1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 彼氏が欲しいけどできない! 女性がやってしまいがちな失敗

彼氏が欲しいけどできない! 女性がやってしまいがちな失敗

2016.07.19

女性は恋がしたい・彼氏が欲しいという気持ちが強すぎると、行動が空回りして失敗してしまうことがあります。

ずっと彼ができないと悩んでいる女性は、自分にも当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

今回は、「みんなのウェディング」編集部が、恋をしたい女性がやってしまいがちな失敗を紹介します。


自分磨きをしすぎて恋愛を忘れる

彼氏のため、お嫁にいくために自分磨きを頑張っている女性は多いですよね。しかし、自分磨きだといって習い事や美容に気を遣いすぎると、いつのまにか自分磨きにばかり夢中になってしまうことも。

当初の目的を見失ってしまうと、自分磨きをするだけで満足して逆に恋愛から遠のいてしまいます。何の為に自分を磨くのかしっかり見つめて行動しましょう。

理想が無駄に高い

恋愛したい気持ちが強いと、「身長は180cm以上」「年収は800万円以上」などの条件をあれこれ考えてしまい、無駄に高い理想が出来上がってしまうことがあります。

これは自分で恋人を作るハードルをどんどん上げていっているので、恋人探しは難航するに決まっています。「恋人に求める条件」を一度全て失くして男性を見てみましょう。

ダメンズにハマる

恋に飢えていると、男性を見る目がくもりがちになります。「無職だけど好きだから」「私が支えたいから」とだめんずに執着してしまうことも。

これは恋がしたいあまり、都合のいい女になり下がってしまうという女性としては最も避けたいパターンです。

あなたの彼は本当に好きで一緒にいる男性でしょうか? 思い当たる人はもう1度よく振り返って考えてみましょう。

男性にベタベタする

男性との距離を縮めるためには、ボディタッチは有効な方法。しかし、ターゲットを決めずみんなにベタベタしていると、男性に引かれてしまいます。

軽い女性に見られてしまうこともありますし、急激な接近で男性に不信感を持たれることも。

ボディタッチはある程度仲良くなり、本当に落としたい男性だけに使うテクニックであることを覚えておきましょう。


恋をした気持ちが大きすぎると女性はバランスのとれた行動ができなくなってしまうのかもしれませんね。

恋に執着しすぎず、自然体な自分でいることも大事にしましょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています