結婚式の幸せを美しく保存する方法!! ブーケをプリザーブドフラワーにしよう!!

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.07.15
結婚式の幸せを美しく保存する方法!! ブーケをプリザーブドフラワーにしよう!!

結婚式で使うウェディングブーケ。せっかく自分好みに作ったブーケですから、結婚式後も美しく保存しておきたくなりますよね。
今回は、ウェディングブーケをプリザーブドフラワーにする方法やメリット・デメリットを紹介します。


プリザーブドフラワーとは??

プリザーブドフラワーとは、生花の樹液を抜き、染料で花びらを染め、乾燥させて作られる加工花のことです。

長期間保存でき、生花のような活き活きとした形を残せるのが特徴。ウェディングブーケを結婚式当日の姿のまま残しておける方法です。

プリザーブド加工のメリット・デメリット

プリザーブドフラワーのメリットは、先述したように色鮮やかな姿が長期間保存出来ること。そして軽量で、様々なアレンジができることです。

ガラスケースに閉じ込めたり、時計や写真立てにしたり、ビジューやパールをあしらったり、自分好みの姿で残しておけます。

一方デメリットは、非常にデリケートなので優しく取り扱う必要があり、湿気や日光に弱いこと。また、手間のかかるプリザーブド加工は高価になってしまうことです。

費用を抑えたいなら、最初から生花ではなくプリザーブドフラワーをブーケとして使うのも一つの方法です。

プリザーブド加工の相場

プリザーブド加工の料金は、加工する花の量によって大きく異なります。

一輪だけ加工するなら1万円前後、数輪・またはミニブーケにして加工するなら2万円-4万円、ブーケを全てそのまま加工するなら5万円-8万円程度が目安となります。

ドライフラワーや押し花として保存するよりも高価になってしまうため、依頼する業者や、どの程度の花の量を加工保存するかしっかり検討しましょう。

自作も可能

プリザーブドフラワーの加工はプロに依頼すると高価になってしまうのがデメリットですが、専用の加工液や着色液を用意すれば自作することも可能です。

ただし、花の色の数だけ着色液が必要になるので、材料費が意外とかかってしまうことも。

また、自作することで失敗してしまうリスクもあります。自分でプリザーブド加工を行うなら結婚式より前に練習しておき、大切なウェディングブーケを無駄にしてしまわないよう充分注意しましょう。


プリザーブドフラワー加工は上手に保存すれば10年ほど美しい姿を保てる保存方法です。自分に合った予算や加工方法で、結婚式の思い出を美しく残しておきましょう。

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事