1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の費用
  4. 結婚式にかかる費用ってどのくらい?平均相場と予算

結婚式にかかる費用ってどのくらい?平均相場と予算

2020.01.08

「結婚式はお金がかかる…」と言われているものの、いったいいくら必要なんでしょう。

結婚式でやりたいことを挙げていったらいつの間にかすごい金額になって途方に暮れた、というのも、よく聞く話です。

そこで、結婚式の費用はいくら用意すれば、どんな内容の式が挙げられるのか、先輩カップルの実態を徹底リサーチしてみました!

挙式・披露宴を実施した女性に聞いた、お金に関する気になる項目をピックアップ!

過去1年以内に挙式・披露宴を実施した女性に聞いた2014年版みんなのウェディング白書から、お金に関する気になる項目をピックアップ!

結婚式の総予算は?

当初250~300万円未満を予定していたのに、実際にかかった金額は300~350万円という結果に! 予算プラス50万円前後は見ておいたほうがいいようです。

ちなみに、私も最初の見積もりは予算より100万円以上オーバーしており、慌てていろんなものを削った1人です。

最終的な持ちだし額は?

ご祝儀や親からの援助などのお金と相殺すると、だいたい50万円未満の持ち出しで済んでいるようです。第3位には、持ち出し費用0円というカップルも! みなさん賢いプラン選びをされていますね!

招待する人数は?

70~80名前後が多い一方で、~40名のこじんまり婚も増加の傾向に! 会社関係の人を呼ばず、本当にお祝いしてほしい親しい友人や親族だけを呼ぶ、アットホームなケースですね。

単純に計算してみると、ゲスト1人につきかかる金額は、およそ3万5000円~3万7500円になるようです。招待する人数が決まったら、これを目安にしてみるとわかりやすいかもしれませんね!


自己負担金5万円からの結婚式
持ち込み無料!会費婚でお得に賢く結婚式を挙げよう♪
目次に戻る

結婚式ってどんなものにどれくらいかかるの?

ところで、結婚式ってどんなものにどれくらいかかるの? おおよその概算をまとめてみました。

1. 挙式料 およそ10~25万円

一般的に、神前式よりもキリスト教式のほうが高い傾向です。

2. 衣装代 新婦衣装1着 15万円~30万円、新郎衣装 3万円~8万円

とくに悩まされるのがココ! お色直しをする場合は、お得なパッケージプランを利用するカップルが多いようです。

また、これ以外にも、新婦はブライダルインナー(下着)や和装の場合は足袋などを用意する必要があります。でも、意外とこれは買っておくと今度は自分が式にお呼ばれしてドレスを着る際、活躍してくれますよ!

3. ヘアメイク代 2万~5万円、お引き上げ料 1万円

中には自分でメイクはやった、という先輩新婦もいらっしゃいますが、よほど上手い方でない限り、お願いしたほうが無難だと思います。リハーサル料を取る場合もあるので注意が必要です! 他にはブライダルエステや産毛の手入れ、ネイルなどにお金をかける人も。

~その他~

4. 料理代 1万~3万円

5. 引き出物代 5000円~

6. ペーパーアイテム 1人平均500円

7. 写真撮影 3~20万円

8. ムービー撮影 10~20万円

9. 心付けやお車代、遠方ゲストへの宿泊費 10万円前後

https://allabout.co.jp/gm/gc/225628/


あくまでも目安ですが、ご参考にどうぞ。結婚式の費用は、ゲストにかかるものをケチってしまうと今後の付き合いに影響することも。

削る部分は自分たちにかかるものにしておきましょう。賢く財布の紐を締めて、新生活をスムーズにスタートさせてくださいね。


目次に戻る

関連記事はこちら♡


みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています