1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 引出物
  4. 喜ばれる引き出物はブランド品?ゲストに人気のウェディングギフト4つ

喜ばれる引き出物はブランド品?ゲストに人気のウェディングギフト4つ

2019.12.16

結婚式の段取りを決めていくなかで、意外と頭を悩ませることが引き出物選び。ゲストが「あってもこまらないもの」、「あえて自分では買わないもの」を考えるのはなかなか大変です。

しかし、結婚式の引き出物は、式全体のイメージを決めるものであり、なるべくゲスト全員の心に残るものを贈りたいものですよね。

そこで今回は、ゲストに喜ばれる人気の引き出物4つをご紹介します。

引き出物を選ぶ際のチェックポイント4つ

まず、引き出物を選ぶ際のチェックポイント!

  • 軽くてかさばらない
  • いくつあっても困らない
  • 実用的
  • 自分で買わないけどあると便利なもの

さて、あてはまるのは・・・?

目次に戻る

軽い×かさばらない=カタログギフト

近年、結婚式の引き出物の定番になってきている「カタログギフト」はやはり人気でした。 結婚式の帰りに荷物にならないし、自分の好きな物を選べるのが魅力的な様子。 やはり自分の好みの商品を選べると満足度も大きいですよね。

体験談:「欲しいと思ったものを注文できる!」

もらって嬉しかったのはやはりカタログギフトで、欲しいと思って注文したものなので愛用しています。(20代後半女性)

目次に戻る

いくつあっても困らない×実用的=小皿

引き出物はなるべくは軽い方が良いという意見が多い中、小皿だと使う用途も様々あるし便利なようです。 結婚式の引き出物=カタログギフトとというカップルが増えている中、素敵な小皿をもらうと珍しくて嬉しいようですよ。

体験談:「大皿は困るけど、シンプルな小皿は使える!」

困ったのは大皿です。ブランドも色も、自宅にある食器と全然異なる(あまり使わない)種類が増えるのはこまります。かといって捨てられないので。同じ食器でも小皿は意外と役に立っています。あまり個性の強すぎない小皿だったので、重宝しています。(20代後半女性)

目次に戻る

自分では買わない×実用的=ブランド物

欲しいと思っても、なかなか自分では買わないブランド物。 そんなブランド物だからこそ、貰うと嬉しいですよね。 また中でもそのブランドの定番商品ではなく、少し意外性がある商品だともっと嬉しいみたいですよ。

体験談:「欲しくても買えないものは嬉しい!」

もらって嬉しかったのは、WEDGWOODのボウルです。なかなか自分では欲しくても買えないので…。(30代前半女性)

体験談:「特別な日のグラスとして大活躍!」

ティファニーのシャンパングラスやウイスキーグラスは特別な時に使う食器として今も活躍し重宝しています。(30代後半女性)

目次に戻る

美味しい×嬉しい=お菓子

番外編かもしれませんが、意外と多いのが、引き出物と一緒に贈るお菓子=引菓子に注目する声。 美味しいものはやっぱり嬉しいし、心に残るということ。

引き出物はカタログギフトにしてゲストに好きなものを選んでもらい、二人のこだわりは引菓子で発揮・・・というのもアリかもしれません。

体験談:「大好きなケーキが嬉しかった!」

もらって嬉しかったのは北海道の結婚式に出席したときの焼き菓子です。私の大好きなケーキだったのでとても嬉しかったです。遠方から出席しましたが、焼き菓子は荷物にならないのでありがたかったです。日持ちもするのでありがたかったです。(20代後半女性)

体験談:「量もあって焼いても美味しい!」

もらって嬉しかったものはデニッシュパンです。量もあり焼いても美味しかったです。自分たちの時もあればよかったのにと思いました。(20代後半女性)


ここで気を付けたい、引き出物を選ぶ際の注意点!

目次に戻る

新郎新婦の個性が強すぎるものはNG

名前や日付入りのものをもらっても、使い道に困るというゲストの本音も。 引き出物は参加してくれたゲストに感謝の気持ちを表すために贈るものです。 ゲストが喜ぶものを選ぶのが一番ですよね。

体験談:「名前が入っていると捨てられない!」

名前入りのグッズはちょっと処分に困りますね…気持ちはよくわかるんですけどね…。捨てることになるグッズなら避けたほうがいいでしょうし、飾り物はなお更避けたほうがよいと思います。食べ物に印字されている程度ならいいかもしれません。(30代前半女性)

体験談:「二人の思い出の品は正直困った!」

新郎新婦の思い出の品みたいな陶器は困りました。どこかの民芸品?みたいなので正直使い道がありませんでした。(30代前半女性)

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています