1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ブーケ・ブートニア
  4. 結婚式のブーケ&ブートニアの基礎知識|ウェディングブーケの種類や失敗しない選び方、ブーケの相場とは

結婚式のブーケ&ブートニアの基礎知識|ウェディングブーケの種類や失敗しない選び方、ブーケの相場とは

2021.12.15

結婚式で花嫁がもつ、「ウェディングブーケ」
花嫁を輝かせるアイテムとして欠かせないものだからこそ、他にはない自分だけのブーケを選びたいですよね。
また、お気に入りのドレスとの相性も気になるところ。

そこで今回は、知っておきたいウェディングブーケの基礎知識から、種類や選び方のコツ、気になる相場や依頼方法まで、新郎のブートニアと併せてご紹介します。
予算もデザインも大満足なブーケに出合うための、参考にしてくださいね。

結婚式のブーケ・ブートニアとは

結婚式のブーケ・ブートニアとは みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

結婚式のブーケとは、結婚式中に花嫁が手に持つ花束のこと。
ブートニアは、新郎が胸元につける小さな花束の事を指します。

ブーケのはじまりは19世紀のヨーロッパの風習から。男性が野に咲く花を摘んで作った花束でプロポーズをし、女性がOKの意味を込めて1輪の花を抜き取り胸元に挿したことが、ブーケとブートニアの由来になったとされています。

目次に戻る

ウェディングブーケの種類

ウェディングブーケには色々な種類があるのは、ご存じの人も多いはず。
種類によって形が違うのはもちろん、似合うドレスや体型も変わってきます。自分が着たいドレスとの相性チェックしておくのは、ブーケをオーダーする上で大切なポイントです。

ここからは、定番の形から個性派まで9種類のブーケの特徴と、似合うドレスの形や体型、おすすめのアレンジなどをみていきましょう。

ラウンドブーケ

ラウンドブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

まあるいフォルムが愛らしい「ラウンドブーケ」。
ウェディングブーケというと思い浮かべる人も多い、一番ベーシックなブーケになります。
持ち手は短めで、お花が半円形にまとめられてるのが特徴です。

ラウンドブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

ドレスの邪魔をしないコンパクトなデザインは、シルエットをきれいに見せたいコーディネートにぴったり。
どんな体型にも似合うオーソドックスな形ですが、ウエストの位置で持つことでお腹周りをカバーしてくれるので、ぽっちゃりさんや、お腹を目立たせたくない妊婦さんにおすすめです。
シンプルな分ボリューム感が大事なので、小柄さんやスレンダードレスに合わせる場合は、全体のバランスを考慮してボリュームがですぎないように注意しましょう。

クラッチブーケ

クラッチブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

摘み立ての花を束ねたような、ラフな雰囲気が魅力の「クラッチブーケ」。
ナチュラルやラスティックなど、装花にもグリーンをたっぷり取り入れた、カジュアルウェディングに人気のブーケです。茎はあえて揃えずに、切りっぱなしで長めに残すのが特徴。

クラッチブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

縦長のブーケは、Aラインやスレンダーラインの縦シルエットのドレスや、長身の花嫁さんにおすすめ。
小柄さんや、ボリュームのあるドレスに合わせたい場合は、茎は短めに束ねるといいですね。ラウンドブーケのように形が決まっていないので、好きな花材を取り入れやすいのもメリットです。

アームブーケ

アームブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

茎がまっすぐでしっかりとしている花を、長さを残したまま束ねたものを「アームブーケ」といいます。腕で抱えるようにして持つことから、その名前が付きました。

クラッチブーケと似ていますが、違いは茎の部分。
カラーやカサブランカなどの茎がまっすぐな花を選ぶことで、縦ラインが強調され、エレガントな雰囲気に仕上げているのが特徴です。

アームブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

アームブーケも、Aラインドレスやスレンダードレスなど、縦ラインが出るボリュームレスのドレスや、長身の花嫁さんにおすすめ。
特にマーメイドラインとの相性は抜群で、バランスのとれたコーディネートが完成します。

オーバルブーケ

オーバルブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

まんまるではなく、楕円形に整えられているのが特徴の「オーバルブーケ」。
ラウンドブーケの愛らしさやドレスとの合わせやすさはそのままに、少し大人っぽさがプラスされるのが特徴です。

程よいボリューム感のブーケは、プリンセスラインやベルラインなどの、ウエストからふんわりとスカートが広がるデザインのドレスにぴったり。
ゴージャスな雰囲気を演出したいホテルウェディングや、クラシカルな雰囲気を出したいチャペル挙式、小柄な花嫁さんにもおすすめです。

ティアドロップブーケ

ティアドロップブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

涙のしずくを逆さにしたような、逆三角形が特徴の「ティアドロップブーケ」。
ブーケの下部にも丸みがあるオーバルと違い、下に行くほどシュッと細くなっているのが特徴です。

お花にボリューム感をプラスしつつ、グリーンをたっぷりあしらったデザインが多いので、華やかにみせたいカジュアルウェディングや、ナチュラル感をプラスしたい正統派ウェディングにぴったり!
下を向かってコンパクトになるデザインは、裾に向かってボリュームが出る、プリンセスラインやAラインを選ぶとバランスが取れます◎。

キャスケードブーケ

キャスケードブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

ティアドロップブーケの裾を長くした形が特徴で、「滝」を意味する「キャスケードブーケ」。
よりボリューム感がアップして、流れるような縦のラインができるので、華やかでゴージャスな雰囲気になります。大聖堂で行うクラシカルウェディングや、格式高いホテルウェディングにおすすめ!

キャスケードブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

キャスケードブーケもティアドロップブーケと同じで、下に向かってコンパクトになっていくので、裾が広がったドレスに似合います。
縦長のマーメイドドレスと合わせたい場合は、写真のように裾にフリルがたっぷりとついたソフトマーメードドレスを選ぶと、バランスが取れるのでおすすめです。

クレッセントブーケ

名前の通り、三日月の形をした「クレッセントブーケ」。
持ち手のある中央から左右非対称にのびたお花やグリーンが、三日月のようなカーブを描く個性的なブーケです。両サイドに垂れ下がるデザインはとっても華やかで、インパクト抜群。

弧を緩やかにすることで、フェミニンで優しい印象に、弧をはっきりとした三日月型にすることで、スタイリッシュな印象になります。
縦横にボリュームがあるデザインは、どこを中心にするか、縦長で持つか横長でもつかといった決まりもないので、長さやボリューム次第ではどんなドレスに合わせることもできます。

ボールブーケ

ボールブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

360度どこから見ても綺麗な球状のブーケに、組み紐などで持ち手を付けた「ボールブーケ」。和装のブーケとして人気の形です。
花嫁DIYできるブーケとしてもお馴染みで、球状の発泡スチロールに造花を挿して作ったり、つまみ細工を使っても作ることができます。

ボールブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

持ち手をリボンやパールに変えれば、ドレスに似合うブーケに早変わり♡
持ち手があることでブーケが下に下がるので、Aラインやプリンセスラインの、スカートにボリュームのあるドレスがおすすめです。

▽ボールブーケの実例はこちらからチェック

リースブーケ

リースブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

枝などで丸く形を作ったものをベースに、お花をたっぷりあしらった「リースブーケ」。
途切れなく繋がってる形が永遠を意味するリースは縁起が良く、お色直しのブーケとして人気です。

リースブーケ みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

大小さまざまなお花やグリーンを使ったラフな雰囲気は、ナチュラルウェディングやラスティックウェディングにぴったり。
こちらも、持った時にウエスト下にブーケがくることが多いので、スカートがふんわりと広がるプリンセスラインやAラインのドレスにおすすめです。

目次に戻る

ブーケ選びのコツとは?

ここまで、9種類のブーケの特徴と似合うドレスについて解説してきました。
選んだドレスに似合うブーケはわかりましたが、さらに似合う形をオーダーするには、どんなことに気を付けたらいいでしょうか?
ブーケ選びのコツを見ていきましょう。

ブーケ選びは全体のバランス感が大事

ブーケを選ぶ際には、以下のポイントを意識してみましょう。

  • ドレスのテイストやデザインに合っているか
  • 身長や体型に似合っているか
  • 会場の雰囲気に合わせたボリューム感や花材になっているか
  • 季節感は合っているか

ドレスのシルエットに合う形を選ぶのはもちろんですが、その人によって似合うボリューム感や花材も変わってきます。
例えば、クラッチブーケでナチュラルに見せたい小柄さんなら、小花を束ねた小ぶりなブーケに。
お腹周りが気になる花嫁さんなら、ウエストを隠してくれるラウンドブーケになど、体型や身長を考慮して選ぶのも似合うブーケに出会うためのポイントです。

また、選んだブーケが会場に合っているか、季節感に合っているのかもチェックしておきましょう。
会場や装花との統一感が出ることで全体のバランスが整って、似合うブーケが完成します。

生花・造花・プリザーブドフラワーそれぞれにメリットデメリットがある

ブーケといっても、その素材は生花だけではありません。
シルクや布で作られた造花(アーティシャルフラワー)や、生花に特殊な加工を施したプリザーブドフラワーもあります。

Q.ブーケの素材は何でしたか?
第1位  生花  69%
第2位  造花(シルクフラワー)  14%
第3位  プリザーブドフラワー  13%

ブーケの素材についてのアンケートでは、生花と回答した人が半数以上。
圧倒的な人気の生花ですが、造花やプリザーブドフラワーにも生花にはない魅力があり、それぞれにデメリットもあります。
ブーケの素材別に、メリットとデメリットを見ていきましょう。

生花

ブーケ 生花 みんなのウェディングニュース

生花のメリットは、なんといっても生命力あふれるみずみずしさです。
自然ならではの絶妙な色合いと華やかさは、写真映えも抜群。
また、自分のためだけに、咲き加減にまでこだわって作られたブーケは特別感がありますよね。

デメリットは生き物なのでとっても繊細なこと。
水分の多いお花はブーケに向かないこともあり、希望の花材がNGだったり、季節によっては好みのお花が用意できない場合もあります。

造花

ブーケ 造花 みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

造花といっても、ウェディングシーンで使われるものは雑貨屋などで販売しているものと違い、シルクフラワーやアーティシャルフラワーといった、本物に近い質感をもっています。
造花のメリットは、イメージ通りのブーケを作りやすいこと。季節や扱いやすさに関係なく、花材や色合いを選ぶことができます。 扱いやすく枯れないので、前撮りに使ったブーケを結婚式当日にも使う、ということも可能。節約にもなりますよね。

ただ、物によって品質に幅があるのがデメリットです。安価なものは安っぽく、明らかにニセモノ感があるものもあります。
ネットなどで購入する際には、写真映りやディティールにも注意して購入しましょう。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

プリザーブドフラワーは生花そのものを加工しているため、生花に近い質感を保ったまま、枯れずに長く楽しめるのがメリット。
一度色を抜いて後から着色するため、好きな色や、実際の花にない色のブーケを作ることができるのも魅力です。
造花と同じく季節に関係なくお花を選べて、式後もそのままの形でとっておくことができます。

デメリットは、生花や造花に比べると高価になりやすいことです。
また湿気に弱く、造花よりもデリケートなので、使いまわしする際の保管には注意が必要です。

目次に戻る

ウェディングブーケの相場

花材によっても異なるウェディングブーケの価格ですが、相場はいくらくらいなのでしょうか?
ウェディングブーケの準備には以下の3つの方法があります。

  • 式場の提携業者に依頼する場合
  • 個人で業者に注文し、持ち込みをする場合
  • 手作りして持ち込みをする場合

それぞれに相場が変わるのはもちろん、持ち込み料の有無でも価格が変わってきます。
では、先輩花嫁さんたちは、どの方法でブーケを手配したのでしょうか?

Q.ウェディングブーケはどのように手配しましたか?
第1位 会場の提携先で  57%
第2位 会場の提携先以外で  42%

Q.ウェディングブーケを手配した形式は?
第1位 購入(オーダーメイド) 60%
第2位 購入(既製品) 20%
第3位 手作り  10%
第4位 レンタル  5%

アンケートによると、オーダーメイドの商品を式場の提携業者に依頼したという人が半数以上を占めていました。
では、実際に3つそれぞれの方法で依頼した場合の相場はどのくらいになるのでしょうか? 平均価格やメリットを見ていきましょう。

式場の提携業者に依頼する場合

式場提携の業者に依頼する場合の価格は、2~5万円が相場。仲介手数料がかかるため、他の方法よりも割高な場合が多いです。

プランナーさんを通じて依頼するので、直接業者に交渉する手間が省けて、当日は式場にベストな状態で届くことが何よりのメリット。
同じく提携先の花屋に依頼することが多く、式場の装花とのトータルコーディネートもスムーズです。
見本もバリエーション豊富に用意していることが多いので、選びやすさもあって安心度も高いことも選ばれている理由になっています。

個人で業者に注文し、持ち込みをする場合

個人で業者に注文して、式場に持ち込みをする場合は1万~3万円が相場です。
式場を通さない分、シンプルに花材の値段が価格に反映されます。

1点気をつけたいのは、式場に持ち込みができるかどうか。式場によっては、衛生面から生花の持ち込み自体がNGだったり、持ち込み料がかかる場合もあります。
持ち込み料の相場は1~2万円程度なので、持ち込み料の有無によっても、ブーケ準備にかかる総額ががらりと変わってきます。

持ち込み可否や持ち込み料、持ち込む際の注意点について事前に確認しておきましょう。

手作りして持ち込みをする場合

自分でブーケを手作りして持ち込む場合は、5,000円~1万円が相場です。
手作りのブーケは自分好みにつくれて、価格も抑えられるのが最大のメリット。

心配なのはブーケのクオリティなので、DIYに慣れていない人や、クオリティにもこだわりたいという人は、ワークショップを探してみるのもおすすめです。
注意したい点は提携外に依頼する時と同じで、持ち込みが可能かどうかということ。持ち込み料の有無も確認しておきましょう。

▼ウェディングブーケの手作り方法はこちらの記事をチェック!

ブーケを節約する方法

一番の節約方法は手作りですが、やっぱりクオリティが心配ですよね。
依頼方法に関係なくブーケを節約するには、以下の方法があります。

  • 安価でオーダーできる形を選ぶ
  • 季節の花を選ぶ
  • お任せのデザインにする

例えば、上記9種類の中ではクラッチブーケが比較的安価で依頼できるブーケになります。また、季節外のお花を使うと高価になりがちなので、季節の花から選ぶのもおすすめ。

一番良いのは、予算と色味やイメージを伝えた上で、実際に使うお花などをお任せにすることです。

着る予定のドレスや、希望の雰囲気をしっかりと伝えた上で相談してみましょう。
フローリストさんもプロなので、希望に寄り添いながら、予算内で収められる方法をアドバイスしてくれるはずですよ。

持ち込み無料プラン

目次に戻る

ブートニアの選び方

ブーケの選び方や相場がわかったら、次は新郎の胸元を飾るブートニアついて。
ブートニアは花嫁のブーケと対になるものなので、同じ花材で作られるのが一般的です。

生花のブーケならブートニアも生花に、造花のブーケならブートニアも造花で揃えるのはもちろん、ブーケとのコーディネート感を出すように、リボンの色や素材も同じものを使用するとおしゃれです。

目次に戻る

ブートニアの相場

ブートニアはブーケとセットで販売されているのが一般的で、価格もセットになっていることがほとんどです。
ブートニア単体でオーダーしたい場合の目安は3,000円~。
ECサイトでもプリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーのブートニアが販売されていますが、やはり価格の相場は3,000円前後になっています。

目次に戻る

ウェディングブーケ、ブートニアは何個用意すれば良いの?

ブーケの数に決まりはありませんが、平均的なブーケの個数は1~2個。
2個の場合は、ウェディングドレス用に1つと、とお色直しの衣装用に1つ用意します。

ブートニアは、ブーケを変える時に一緒に変えるのが基本。お色直しで新郎の衣裳を変えない場合でも、ブートニアを変えることで顔周りの雰囲気も変わり、花嫁さんのコーディネートとの統一感もアップします。

また、両親への花束贈呈時に贈る用として、母親にブーケを、父親にブートニアを用意する花嫁さんも多いです。
両親にお揃いのコサージュやブートニアを贈り、結婚式の間は身に着けてもらう欧米にならって、ファーストミートの時にコサージュやブートニアを贈る演出も人気なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

目次に戻る

<季節別>ウェディングブーケにおすすめの花の種類!

ウェディングブーケやブートニアをオーダーする時は、季節感も大事にしたいポイント。
その時期だからこそ美しく咲く花は、ドレスを一層華やかに見せてくれます。
また、量産される季節の花を使うことで、節約にも繋がりますよね。
では、さっそく四季ごとにおすすめの花を見ていきましょう。

ブーケ 春 みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

  • チューリップ
  • アネモネ
  • カスミソウ
  • ミモザ
  • ライラック
  • ラナンキュラス
  • マーガレット
  • スズラン
  • ヒヤシンス 
  • バラ
  • デルフィニウム
  • ぼたん

▽春婚におすすめのブーケ実例はこちらからチェック

ブーケ 夏 みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

  • 紫陽花
  • プロテア
  • ひまわり
  • デンファレ
  • シャクヤク
  • ラベンダー
  • ダリア
  • ブルースター
  • カサブランカ
  • トルコキキョウ
  • カラー
  • アンスリウム

▽夏婚におすすめのブーケ実例はこちらからチェック

ブーケ 秋 みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

  • コスモス
  • パンパスグラス
  • アマリリス
  • ピンポンマム
  • ケイトウ
  • フランネルフラワー
  • アスチルベ ‐ ユーカリ
  • シンフォリカルポス
  • ビバーナムティナス

▽秋婚におすすめのブーケ実例はこちらからチェック

ブーケ 冬 みんなのウェディング花嫁コミュニティ「花コミュ」

  • コットンフラワー
  • スイートピー
  • クリスマスローズ
  • ポインセチア
  • アマリリス
  • アネモネ
  • チョコレートコスモス
  • スカビオサ

▽冬婚におすすめのブーケ実例はこちらからチェック

目次に戻る

結婚式のその後は?アフターブーケで保存しよう

結婚式を終えた後も、思い出として手元に残しておきたいウェディングブーケ。生花なら枯れてしまう前に、長期間保存できるアフターブーケにして保存しましょう。
アフターブーケには以下のような方法があります。

  • 押し花に加工してブーケデザインの絵画に
  • プリザーブドフラワーやアイスフラワーに加工してボックスで保管
  • ドライフラワーにしたブーケを閉じ込めたフラワーキャンドルに
  • ドライフラワーにしたブーケをライトと一緒に飾ったボトルライトに

上記は専門の業者に依頼しますが、自分でドライフラワーにしてワックスバーをDIYしたり、ポプリにしたりするアイデアも!
それぞれに保管方法や形状、費用が異なるので、自分に合った方法を選んでくださいね。

目次に戻る

とっておきのブーケ・ブートニアを用意しよう!

以上、結婚式のブーケ&ブートニアの基礎知識や選び方、季節ごとにおすすめの花をご紹介しました!

ウェディングブーケは、花嫁さんだけが持つことができる特別なアイテムです。
今は形も豊富で、ウェディングブーケ専門の外部業者も多いので、予算もデザインも希望をかなえたブーケにきっと出合えるはず!
フローリストさんに相談しながら、自分だけのスペシャルなブーケを見つけてくださいね。

※ 2021年10月 時点の情報を元に構成しています