1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. 結婚式に向けて自己診断! ウェディングハイになっている人の特徴

結婚式に向けて自己診断! ウェディングハイになっている人の特徴

2016.07.20

ウェディングハイとは、結婚を前にしたカップルが浮かれすぎて自己中心的になり、周りが見えなくなっている状態のこと。

行き過ぎるとゲストに迷惑をかけ、結婚式を機に友達関係を切られてしまいかねません。

今回は、結婚式場選び1口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、自己診断に役立つウェディングハイになっている人の特徴を紹介します。


ゲストに何かを強いる・お祝いを要求する

結婚が決まると周囲に祝福されるものですが、そこで調子に乗ってはいけません。

結婚する自分たちが特別な存在だと思い込んでしまうと、ゲストに「必ず振り袖を着て来てね」・「ウェルカムボードを作ってね」などと図々しく要求してしまうことがあります。
「お祝いなんだから当然○○してくれるよね? 」という態度は嫌われます。

ゲストに無茶なお願いをしていないかもう1度考えてみましょう。

ゲストの都合より自分の夢の実現を優先させる

せっかくの結婚式ですから、こんな衣装を着たい・こんな式場でやりたいという希望はたくさんありますよね。

しかし、忘れてはいけないのが結婚式はゲストのおもてなしが最優先だということ。
真夏(または真冬)だけどガーデンパーティーをしたい・ゲストを待たせるけどお色直しを3回はしたいなど、自分の夢を優先させる結婚式はNGです。

自分のわがままでゲストに我慢させるような結婚式になっていないか、確認してみましょう。

未婚の友達に上から目線になる

結婚が決まり幸せの絶頂にあると、「この幸せを分けてあげたい」と自然と思ってしまうかもしれません。

だからと言って未婚の人に「早く結婚しなよ」とアドバイスしたり、未婚の女性を集めてブーケトス演出を行って晒し者にするのは絶対タブー!

悪気はないかもしれませんが、未婚の方からすれば大きなお世話ですし、結婚して急に上から目線になったように感じます。
知らず知らずのうちに不愉快な思いをさせないよう気を付けましょう。

予算に見合わないことをやろうとする

結婚式・ハネムーン・新居の準備など、結婚にはお金がかかることがたくさんあります。

ウェディングハイになってしまうと、「せっかくだから」と簡単にお金がかかることを選んでしまいがちになります。

本当に大切なのは結婚後の生活。
予算がないのに高額な結婚式やハネムーンを行おうとしていませんか?
1度冷静になって身の丈に合ったお金を使うようにしましょう。


ウェディングハイになってしまうと判断が鈍り、通常では考えられないようなことをやらかしてしまいます。
ゲストのためにも、自分のためにも、常に冷静でいられるよう心掛けましょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています