1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 要注意! 浮気、二股をかける癖のある男性の5つの特徴

要注意! 浮気、二股をかける癖のある男性の5つの特徴

2018.12.06

浮気や二股をかける男との恋愛なんて、はじめから避けたいもの。

本命の女性に誠実になることもできず、「どっちも好き」なんて虫の良い話ですよね。好きになってしまった後に後悔しないよう、二股男の生態をしっかり見抜いておきましょう。

今回は、みんなのウェディング編集部が、二股をしてしまう可能性の高い男性の特徴をご紹介します。


自分を見せないタイプ

会話をしていても、今ひとつ物足りなさを感じるのは、相手が心を開いていないせいかも。

「誰にでも良い顔をする軽い人よりいい」と思われがちですが、付き合っても自分のことを全然話さないミステリアスな秘密主義タイプの場合には厄介です。

新鮮さを保つためお互いを知り過ぎない方がよいともいわれますが、秘密めいた男性は結婚相手には不向き。個人を尊重したつもりが、浮気しやすい環境づくりへの貢献になっていたなんて事にもなりかねません。

お酒に飲まれるのを楽しむタイプ

お酒好き・お酒に弱い=浮気性ではなく、毎度アルコールに酔った状態になろうと自ら進んで飲むタイプの男性です。

このようなタイプの人は、酔うことで強気になり、簡単に理性のタガが外れてしまうのです。

彼と飲む機会があれば、自分の方がお酒に弱いふり・調子が悪いふりをして、彼の反応を確かめましょう。介抱するのではなく、手を出すようであれば注意が必要ですよ!

自分の家・地元NGタイプ

一人暮らしの彼が自分の家に招待してくれない場合、彼女と同棲している可能性があります。

他の女性を連れ込んだ証拠を残したくないという心理が働いているのかも。また、二股をかける男性が実家暮らしの場合、地元や地元の仲間内の飲み会など、彼のテリトリーに入れないようバリアを張ります。

さらに、自分のお家はNGなのに、女性の部屋には行きたがるようならば要注意。 彼が貴方に求めているのは、彼女ではなく都合のいい相手かもしれませんよ!

スケジュールが掴めないタイプ

よっぽどのことがない限り急な約束のキャンセルはしない、これは大人のマナーでもあります。
ドタキャンを繰り返す男性は、スケジュールを自己管理できない証拠。自己優先型のダラシナイ男性は女性関係もダラシナイというのは、よく聞く話ですね。

また、会える曜日が平日に限られていたり、クリスマスやバレンタイン、彼の誕生日などのイベント日には会えない場合には、もうすでに彼女がいる、もしくは既婚者である疑いも。

そのために、ドタキャンが多くなる可能性も大いに考えられます。

自己評価が低いタイプ

自分に自信のない男性は、彼女ができるとべったりと執着する傾向にあり、一見浮気とは無縁のように思われます。

しかし、その一方、彼女がいなくなったら…という不安にかられていることも。このような脅迫概念が、彼を浮気へと走らせてしまうのです。このようなタイプは、女好きというよりは、複数の女性に愛されることで、自分の存在価値を見出したいと思っています。

1人になりたくないという正当防衛のように浮気をするのですから、もっとも自己愛が強いタイプとも言い換えられるでしょう。


浮気性は一生かけても直らないとも言われるように、繰り返されることが多いです。

自分を大切にするためにも、二股癖や浮気癖のある男性は恋愛対象から外しましょうね!

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています