【結婚式拝見】「可愛い」が詰まった♪パステルカラーのイマドキ和婚!

みんなのウェディング編集部 YJ
最終更新日 2017.11.16
【結婚式拝見】「可愛い」が詰まった♪パステルカラーのイマドキ和婚!

大人気企画【結婚式拝見】♪
素敵な卒花さんたちの結婚式実例って本当に参考になりますよね。

今回は大好きなパステルカラーをふんだんに使って、イマドキの素敵な和婚を挙げられたmidoriさんご夫妻をご紹介します♡


高校の先輩・後輩から結婚へ!

おふたりの出会いは高校生の頃。同じ部活の先輩と後輩という関係でした。
当時midoriさんは「かっこいい先輩だな」とは思っていたものの、特に恋愛関係には発展せず。
そのまま卒業を迎え、一旦ふたりは別々の道を歩みだします。

その後SNSで偶然再会したのをきっかけに、ふたりで出かけるようになり、ついに彼から告白!
何だかこれだけでもドラマのようでロマンティックですが、実は彼からのプロポーズも、その告白と同じ場所でのサプライズ!
とっても素敵で憧れちゃいますね♡


ふたりが和婚を選んだ理由

おふたりが今回会場に選ばれたのは、「関東のお伊勢さま」と親しまれ、創建150年の歴史を誇る「伊勢山皇大神宮」。
そして、横浜の街を見晴らす丘に佇むゲストハウス「伊勢山ヒルズ」。

元々七五三や、初詣などで訪れたことのあった「伊勢山皇大神宮」。
ふたりにとって馴染みがあり、また将来はまた家族で訪れたりすることもできるかも…!という思いで、神前式スタイルでの和婚を選ばれました。

加えて旦那様には「チャペル式は新郎が先に一人で入場するから、緊張してしまう!」という気持ちもあったんだそう。
確かに、新郎にとっては中々プレッシャーなのかもしれませんね!

一方のmidoriさんはウェディングドレスも着たいという希望があったため、披露宴会場はガーデン付きの洋風な会場をチョイス。
和婚+ゲストハウスでの披露宴、果たしてどのような結婚式になったのでしょうか…♡


イマドキ和婚のアイテム選び!

midoriさんが挙式に選んだのは、色打掛。
披露宴でウェディングドレスを着ることを決めていたため、白無垢ではなく、あえて色打掛をチョイスしました。

白地にカラフルな花が描かれた豪華な色打掛は、インパクト抜群!
神前式、そして着物という日本古来の良さを活かしながら、現代風の趣を感じるコーディネートです。

また、着物に合わせてヘアスタイルは洋髪にセット。
ふんわりとお団子にしたヘアスタイルはきちんと感がありながら、とってもスイートなイメージ。
さらに、一際存在感を放つボリュームのあるヘアアクセサリーは、midoriさんの手作りというから驚きです♪
パステルカラーの柔らかい色味が、着物の柄とも絶妙にマッチ!これは参考にしたいアイデアですね♡

同じくDIYしたボールブーケも、コンセプトを合わせて。
ヘアアクセと共に、midoriさんのお母様が通われるスクールの先生のアドバイスの元、カラーリングなどにこだわって作成をしたそうです。

式で使用するリングピローもご覧の通りの統一感。
こちらはお母様の手作りなんだそう。
和婚のリングピローというと、コテコテの和風デザイン!というものが多い中、イマドキのスタイルにも合わせられるデザインにされているのはさすがです。

神前式は滞りなく進行。

巫女の舞も行われる本格的な挙式となりました。

当日は雨模様だったものの、midoriさんたちが挙式を行った午後にはご覧の通り!すっかり雨は止み、花嫁行列や退場も清々しい空気の中行うことができました。


「家族の繋がり」を大事にした披露宴

挙式後は「伊勢山ヒルズ」に移動して披露宴。挙式は親族のみで行ったため、友人へのお披露目も兼ねて、色打掛で登場を行いました。

この入場ではなんと、新郎の伯母様が詩吟を披露!この演出にはゲストも驚き。
和装にぴったりの唯一無二の入場シーンとなりました。

乾杯も和のイメージで鏡開き&日本酒で。
会場の「よいしょ!」の掛け声と共に、見事に開きました♡

midoriさん夫妻の結婚式のテーマは「皆への感謝」
今回余興などの時間は設けず、ゲストがゆっくりと料理を楽しめるように、またゲストとの時間がゆっくりと取れるようにプログラムを組みました。
その中でも、こだわった演出が「家族」との絆を感じさせるもの。

お色直し退場では、新郎はお母様、弟さん、そして妹さんのエスコートで。
midoriさんは大好きな祖父母をサプライズで指名しました。
突然のエスコート役の指名に、皆さん驚きつつも、とっても嬉しそう♡こう言ったシーンはゲストも見ていて心がほっこりしてしまいますね。

ウェディングドレスに着替えての再入場は、新郎…とではなく、なんとお父様と!
挙式が神前式だったため、父親とバージンロードを歩くことができなかったmidoriさん。
そこでこの入場の場で父親をエスコート役に指名したのでした。
目立ちたがり屋だというお父様は自信満々の表情!大事な娘さんのエスコート役はとっても嬉しかったのでしょう。
自然に素敵な笑みがこぼれます。

さらに会場を驚かせたのは、再入場の際のBGM。
音大に通う新婦の妹さんが、生歌でのオペラを披露したのです。
「CDかと思った!」「迫力がすごかった!」とゲストからも大好評でした。

その後お母様からも、ブーケを手渡してもらい、まさに家族全員で行う退場&入場シーンとなりました。


和婚でもドレスを着たい!を実現

お色直しでご紹介したように、今回midoriさんは披露宴で念願のウェディングドレスも着用♪
和→洋へのチェンジは珍しいので、ゲストにとっても、驚きがあって素敵ですよね!

髪型も、ドレスに合わせて印象をチェンジ。
大人っぽく、すっきりとまとめあげました。

また、披露宴後の二次会ではカラードレス姿に♡
髪型もダウンスタイルでカジュアルに変身しています。
着物もウェディングドレスもカラードレスも着たい!選べない!という花嫁さんも多いはず。

そんな時はこのように場面を変えて楽しむのがおすすめ。
小物や花嫁ヘアの選び甲斐もあって楽しいこと間違いなし!です。
ちなみにmidoriさんの素敵なカラードレスは、妹さんの舞台衣装なんだそう♡


日本古来の和婚での結婚式ながら、現代風のデザインの着物や洋髪を織り交ぜたスタイルで、イマドキ感も演出したmidoriさん夫妻の結婚式いかがでしたか?
「パステルカラーが好き!」とだけあって、披露宴会場の装飾もとっても可愛くデコレーションされていました♡

着物も着たいけど、和婚はなんだか敷居が高いイメージ…。
日本髪は似合いそうにない…。ドレスも着たいし…。
なんて悩んでいる花嫁さんにはとても参考になったのではないでしょうか?

結婚式は十人十色、百人百色!
皆さんならではの、素敵なプランを描いてみてくださいね♪

▼midoriさんが挙式をした会場はこちら

会場名 伊勢山皇大神宮
式場ジャンル 神社・仏閣
収容人数 2人~150人
定休日 火曜日
受付時間 【お打合せサロン(ウエディングネットアカデミー)】 10:00~18:00
住所 神奈川県横浜市西区宮崎町64
この式場をチェック
ブライダルフェアを見る

▼midoriさんがを披露宴をした会場はこちら

会場名 伊勢山ヒルズ
式場ジャンル ゲストハウス
収容人数 2人~250人
定休日 月・火曜定休(※祝祭日除く)
受付時間 平日12:00~20:00、土日・祝8:30~21:00
住所 神奈川県横浜市西区宮崎町58-3
この式場をチェック
ブライダルフェアを見る

関連する記事