1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 保険・お金
  4. 夏の洗濯を「最小限のコスト」で済ませる方法

夏の洗濯を「最小限のコスト」で済ませる方法

2016.07.13

今年の夏も猛暑が予想されていますね。夏は汗をたくさんかくので、洗濯物が増えて大変です。でも毎日洗濯するのは、なんだか効率が悪いようにも思えますね。
結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場には、夏の洗濯物をどうやったら効率よくできるか悩む女性から相談が寄せられ、注目を集めています。


体験談
■共働きです。汗をかいた服をすぐ洗濯するには水も洗剤ももったいないし、毎日の事なので都度帰宅してから洗濯してられません。
いつも汗ジミになったらどうしようと思いながら三日ほど洗濯物がたまるまでドキドキします。(24歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。

毎日軽く洗ってみては?

■今は洗濯機も洗濯する量によって水の量も変わりますし、洗剤も進化して一度すすげは大丈夫なものも多いですから、毎日軽く洗ったらどうですか。(37歳女性)

この時期は、数日間汗のついた洗濯物をためておくと、においも心配です。
洗濯機で毎日さくっと洗濯したほうが、すっきりするかもしれません。

お風呂の残り湯を利用する

■すぐにどうしても洗いたいのであれば、お風呂に入ってから残り湯で洗濯してはいかがでしょうか? 夜は部屋干しして、朝外に出すのでいかがでしょうか? (31歳女性)

お風呂の残り湯を利用すれば、水道代は節約できますね。

その前に、洗濯物を増やさないコツがあるようです。

インナーを着用する

■インナーを中に着て、アウターに汗があまり付かないようにする、帰ったら着ていた服をハンガーにかけて汗を飛ばす…という感じでしてます。(36歳女性)

特に頻繁に洗濯することができないおしゃれ着などは、このような方法で汗ジミを最小限にすることができるようです。


いまは節約モードの洗濯機もあったりするので、洗濯物をためてしまって、汗のにおいが充満してしまうよりは洗濯してしまいたいですよね。
残り湯を利用したり洗剤を選ぶことで節約したり、インナー着用で洗濯の量を最小限にしたり、工夫のしどころはあるようです。よい方法が見つかるとよいですね。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています