1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 愛情が重い! 女性が鬱陶しく感じてしまう彼氏の言動

愛情が重い! 女性が鬱陶しく感じてしまう彼氏の言動

2016.07.20

彼氏に愛されることは嬉しいことですが、愛情が重くなると別れたくなってしまうことも。

相手は好意でやっていることなので、発言や行動が負担になってもなかなか改善できませんよね。

束縛系

「今なにしてるの? 」・「どこにいるの? 」・「誰といるの? 」

何気なくメールや電話で使ってしまうセリフですが、頻度が高いと女性に嫌われてしまう言動です。行動の全てを把握したがっているようで不愉快ですし、束縛だと感じてしまう女性がほとんど。

彼女にウザがられてしまう前に、このようなセリフは頻繁に使わないように気をつけましょう。

愛情アピール系

「大好き」・「愛してる」・「俺のこと好き? 」

自分の愛情を伝えるのは素敵なことですが、過剰な愛情アピールは相手にとって負担になります。

あなたが「好き」と言った時、相手は反応に困った様子はありませんか?
もしそうなら彼女は「好き好きばっかりで重い…」と感じているかも。

また、愛情を伝えるだけでならまだしも、「俺のこと本当に好き? 」という愛情確認はかなり重い言動。愛情アピールは程々にしておきましょう。

結婚を匂わせる系

「結婚したら…」・「子供が生まれたら…」

まだ恋人関係で結婚の約束をしていないのに、結婚を匂わせるようなセリフはタブー。

相手も同じ気持ちなら問題ありませんが、温度差がある場合は負担になってしまうでしょう。

度重なると愛情の重さに彼女が耐えられなくなってしまうかも。結婚後や将来の話をするならプロポーズの後です。
フライングしないように気をつけましょう。

寂しがり系

「いつ会える? 」・「会いたい」

恋人に会いたいのは自然なことです。
しかし、お互いの仕事や生活があるのを考慮せずに「いつ会える? 」・「会いたい」を連発するのは思いやりに欠ける言動です。

特に、彼女が断っているのに「◯◯は俺に会えなくていいの? 」・「少しだけでも会いたい」と食い下がるのはNG。

彼女は彼氏からの連絡をプレッシャーに感じてしまうようになります。あまり「会いたい」と言い過ぎず、相手から会いたがるのを待ってみましょう。


自分が大好きでも、一方的に愛情を押し付ける形になってしまうと恋人間でバランスがとれなくなってしまいます。

相手に負担をかけないように愛情を伝えることが大切ですね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています