1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 運命の人って本当にいるの? 運命を感じる5つの瞬間

運命の人って本当にいるの? 運命を感じる5つの瞬間

2016.07.20

恋人や結婚相手を探している人にとって、運命の出会いは待ち遠しいですよね。

相手と出会った時にどのようなことがあると、「運命」を感じてしまうのでしょうか。


意外な共通点があった時

趣味や出身地など、共通点があると親近感を感じるもの。運命を感じてしまうのは、マイナーな趣味が一致したり、自分だけだと思っていたことが一緒だったり、意外な共通点を見つけた時。

いくつか意外な共通点があると、「この人かも!? 」と運命を感じてしまいます。

偶然再会した時

偶然の再会は気になる人であればあるほど、運命を感じてしまいやすい出来事。

ばったり再会するというシチュエーションはロマンチックだし、神様のお導きのように感じてしまいます。偶然再会したら、チャンスを逃さず連絡先を聞いておきたいですね。

2人の間になんの障害もない時

結婚に至るカップルには、トントン拍子で事が進んで行くということがあります。

親への紹介や結婚式の段取り、引っ越し、仕事など、全てがスムーズに都合よく進んでいく。

目の前に道が出来るような状況に、「これは結婚するしかない! 」と次第に運命を感じていくようです。

2人の間を妨げるものがあるかどうかで、運命の有無を測ってみてもいいかもしれませんね。

シンクロニシティが起こった時

シンクロニシティとは、「偶然の一致」のこと。相手に電話をかけようと思ったら相手からかかってくる、同時にメールを送信するなどがそれに当たります。

偶然というよりは意味や必然性を感じてしまうドラマチックさがあるため、運命を感じてしまいます。不思議な一致や偶然性が高い程、運命を信じてみてもいいかもしれませんね。

自然と2人の将来のことが考えられた時

結婚する相手と出会った時、何の根拠もなく「この人と結婚するかも」・「この人と家庭を作ったら楽しそう」などという考えが浮かんでくることがあります。

なかには、出会った瞬間に「この人だ! 」と確信することも。付き合う前やお付き合いの段階で、自然と将来のことが考えられたら、運命が動き出しているのかも!?
自分の直感を信じて相手を選んでみましょう。


人と出会った時、理屈ではなく不思議な縁を感じられるような出来事があると運命を感じやすいようです。

運命のサインを見逃さないよう、1つひとつの出会いを大切にしていきましょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています