1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. いつ、どこに、誰と出す? 今さら聞けない婚姻届のあれこれ

いつ、どこに、誰と出す? 今さら聞けない婚姻届のあれこれ

2019.12.02

結婚が決まったら、婚姻届を出すことは知っていても、いつ、どこに、誰といくの?結婚式当日か、前もって? 妊娠していたらどうしよう…、などいろいろ悩みますよね。

そこで、婚姻届のあれこれをまとめてみました!


1.いつ出すの?

婚姻届を役所に出した日が入籍日。この日がふたりの記念日になります。(私は記念日入籍にこだわって、半年後に式を挙げました!)ところで婚姻届を出すのは結婚式を挙げる前の場合、これは意外と合理的だったりします。

引越しと同時に転出・転入届けなどを一緒に出したり、銀行やクレジットカードなどの名義変更も一挙にしてしまうと楽だったり。

ただし、両親やご家族からけじめがつかないなどの理由で「ちょっと待った!結婚式当日や、後日の入籍を」とのご意見があがる場合もあるのでご注意を。

また、海外挙式を考えているカップルは、婚姻届を提出しておかないと式を挙げられない場合も。女性側のパスポートの名義変更の手続きなどもあるので、事前に届けるほうがオススメかもしれません。


2.どこに行くの?

View this post on Instagram

A post shared by 和婚 祝言 婚礼 八千代ウェディング (@shuugen)

婚姻届は全国どこの役所、出張所でももらえますが、どこでも提出していいわけではありません。下記に該当する役所へ提出しましょう。

・夫の本籍地
・夫の所在地
・妻の本籍地
・妻の所在地

私も知らなかったのですが、この所在地というのは、一時的な滞在地も含まれるそうです。

東京在住のふたりが沖縄県の那覇に滞在して挙式をした場合、この所在地は那覇市となり、那覇市役所に婚姻届を提出することができるんだそうです!
リゾート婚をしてそのまま提出というのもステキですよね!!


3.誰とだすの?

View this post on Instagram

A post shared by Nana Sugiura (@naaaaaaa59)

ふたりそろってでも、夫か妻のどちらか一方でもOK! 代理人でもかまいません。
ただし、訂正や不備などがある場合、代理人では対応できないため受理してもらえないこともあるそうです。


4.何が必要なの?

 

・婚姻届
・戸籍謄(抄)本
・ふたりの旧姓の印鑑
・身分証明書
・20歳以上の証人ふたりの署名と捺印
(各市町村で異なる場合もありますので、事前に調べておくことをオススメします)

念のため、婚姻届を2通ほどもらっておくと書き損じなどの場合にも便利です。この証人欄は、私はお互いの両親になってもらいました。

他にも友人や、先輩など、おふたりにとってこの人!という方にお願いできるといいですね。   

  

5.その他、気を付けるといいポイント

時間帯24時間、365日受け付けてくれます。
ちなみに私の場合、早朝の営業時間外だったため、寝起きの担当者で「ん?大丈夫か?」と心配になりました。もちろんちゃんと受理されているので大丈夫なんですが、ちょっと面喰らいました。

記念に残すには?
婚姻届の係の人は慣れているのか、気軽に写真を撮ってくれますので、カメラは必携です!また、記入後の婚姻届のコピーをとっておくと記念になりますよね。

最近は「ご当地婚姻届」なるものも流行っていて、その土地オリジナルのオシャレな婚姻届で提出でき、婚姻届を手元に残しておけるサービスもあるようです!


いかがでしたか?婚姻届を出す入籍日は、ファミリーとしてのスタートとなる節目の日。ぜひご家族で相談して決めてみてくださいね!

※ 2016年5月 時点の情報を元に構成しています