1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式レポ
  4. 人生で一番幸せな日♪お花とDIYで彩られた本気のガーデンウェディング

人生で一番幸せな日♪お花とDIYで彩られた本気のガーデンウェディング

2020.01.20

大人気企画の【結婚式レポ】♪
結婚式は人生の一大イベント。

今回ご紹介する茅奈さんご夫妻は、「春の外国風ウェディング」をテーマに、細部まで徹底的にこだわり抜いた本気の結婚式をつくり上げました。

開放感のあるガーデンにディティールにまで凝ったDIY、一つ一つ指示を出したお花の飾り付けなど、式に込められた茅奈さんの熱意とエピソードを伺いました。
これから結婚式を行うすべてのカップルに捧げたい、感動のウェディングストーリーです!


2度目の告白で晴れてカップルに♡

結婚式の新郎新婦

同じ会社の先輩・後輩の関係だった茅奈さん夫妻。
出会った当初、茅奈さんは彼のことを「生意気な後輩」だと思っていたのだとか。
それから仕事を通じて徐々に仲が深まり、彼から「付き合ってほしい」と告白を受けます。
ですが、茅奈さんは彼の告白を冗談だと思い、「今度、京都に一人旅をするんだけど来る?」と軽く茶化したそう。

すると、彼から「行きます」と返事があり、なんと実際に京都に現れたのです!
まさか本当に来ると思わなかった茅奈さんは驚きつつも、交際の申し込みを丁重にお断り。

それから1年半の時が経ち、おふたりは再びプロジェクトを組むことに。
気まずい思いを払拭しようと食事に行って交流するなかで、お互いに惹かれ合い「付き合いましょうか」という流れになります。
そのとき彼から「もう一度、京都に行ってください」とお願いされ、京都で2度目の告白をされたそう。
彼の深い愛情が伝わる、ピュアなラブストーリーですよね♡


目次に戻る

ガーデンとDIY小物が主役!春の外国風ウェディング

アニヴェルセル豊洲の結婚式

茅奈さんがどうしても譲れなかったもの。
それが「豪華なチャペルとDIYアイテムが飾れる芝のガーデン」でした。
気になる会場にはすべて足を運び、選んだのが「アニヴェルセル豊洲」。
何よりも「自由に飾り付けができる広々としたガーデン」が決め手になったそう♪

アニヴェルセル豊洲

庭に置かれた大きなテーブルにお花が無造作に飾られている、イギリスやフランスの田舎町の風景をイメージしたというガーデン。
手作りのガーランドをはじめ、ビビットな飾り付けがキュートですよね!

アニヴェルセル豊洲のガーデン

レッド、ピンク、イエローなどの小物とグリーンの背景に、真っ白なウェディングドレスがよく映えています。

アニヴェルセル豊洲のウェディングアイテム

もちろん、場内の装飾にも一切妥協なし!

アニヴェルセル豊洲のテーブル

お花とグリーンで着飾った鳥かごをはじめ、思わずインスタにUPしたくなるような乙女心をくすぐるアイテムばかり。

アニヴェルセル豊洲のウェルカムアイテム

注目すべきは、ウェルカムボードの代わりに製作したという「ミニチュアハウス」
半年ほどかかってシルバニアファミリーハウスを改造したそうですが、すごすぎませんか!?これ!

かたわらに飾ったツリーも、茅奈さんの手作り。
ゲストたちがメッセージを書いて木の枝に結びつけることで、リンゴの木が完成するという素敵な仕掛けになっています。

まるで夢の国に迷い込んだかのような雰囲気♪
もちろん、ゲストたちからも「かわいい!」とお褒めの言葉をたくさんいただいたのだとか。

アニヴェルセル豊洲の高砂

華やかさを演出するお花も、茅奈さんがすべてセレクト。
お花にくわしいプランナーさんを付けてもらい、1本1本、何をどこに飾るのかを書いた指示書をつくったほどのこだわりっぷり。
存在感のある芍薬(シャクヤク)が、とっても素敵です!!


目次に戻る

こだわりに脱帽!茅奈さんの本気が伝わるアイテムの数々

アニヴェルセル豊洲のプロフィールブック

そして、もう一つ編集部がクオリティーの高さに脱帽したのが、30Pに渡るプロフィールブック
心の距離が近づいていく様子を記した、おふたりの馴れ初めグラフもゲストにとっては興味深いはず。

アニヴェルセル豊洲のプロフィールブック

仕事でPhotoshopを扱っているとはいえ、このデザインセンスにはお見それしました!

一眼レフのカメラを購入し、この日のゲストが全員載るように写真素材を集めたそう。
見どころ満載で、飽きない構成はさすが!

「招待状」も茅奈さんの思い入れが強いアイテム。
なんと四角い角を丸くするために、すべて手作業でパンチングしたのだとか!
腱鞘炎になりながらも、およそ8,000回パンチングして1人で仕上げた招待状は、最強のかわいさ♡

ドレスは50着ほど試着し、ロングトレーンに差し替えたウェディングドレスをセレクト。
チャペルにマッチした豪華なドレスは、ため息が出るほどロマンチック♪

アニヴェルセル豊洲のカラードレス

お色直しのカラードレスはピンクと最後まで迷いつつ、ブーケが映えるミントグリーンに。
茅奈さんの美しさをさらに引き上げてくれる、最高の2着ですよね♪


目次に戻る

ストーリー性を演出した、こだわりの「ムービー」

アニヴェルセル豊洲の新郎新婦

DIYだけでも十分凝った演出ですが、それだけでは終わらないのが「本気ウェディング」。
茅奈さんが昔から憧れていたムービー制作にもチャレンジしました。

オープニングムービーは、ドールハウスからおふたりが庭に出て、まさにこれからパーティーが始まるという内容。

エンディングでは、入り口でゲストたちにメッセージを書いてもらったリンゴの木が完成する様子をコマ送りで。

結婚式のプチギフト

ラストではリンゴの実がなって、ゲストに配ったプチギフトと映像をリンクさせるという、練りに練ったストーリー構成。
斬新すぎるアイディアに、ただただ驚くばかりでした。


目次に戻る

新郎新婦がお互いに贈った「サプライズムービー」で感涙!

今回の式でもっとも盛り上がった演出が、新郎からの「サプライズムービー」でした。
映像制作の仕事をしている彼と、取引先の方々の力作で、会場が本気でざわついたほど。

サプライズ1つ目は、茅奈さんが大好きだというビッグアーティストからの「おめでとう」メッセージ!
ビッグすぎてお名前をお伝えできないのですが、仕事つながりのツテを使って、どうにか入手したのだとか。

サプライズ2つ目は、こちらも茅奈さんが大ファンだという、アニメの声優さんからのメッセージ。

アニヴェルセル豊洲のムービー

式の前日に彼が徹夜で編集したというそのムービーを見た茅奈さんは、思わず感涙!
忘れられないサプライズになったのでした。

一方、茅奈さんも彼へのギフトとしてサプライズを用意していました。

彼の知らないところで義母と連絡をとり、彼が幼い頃に亡くなったおじいさんの映像と音声を入手。
(彼の両親が結婚したときにおじいさんがスピーチをした音声だそう!)
これから新たな船出を迎える彼へのメッセージになるよう編集し、二次会で流しました。

アニヴェルセル豊洲の披露宴

茅奈さんの思惑通り、彼も感激のあまり涙。
親子三代にわたる絆を再確認できた瞬間でもあったそう。

アニヴェルセル豊洲の新郎新婦

結婚式を終えて茅奈さんに「どうだった?」とコメントを求めた新郎。
茅奈さんは「人生で一番幸せな日だった」と答えました。
その瞬間、彼は満面の笑み。
「その一言を言わせたかったんだよ!」
彼のあふれる愛に、思わず編集部もキュンとなったエピソードでした♡


目次に戻る

ポーズの指示書で大成功!「前撮り」と「後撮り」

結婚式の和装前撮り

「結婚式の定番をすべて押さえたい!」
茅奈さんのそんな思いから、前撮りは「和装」
おふたりの思い出の場所である京都で撮影しました。

和装でのロケーション撮影専門の「古都photo」に依頼し、京都歴史景観地区に指定されている新門前通で100枚ほど撮影。

美男美女のおふたりは、とっても絵になりますよね♡

後撮りは、誰もが憧れる「ハワイ」!
なんと、茅奈さんは金髪ヘアーで臨みました(ウィッグではなく地毛を染めたそう!)

後撮りでは希望のポーズを20個ほど記した「ポーズの指示書」を作成。
カメラマンさんの立ち位置まで指示しながら、思い通りのポーズで撮影しました。

これから前撮り・後撮りをする方は、この指示書を作っておくと後悔なく撮影できるはず!

念願のハワイ・シアターでもパシャリ♪
なんだかうっとりしちゃいますね~♡


目次に戻る

「2週間で世界一周」、アイディアが光る新婚旅行

茅奈さんご夫妻が注力したのは、結婚式だけではありませんでした。
当初は「新婚旅行は国内の温泉で」と思っていたものの、「せっかくなら企画めいた旅がしたい」という彼の一言に茅奈さんが奮起。

パワーポイントを使って複数の旅のプレゼン資料を作り、そのなかから彼が選んだのが「2週間の弾丸世界一周ツアー」でした。

新婚旅行

フィンランド(ヘルシンキ)・イタリア(ローマ・フィレンツェ、ベネチア、ミラノ)・ニューヨーク・ハワイという経路で世界一周。

クリスマスをサンタの国とバチカンで、カウントダウンをニューヨークで、お正月をハワイで過ごす。
文句なしの素敵なプランですよね。

茅奈さんのアイディアが光ったのが、ハワイでタイムカプセルを埋めたこと。

将来子供ができたら、人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の登場人物になりきって「この世のすべてをそこに置いてきた」と言って、宝の地図を渡そうと考えているそうです。
夢があって、聞いているだけでもワクワクしませんか?


目次に戻る

誰のため?何のため?ふたりでゴールを決めておけば迷わない

結婚式の新郎新婦

最後にこれから結婚式を挙げるカップルに向けて、アドバイスをいただきました。
さすが本気のウェディングを経験しただけあり、的をついたお話でどんな人にも役立つはず。

結婚式でもめてしまうのは、「意思疎通」がしっかりできていないことが一番の原因だそう。
その原因をなくすために茅奈さんは、彼との話し合いにじっくりと時間をかけました。

・誰のために、何のために結婚式をするのか
・結婚式を通じて、自分たちが周囲からどのように思われたいのか

そんな本質的なところを資料にまとめて、彼と腰を据えて話し合ったそう。

アニヴェルセル豊洲の新郎新婦

「かわいくなりたい、キレイになりたい」という気持ちは花嫁さんが共通で持っている気持ち。
でも、「かわいいってどういうことだろう?愛されること?ただ外見をかわいく見せるだけではダメなのではないか」などと、思いを巡らせ、茅奈さんなりの花嫁像、おふたりならではのウェディングを完成させたと話してくれました。

最終的に彼から「本当に本気でやりたいことなら、日本一を目指すくらいでないと!」 との言葉をもらい、「ゲストのために泥臭く必死に企画することで、周囲にこの日だけは主役になることを許してもらおう」と、結婚式を作る過程もすべて見せることにしたそうです。
(彼は人一倍本気になって物事に取り組む茅奈さんに惚れたのだとか♡)

編集部は茅奈さんに心からの拍手を送りたくなりました!

絶対に後悔しない本気ウェディングを望む方、ぜひ参考にされてはいかがでしょうか?


目次に戻る

この結婚式が行われた会場はこちら

会場名 アニヴェルセル 豊洲
式場ジャンル ゲストハウス
収容人数 30人~128人
住所 東京都江東区豊洲2-1-7


《会場装飾 関連記事》

《ウェディングアイテム 関連記事》

《撮影指示書 関連記事》

《結婚式レポ 関連記事》

※ 2017年3月 時点の情報を元に構成しています