1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 女性にフラれる時、男性が傷つく別れの言葉

女性にフラれる時、男性が傷つく別れの言葉

2016.07.19

付き合っている彼氏に自分から別れを切り出すなら、出来るだけ相手を傷つけない言葉を選びたいですよね。

愛情がなくなってしまったとしても、最後まで彼女としてお別れの言葉を慎重に選びましょう。

今回は、みんなのウェディング編集部が、女性が男性に言ってはいけない相手を傷つける別れの言葉を紹介します。


「ウザい」

彼がしつこい・愛情が重いと感じて別れる時に言ってしまいがちな言葉です。

彼の愛情表現や存在を全否定するストレートなセリフなので、男性は「今まで付き合っていたのは何だったの? 」と強いショックを受けてしまいます。

相手を傷つけるだけでなく怒らせてしまうこともあるので、穏便に別れたいならこの一言は使わないよう注意しましょう。

「好きだけど別れたい」

このまま付き合っていてもお互いに成長できない・遠距離がつらいなど、相手への愛情は残っているけど別れを選択したい時もありますよね。

しかし、「好きだけど別れたい」と伝えてしまうのは酷です。相手の男性からすると「好きなのにどうして別れなきゃいけないの? 」と理不尽な思いをさせられるからです。

「好きだけど」という言葉をつけるだけで相手に期待させてしまうので、単純に「別れたい」と言った方がマシでしょう。

「あなたの収入じゃ結婚できない」

男性はプライドを傷つけられることに敏感です。特に仕事や収入をバカにされるとショックを受けてしまいます。

収入の少なさから別れを決意したとしても、口には出さないのが女性のマナー。結婚は考えられないなど理由をぼかして別れを告げましょう。

「一緒にいても時間の無駄」

相手にひどい仕打ちをされたなど、嫌いになって別れる時に言いたくなってしまうかもしれません。

しかし、憎しみをストレートに伝えると相手の反感を買い、別れが泥沼化してしまう可能性もあります。

相手に恨まれて余計につらい思いをしないためにも、「お互いの成長のために別れたい」とポジティブな言い方に変えて伝えましょう。

「やっぱり顔が無理」

顔だけでなく性格、体毛の濃さなど、彼自身が自分でどうしようもないところを「やっぱり無理! 」と否定されるのは大変つらいもの。

愛情でカバーしようとしたけど、生理的に無理だったというのは彼の男としての自信を大きく損なわせる理由です。

彼が女性不信になってしまいかねないので、容姿や性格などを侮辱するようなセリフは避けましょう。


別れを選んだとは言え、1度は好き同士で付き合った仲です。

出来るだけ相手にトラウマを残さないようきれいに別れましょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています