1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングドレス
  4. 新婦のウェディングドレス選びに新郎も参加! 男性に積極的にサポートしてもらうコツ

新婦のウェディングドレス選びに新郎も参加! 男性に積極的にサポートしてもらうコツ

2020.01.28

結婚式に着るウェディングドレスは失敗や後悔のないよう、しっかりと選びたいですよね。

出来れば新郎となる男性に付き添ってもらい、試着回数を重ねて吟味しましょう。

今回は、結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、男性がウェディングドレス選びに積極的に参加してもらうコツを紹介します。


ドレスを厳選してから彼に付き添ってもらう

男性は花嫁衣装に対して興味がないことが多く、何着ものドレスを見せられたりするのは苦痛に思ってしまう場合が多いもの。

そんな非協力的な彼の姿を見て喧嘩に発展してしまうカップルも少なくありません。
それを回避するには、ドレスを数着に絞ってから彼に短時間の試着に付き添ってもらうこと。

選択肢が少なければ彼も感想を言いやすく、試着に飽きてしまうこともありません。
初回のドレス試着から彼に付き添ってもらうのではなく、数回試着してドレスが決まってきた段階で彼を連れて行くようにしましょう。

まず新郎の衣装を着せる

ドレスにあまり興味がない彼に積極的にドレス選びをしてもらうには、まず新郎の衣装を着せること。

結婚式当日の衣装を着ることで男性も気分が盛り上がり、ウェディングドレス選びに対しても興味が出てきます。

衣装を着た彼をしっかり褒めてテンションを上げてもらうのがコツです。

ただし、彼の衣装が決まってから何時間も待たせたりすると彼は飽きてしまうため、ここでも短時間で切り上げることを心がけましょう。

写真係を頼む

ウェディングドレスに興味がない男性は、試着を待つ間に退屈してしまいます。そこでおすすめなのが彼に写真係を頼むこと。

ドレスを試着したら正面、横、後ろ姿など、様々な角度から撮影をしてもらいましょう。

ドレス選びの参考になることはもちろん、彼に役割があることで退屈しにくくなります。

ドレス試着に付き添って欲しい時は、写真撮影をお願いしたいと言って誘ってみましょう。

感想を聞く時は具体的に

女性のファッションがよくわからない男性にとって、1番大変なのが「どっちがいいと思う? 」という質問。

何度も曖昧な聞き方をすると、男性は返答するのが苦痛になってきます。

コツは「どっちの方が細く見える? 」・「どれが1番結婚式会場の雰囲気に合ってる? 」などという答えやすい質問をすること。

出来るだけ具体的に聞くことで、彼のアドバイスがもらいやすくなります。


男性は女性のドレス選びについては、あまり興味がない人が多いのが現実。

彼が楽しくドレス選びに参加してもらえるよう、上手に彼の気分を盛り上げましょう。


<「ウェディングドレス」関連ページ>

人気のウェディングドレスを選ぶならこちら

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています