1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 覚えておきたい! 子どもに好かれる大人・好かれない大人

覚えておきたい! 子どもに好かれる大人・好かれない大人

2016.07.20

小さい子どもになぜか好かれてしまう・なぜか嫌われてしまうという人にはそれぞれ理由があります。

将来子どもが生まれた時のためにも、子どもに好かれるコツを覚えておきましょう。


子どもに好かれる大人

子どもを対等に扱う

子どもは自分を対等に扱ってくれる大人になつきます。
しっかりと話を聞いてくれるので、自分を受け入れてくれると感じるからです。

反対に、子どもだと思って媚びたり、上から目線で物を言う大人には警戒心を持つようです。子どもと同じ目線に立って話をするようにしましょう。

本気で遊んでくれる

子どもに好かれる人は、子どもの遊びにも本気で付き合ってくれる人です。

子どもの遊びだと思っていい加減に相手をしていると、子どもは敏感に見抜きます。子どもと一緒に遊ぶ時は、自分も心から楽しむようにしてみましょう。

子どもに好かれない大人

子どもを子ども扱いする

子どもは「子どもだからやってあげる」と甘やかされたり、「子どもはダメ! 」と一方的に押さえつけられるのを嫌がります。

対等に扱われていないと感じると、嫌われてしまうようです。子ども相手だと思わず、1人の人間として扱うよう心がけましょう。

過剰にコミュニケーションをとる

子どもが好きだからといって、突然抱き上げたり、親しげに話しかけるのはNG。

子どもも初めて会った人は警戒しますし、自分のペースを乱されるのを嫌うので、ズケズケと関わろうとする人は嫌われてしまいます。子どものペースを守り、相手から近づいてくるのを待ちましょう。


子どもに好かれるには、笑顔で接することも大切です。子どもに警戒心を与えない柔らかい態度を心がけましょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています