1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式お呼ばれ服装<男性ゲスト>NGなスーツ&アイテム

結婚式お呼ばれ服装<男性ゲスト>NGなスーツ&アイテム

2020.01.08

男性は結婚式にお呼ばれした時、黒のスーツを着ていく人が多いですよね。 しかし、スーツさえ着ていればOKという訳ではありません。

スーツや靴、シャツやネクタイにもルールがあるため、マナーを確認しておきましょう。

今回は、結婚式お呼ばれ服のNGコーディネートとアイテムをご紹介します。


1.着用NGのスーツ

ビジネススーツ

男性が友人や同僚として結婚式に参加する場合、黒や紺、グレーなどの略礼服での出席が基本。
普段仕事で着ているくたびれたスーツや、リクルートスーツはふさわしくありません。
結婚式用にスーツを購入しましょう。

カラースーツ

結婚式は黒・紺・グレーなどのダークな色を選ぶのがマナー。
白やピンクなど、明るい色は派手すぎるためふさわしくありません。


2.着用NGのシャツ

黒シャツ

挙式や披露宴などフォーマル度の高い結婚式では、シャツは「白」が基本。黒シャツは暗く重いイメージになるため、避けた方が無難でしょう。

柄シャツ・色シャツ

二次会などカジュアルなパーティーではOKですが、フォーマル度の高い結婚式ではNG。
ピンクや黄色などの派手色や、チェックなどの柄シャツは避けるようにしましょう。


3.着用NGなネクタイ

黒やアニマル柄のネクタイ

日本では黒いネクタイは弔事用とされています。
縁起が悪くマナー違反となるため、白やシルバー、グレーなど明るい色のネクタイを選びましょう。

ヒョウ柄やゼブラ柄などのアニマル柄は、殺生をイメージさせるのでNG。
華やかに見えますが結婚式には着けていかないようにしましょう。


4.着用NGな靴

ヘビ革などアニマル柄の靴

ヘビやワニといった素材のものもアニマル柄同様、殺生をイメージさせるのでNG。
フォーマル度の高い結婚式ではプレーンな黒革靴を履いていきましょう。

ブーツ

雨や雪の日はつい履きたくなってしまうブーツですが、結婚式ではカジュアルすぎるのでタブーです。
また、履き潰した仕事用の革靴なども避けましょう。

メダリオンのある靴

メダリオンとは革靴に開けられた飾り穴のこと。
メダリオンがないプレーンなものがフォーマル度が高いとされているため、出来るだけ飾り穴がないものを選びましょう。


5.着用NGな靴下

白い靴下

結婚式で着るダークスーツに合わせるのは黒の靴下が基本。
白い靴下はカッコ悪く見えますし、マナー違反となりますので避けましょう。

柄靴下

カジュアルなパーティーでおしゃれとして柄靴下を取り入れるのはOK。
しかし、フォーマル度の高い挙式や披露宴に出席する時は、派手な柄靴下はカジュアルな印象を与えるので避けましょう。

スニーカーソックス

スニーカーソックスは丈が短く、素足のように見えてしまうのでNG。
靴下の丈はふくらはぎあたりまでの長さがいいでしょう。

素足

おしゃれとして素足に革靴というファッションもありますが、結婚式ではNG。
黒の靴下を履いていきましょう。


6.着用NGのバッグ

ビジネスバッグ

結婚式で鞄を持っていく男性は少ないようですが、仕事で使っているような大きなバッグはカジュアルなので結婚式にはふさわしくありません。
もし持っていくとしたら小さなクラッチバッグを持っていきましょう。


いかがでしたか?スーツさえ着ておけばOK!と思いがちですが、意外と細かいルールがたくさん。
しっかりマナーを守って出席しましょう♪


<「男性ゲスト服装」関連記事>

結婚式<男性ゲスト向け>スーツやネクタイなど服装マナー

スーツのプロに聞く!<結婚式初心者・男性ゲスト向け>お呼ばれ服装マナー

スーツのプロに聞く!<結婚式男性ゲスト向け>お呼ばれ服装コーデのコツ♪

結婚式お呼ばれ服装<男性向け>スーツ&ベストデザインまとめ

男性ゲスト向け!結婚式二次会の服装コーディネートまとめ

結婚式のお呼ばれ服装<男性ゲスト向け>グレー系スーツの大人コーデ

お呼ばれ男性ゲスト向け! 結婚式の靴のマナー

結婚式から二次会まで!男性ゲストにおすすめの「蝶ネクタイ」コーデまとめ

※ 2016年2月 時点の情報を元に構成しています