1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 生活・家事・ライフスタイル
  4. 顔だけでは不十分!髪にもUV対策が必要って知ってた!? 

顔だけでは不十分!髪にもUV対策が必要って知ってた!? 

2020.01.31

顔や体の紫外線対策は万全でも、“髪”のことを忘れていませんか?
体のどこの部位よりも紫外線を受けやすく、リカバーするのが難しいのが髪&頭皮。
日差しに負けない美髪を守りましょう!


髪が受ける紫外線は、顔のなんと5倍!

日差しを浴びると「眩しい!」とか「顔が熱い」とか、感じますよね。
でも、「頭がチリチリ熱い!」とは、なかなか感じないもの。
“感じない”から、“何もしなくても大丈夫”ではありません。
顔や体より、太陽の光を真っ先に受けるのが髪と頭皮
その紫外線量は顔の2~5倍と言われています。
紫外線は髪の主成分、タンパク質を分解。
すると髪の表面をウロコのように覆っているキューティクルがどんどんはがれ落ち、枝毛や切れ毛になってしまうのです。
肌の場合、紫外線を浴びてダメージを受けるとシミになりますが、肌は新陳代謝を繰り返しているので、少しずつシミは薄くなり、やがて消えていくもの。
ところが髪の場合、頭皮から先の部分は、すでに死んでいる細胞。
ダメージを受けると、もう自力では回復することができないのです。
しかも、紫外線は髪だけでなく、頭皮も直撃。
シミをつくるだけでなく、健康な髪づくりに欠かせない養分が行きわたるのを邪魔したり、毛根に作用したりして、コシもツヤもない髪しか生えないほど、悪影響を与えます。
今ある髪にコシとツヤを取り戻し、健やかな髪を生やすには、紫外線をきっちり防ぐケアが必要なのです。


日傘、帽子のほかにUVスプレーを活用して!

日焼け止めを塗ろうにも、乳液やジェルタイプでは髪がビショビショに。
そこで活用したいのがUVカットスプレー
髪だけでなく、頭皮にもまんべんなく吹き付けて紫外線が当たらないようにしましょう。

紫外線を浴びると頭皮は乾燥しやすくなります。
頭皮にかゆみがあったり、細かなフケが出ているなら要注意!
スカルプケア用のオイルやエッセンスを頭皮によく揉み込み、水分と栄養をたっぷり与えてください。
髪がパサついてまとまりにくくなっているなら、念入りなトリートメントで髪の集中ケアを。
キューティクルが剥がれ、スカスカになってしまった髪に栄養を閉じ込めるのがトリートメントの役割。
トリートメントを髪になじませたら、よく揉み込み、蒸しタオルで巻いてじっくり&たっぷり浸透させます。

その後は栄養が逃げないように、ヘアオイルやアウトバストリートメントでコーティングすれば完璧。
髪そのものの自力では美髪には戻れませんが、トリートメントの力を借りればツヤとコシのある美髪が手に入ります。

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています