1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ブーケ・ブートニア
  4. 結婚式ブーケの費用相場!節約方法と注意点を把握してベストなブーケに出会おう*

結婚式ブーケの費用相場!節約方法と注意点を把握してベストなブーケに出会おう*

2019.12.04

結婚式になくてはならないアイテムのひとつがブーケ
花嫁さんを輝かせてくれる重要アイテムだけど、デザインもたくさんあるし費用相場も幅広くて悩みますよね。
花屋さんへ直接手配したり、自分で手づくりすれば安くなるのでは?と思っている人も多いはず。

この記事では、ブーケの費用相場と節約術、その際の注意点をご紹介します!

結婚式ブーケの種類と予算相場

ドレスの雰囲気もがらりと変えてしまうブーケ
それだけに慎重に選びたいもの。
仕上がりのイメージを伝えてフローリストさんにお任せするか、時間をかけて手づくりにチャレンジするか。
たくさんあるブーケの種類と予算相場を把握して、自分たちに合ったブーケを準備しましょう♪

ブーケの種類

ラウンドブーケ…定番の丸型
キャスケードブーケ…縦長デザイン(キャスケード=流れる滝の意味)
オーバルブーケ…楕円型
クラッチブーケ…茎の部分が長く束ねて手でしっかり掴めるデザイン
バッグブーケ…持ち手を付けたバッグ型
ボールブーケ…持ち手のある丸型
リースブーケ…ドーナツ型

いろんなデザインがあるので、好きな花や色から選んでみたり、ドレスとのコーディネートで考えてみたりと、ゆっくり時間をかけて自分好みのブーケを見つけましょう。
フローリストさんへイメージを伝えるためには、色の濃淡やデザインの細かいポイントが写った画像を多めに用意するとわかりやすいでしょう。

式場の提携業者に依頼する場合は?

20,000円から50,000円が平均。
結婚式場と提携している花屋さんに頼むと、式場からの信頼があることでトラブルが少ないことや、生花の場合はベストなタイミングで使用することができるのがメリット
見本もバリエーション豊富に用意していることが多いので、選びやすさもあって安心度は高いでしょう。
どんなブーケにするか決まれば、その後に式場の装飾花とトータルコーディネートができるのもうれしい。

個人で業者に注文する場合は?

10,000円から30,000円が平均。
お気に入りの花屋さんへ自分で直接注文するぶん、コストダウンにもなることが多いでしょう。
ただ、一流フローリストさんや人気の有名店に注文すると、高額になることもあるので注意は必要です。
とくに気をつけたいのが、式場に持ち込みができるかどうか
式場によっては衛生面から生花の持ち込み制限や持ち込み料がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。
持ち込み料を払って外注してでも安くできるのか、じっくり検討しましょう。

手づくりした場合は?

5,000円から10,000円が平均。
手づくりはなによりも自分好みにつくれるのが最大のメリット。
世界にひとつだけのブーケで価格も抑えられます。
素材選びやデザイン次第ではかなり節約できるでしょう。
注意したい点は、手づくりの場合も外注した時と同様に持ち込み可能か持ち込み料がかかるのか、よく確認をしておくと◎。

目次に戻る

ブーケはいくつ必要?

ブーケはドレスの着数ぶん用意できるのが理想ですが、予算を考えるとたくさん用意できないものですよね。
お色直しでもブーケを変えると、ウェディングドレス用とお色直し用2個用意するのが一般的。
1個にしたいけど生花にもこだわりたい節約派は、ブーケのリボンを付け替えてブーケをお色直しするという技も♡

造花を使うと、結婚式と前撮りが別の日の場合でも同じブーケを使うことができます。

目次に戻る

オーダーと手づくり制作の場合のスケジュールは?

オーダーする場合、ドレスが決まるといわれている2~3ヶ月前には手配したいもの。
混みあう時期はオーダーするのが難しいこともあるので、早めが安心です。
手づくりの場合、ハンドメイドに初チャレンジの場合はとくに、いきなりつくることは難しいですよね。

挙式ギリギリに慌てないで済むように、造花屋さんなどで開催されるプロのレッスンを受けてつくるのがおすすめ。

目次に戻る

ブーケとブートニアの節約方法と保存の注意点

ブーケとブードニア、セットが一般的だけど、別々に用意することも可能。
ブードニアをプリザーブドフラワーや造花でつくったり、インターネットや雑貨屋さんで安いのを見つけられれば、これだけで節約につながることも。
ブードニアも外注や手づくりの場合、持ち込み可能か持ち込み料がかかるのかは要確認を!

そして、結婚式後のブーケの保存法の注意点をお伝えします*
一番人気の生花のブーケは、業者でドライフラワーやプリザーブドフラワーに加工してもらうと、生花そのままのボリュームを保ち残せるけれど加工料は高額になることも。

DIYするならドライフラワーや押し花、フラワーキャンドルにしたりと、保存方法はさまざま。
結婚式後も特別な日の思い出として置いておきたい花嫁さんは、アフターブーケのことも忘れずにブーケ選びしましょう。


ブーケは花嫁さんをよりいっそう輝かせてくれる大切なアイテム!
予算と相談しながら、自分好みのベストなブーケを見つけましょう♡

《編集部のおすすめ記事》

※ 2019年12月 時点の情報を元に構成しています