1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 内祝い
  4. 結婚祝いのお返しに、思いを込めた「水引(みずひき)」で感謝の気持ちを伝えませんか?
PR
株式会社リンベル

結婚祝いのお返しに、思いを込めた「水引(みずひき)」で感謝の気持ちを伝えませんか?

2021.08.18

結婚祝いのお返しは、お祝いをいただいた方へ新郎新婦ふたりの感謝の気持ちを伝えるものです。お返しの内容ももちろん大切ですが、「水引」を結ぶことでその感謝の気持ちを伝えませんか?

そもそも水引って?と思った方もいるかもしれません。
ご祝儀袋に付いているリボンのようなものというと、わかりやすいかもしれませんね。封筒や包み紙などにかける飾り紐のことで、日本ならではの伝統的な礼儀作法のひとつです。

これだけは知っておきたい、水引の種類とマナー

水引とひと言でいっても、飾り紐の本数や色、結び方など、用途によって実にさまざまな種類があります。用途に合わない水引をかけたものを渡すと失礼にあたるので、種類と結び方には気を付けてくださいね。

まずは色のこと。慶事の場合は、「赤白」「金銀」「赤金」などが使われ、弔事の場合は「白黒」「黄白」「青白」「銀」「黒」などが使われます。

リンベル

「金銀」の組み合わせの水引。親族やお世話になった方に渡すのに適している、一般的な水引です。

リンベル

こちらはピンクとゴールドを組み合わせた淡い印象の水引。友人のお祝いなどに最適です。

結び方で一般的なのは、蝶結び、花結び、結び切り、あわじ結びなどです。

リンベル

こちらは、結び切り。婚礼、全快祝い、お悔やみ全般に用いられます。二度と繰り返すことのないように、との願いが込められています。慶事の際は両端を上向きに、弔事の際は両端を下向きに結びますが、近年簡略化が進み、慶弔共に上向きに結ばれることが増えています。

リンベル

こちらは、あわじ結び。水引のなかで最もよく使われる結び方です。左右の輪が互いに結び合い、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、末永く強くお付き合いしたいという意味を持ちます。慶事、弔事ともに使われます。

リンベル

あわじ結びのアレンジです。丸みを帯びたフォルムがお祝いごとにぴったり。あわじ結びは、その形が鮑(あわび)のように見えることから、別名「あわび結び」とも呼ばれます。

また、最近では、こんなバリエーションの水引もあります。
リンベル

リンベル

鶴や亀をモチーフにした水引です。どちらも縁起がよいものなので、慶事によく用いられます。美しい形と色は、とくに婚礼のお祝いごとに最適です。

また、冠婚葬祭以外にも、こんな水引があります。

リンベル

出典 リンベルオリジナル カーネーション水引

こちらは母の日の贈り物。カーネーションがモチーフの水引です。
ほかにも、長寿のお祝いや新築開店の贈り物、記念品などにも水引が使用されます。
ご祝儀袋だけでなく、日常的なお土産やプレゼントにも水引を結ぶ事で、より気持ちが伝わりますね。
最近では水引を用いたアクセサリーも人気です。ブローチや髪飾り、ピアスなど……。水引のデザインやカラフルな色味に注目が集まっています。

カタログギフトに本物の「水引」を結んで感謝の気持ちを伝えませんか

結婚祝いのお返しは新郎新婦の気持ちを伝えるもの。心を込めて決めたいですよね。

結婚祝いのお返し(結婚内祝い)に最も選ばれているのがカタログギフト

贈る品物は定番の商品から人気ブランド品までさまざまですが、「ほしい商品を自由に選べる」「重くない、かさばらない」などの理由から、カタログギフトが人気です。2015年版みんなのホンネ「もらってうれしい結婚内祝い」の人気ランキングでも第1位にランクインしています。(出典 ギフト総合研究所

カタログギフトを選んだ先輩花嫁さんのエピソード
「高額なお祝いを頂いた場合、大体最高3万ぐらいで、お返しをしています。今よく送るのはカタログギフトです。」(20代女性)

カタログギフトをもらった方のエピソード
「私の親戚間でも、お祝いのお返しにカタログを送っている人がたくさんいます。
結構高価な物を扱うカタログになると思うので、商品も良く、気に入った商品がなければ食品もありますし私の母は、見るだけでも楽しそうでしたよ(笑)」(30代女性)

本物の水引を付けることが出来る「リンベル」のカタログギフト

リンベル

贈答品の場合、一般的に水引が包装紙にプリントされていることが多いのですが、プリントではなく、美しい水引がきちんとかけられていたらどうでしょう。新郎新婦の思いが、より伝わると思いませんか?気持ちを届けることまでこだわったリンベルの「アート水引サービス」ではプリントではなく実際の水引をかけることができます。

物が溢れている現在、ただ、物をもらうだけでは、なかなか“思い”までは伝えにくいものですよね。届いた瞬間から喜んでもらうために、ギフトのプロ、リンベルが考えたのは、日本人がはるか昔から大切にしてきた心細やかなコミュニケーションのひとつである水引を見直すことでした。
コスト削減や儀式の簡略化のため、印刷された水引が主流のなか、あらためて水引の魅力や意味合いを見直し、本物の水引を結ぶことにこだわったサービスになっています。

またリンベルのこだわりは水引のデザインにも行き届いています。
国内外で活躍する水引デザイナー、長浦ちえさんを起用した水引は新しさと美しさを兼ね備え、シンプルで洗練されたデザインに仕上がっています。リンベルの水引なら、ほかのギフトとはひと味もふた味も違った、感謝の“思い”を届けることができますね。

リンベル
出典 リンベルオリジナル アート水引

結婚祝いのお返しに最も選ばれているカタログギフト。そのカタログギフトに本物の水引を結ぶことで、あなたの気持ちを届けませんか?
リンベル アート水引サービス



<リンベル 公式HPカタログギフトのリンベル>
カタログギフトのリンベル
リンベル アート水引サービス


※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています