくさんのアイテムをDIYできましたね!」と思わず言ってしまうほど、準備を頑張っていました♡
新郎の大きな協力もあり、ちなみさんがやりたいことをとことんやって、楽しみながら準備できたので、とても達成感があったようです。

「スケジュールに追われて大変そう!」というイメージが強い結婚式準備ですが、パートナーや周りを巻き込んで、とことん楽しんでいきましょうね!
是非、参考にしてみてください♡


目次に戻る

この結婚式が行われた会場はこちら

会場名 THE ROYAL DYNASTY
式場ジャンル ゲストハウス
収容人数 5人~140人
定休日 祝日を除く火・水曜日
受付時間 平日11:00~19:00、土日祝10:00~20:00(予約次第で20時以降来館も可)
住所 埼玉県さいたま市大宮区東町1-61
この式場をチェック
ブライダルフェアを見る


《会場装飾 関連記事》

《演出 関連記事》

《DIYアイテム 関連記事》

※ 2017年12月 時点の情報を元に構成しています