【プチプラDIY】100均だけでイニシャルオブジェをかわいく♪

みんなのウェディング編集部 大石蘭
最終更新日 2019.04.02
【プチプラDIY】100均だけでイニシャルオブジェをかわいく♪

自分だけの花嫁DIYに憧れるプレ花嫁さんは多いはず♡
前撮りやハネムーン、結婚式本番や、プチギフト…自分らしいアイテムを手作りできたら、新郎新婦もゲストもさらに楽しめそうですよね♪

この連載では、定番のものからトレンドのものまで、ウェディングに欠かせないさまざまなアイテムのDIYをご紹介します。
DIYに挑戦してみたいプレ花嫁さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね♡


今回は「イニシャルオブジェ」♡

ウェルカムスペースの定番アイテム・イニシャルオブジェ
新郎新婦の下の名前のイニシャルの形をした木のオブジェを飾るのが定番です。

新郎新婦をモチーフにしたものも人気です♪
定番デザインも、色を変えるとまた違ったかわいさに♡
モスとお花を飾ったボタニカルな雰囲気に仕上げるのも素敵♡


全体にたっぷりお花を飾り付けるとゴージャスに仕上がりますね♡

シンプルなままでもアリだし、デコレーションのアイデアもどこまでも広がるイニシャルオブジェ♪
今回は、簡単&かわいくオリジナリティが出せるイニシャルオブジェを、100均の素材だけで作ってみました!


早速作ってみた!イニシャルオブジェの作り方

材料

100均で買ったもの

  • 木のイニシャルオブジェ 2人分
  • フォトフレーム
  • アクリル絵の具 白、青、赤
  • 紙粘土
  • 抜き型 ハート、フラワー
  • ネイル用の押し花、パールなどの飾り
  • リボン、レース 3種類ほど

総額:約1400円+税~

前回作ったマカロンタワーの残りの粘土、パール、リボンを使えばさらに節約に!
ぜひ一緒に作ってみてくださいね♪

その他、用意するもの

  • ボンド

※100均で手に入ります!

粘土でハートやお花などのパーツを作る

粘土は乾かす時間がかかるので、先に作っておくと◎
まず、粘土に赤い絵の具を少しずつ混ぜていきます。
お好みのピンク色になったら、伸ばします。

抜き型でハート形やフラワー形に抜きます。
ピンクに青の絵の具を少し混ぜたパープルの粘土でも同じように作りました。
飾りたい分だけ作ったら、乾かしておきます。

イニシャルオブジェをペイントする

白いアクリル絵の具に少し赤を混ぜたピンク色、少し青を混ぜた水色で、イニシャルオブジェをペイントします。
Rだけ塗った状態だとこんな感じ。白のままよりもかわいくなりました!

2つのオブジェを塗ったら、乾かしておきます。

フレームをリボンでデコレーションする

粘土のパーツとオブジェを乾かしている間に、フレームを作ります。
フレームの中の台紙に、数種類のリボンをボーダー状にボンドで貼ります。

上からレースも貼り付けて、乾かします。

フレームに入れるとこんな感じです。

粘土のパーツをオブジェに飾り付けます。

パーツとペイントが乾いたら、オブジェのお好みの位置にパーツを飾ります。
パールとドライフラワーとリボンも散りばめました。

フレームと一緒に飾ると、そのまま置くよりも目立つこと間違いなし♡

※マカロンは前回のマカロンタワーの要領で作ったもの!簡単にできるのでぜひ作ってみてください♪


フォトジェニックな装飾アイテム♡

今回はすべて100均アイテムでイニシャルオブジェを作ってみました♪
ペイントするだけで一気にオリジナル感が出るので、アクリル絵の具は使えるアイテムです♡
また、紙粘土はアイデア次第でどんな形も作れそうな、無限の可能性を秘めた素材♪  おふたりの好きな色や、好きなモチーフを散りばめるのもおすすめです♡ 自由に楽しみながら作ってみてくださいね♪


次回もプチプラで大人かわいいDIYを実際に作りながらご紹介します♡
お楽しみに♪

みんなのウェディング相談デスク

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2017年10月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事