1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 生活・家事・ライフスタイル
  4. 「結婚まだなの?」「いい人いないの?」…ってもう放っておいて!!結婚を急かす親とうまく付き合うコツ

「結婚まだなの?」「いい人いないの?」…ってもう放っておいて!!結婚を急かす親とうまく付き合うコツ

2021.07.28

結婚はしなければならないものではありませんし、今の世の中、結婚するという選択肢もしないという選択肢もどちらも尊重されるべき。
でも、親世代ではまだまだ「結婚はするのが当たり前」と思っている方も多く、親に顔を合わせれば「結婚しないの?」「いい人いないの?」と言われて困っている方もいるのではないでしょうか。

それが面倒で、親と向かい合ってじっくり会話をするのを避けていたり、電話や帰省の頻度が少なくなってしまっている人も多いかもしれませんね。

今回は、「結婚を急かす親」と上手に向き合うコツをご紹介してまいります。


「私の人生だから」とキッパリ宣言する

結婚を急かす度合いにもよりますが、顔を合わせるたびに「結婚しないの?」と言ってこられると、さすがに我慢の限界でしょう。
本人からしてみれば、まったく悩まず今の状態なっているわけではありません。

彼がいる人も、きっと話し合ったうえで、まだタイミングではないという結論に至っているからこそ、深い事情を知らないまま、あれこれと水をさしてくる両親に対してストレスを感じているはず…。

そのまま感情が爆発する前に、もしまたいつものように「まだ結婚しないの?」と言われたら、大声で「私の人生だから」とキッパリ宣言しましょう。

たしかに今までは両親に守ってもらいながら育ててもらいましたが、だからといって両親の期待している通りに人生を歩む必要はありません。
そのことを両親に理解させるためにも、はっきりと自分の意思を伝えましょう。


仕事を頑張っていることをこまめに報告する

結婚や出産は、自分のためであり、親孝行のためにすることではありません。
また「親を安心させてあげたい」「親孝行してあげたい」と思っても、タイミングの問題もあって、自分の好きなタイミングでは物事を進められるものでもありません。

結婚を急かしてくる両親には、仕事や趣味で頑張っていることをこまめに報告して、たとえ今いい人がいなくても元気で過ごしていることをお知らせしてあげて。
きっと自分らしく日々過ごしている様子をみせれば、理解ある両親なら、それ以上は何も言ってこないでしょう。
いずれは結婚したいけど、今は今で十分楽しいよと言ってあげれば、両親も安心できるはず…。


彼がいる人は、とりあえずご挨拶を

結婚していない女性の中には彼氏がいるけど、しばらく様子をみてから結婚したいと思っている人や、いろいろな事情を考慮したうえで結婚をしないという選択肢を選んでいる人もいたりと、それぞれ事情を抱えているものですよね。

彼がいるからこそ、きっと両親も余計に結婚への期待が大きくなるでしょう。
今の彼と正式に結婚すると決まっていなくても、とりあえず側にいる人を紹介しておけば、少しは安心してもらえるかも。

彼との将来を真剣に考えているなら、とりあえず一度、挨拶する機会を設けてみては?


結婚についてしつこく質問されると、いくら家族とはいえ、うっとうしく感じてしまいますよね。 でも、それは娘のことをそれだけ心配している気持ちの表れです。
冷たく返してしまう前に、自分の気持ちを伝えておくと、両親も少しはホッとするかも!?

また、結婚を希望しているなら、それを両親に伝え「婚活をがんばっている」ということを宣言しておきましょう!がんばっている娘に対して、両親は陰ながら応援してくれると思いますよ♡

※ 2021年7月 時点の情報を元に構成しています