1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式BGM
  4. 和装の結婚式にぴったりなおすすめ曲

和装の結婚式にぴったりなおすすめ曲

2020.01.28

結婚式の曲・BGM選びは準備の中でも頭を悩ませるパート。
特に和装の結婚式は、和の雰囲気を壊さないような曲を選びたいですね。

そこで、今回は結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、和装の披露宴にピッタリなBGMをご紹介します。


現代風な三味線の曲

和婚ならばやっぱり、日本の楽器を使った曲を取り入れたいところですが、いかにも「和」な曲はイメージではない。
そんな方にオススメなのが吉田兄弟の曲。

他のアーティストとのコラボレーションも積極的に行っています。

■『Rising』吉田兄弟

入場や乾杯にオススメな激し目の曲。ゲストに与えるインパクトは大きいと思いますよ。

■『CHANGE』MONKEY MAJIK × 吉田兄弟

三味線の音で勢いよく始まる曲。
三味線の音があるのに、歌詞は英語というのがとても独特な雰囲気を作り出しています。とてもカッコいい曲ですよ。

こちらも入場などの盛り上がるシーンで使えると思います。

■『Renovation』DAISHI DANCE feat. 吉田兄弟 井上鑑

ハウスと三味線という異色のコラボレーション。
どこか哀愁漂うようなサウンドの中に、力のある三味線の音が絶妙にマッチしています。

迎賓の際に流して、和の雰囲気でゲストをお出迎えしてはいかがでしょうか。

誰もが聞いたことのある曲

CMやTV番組で一度は耳にしたことのある曲ならば、ゲストも親しみやすいのではないでしょうか。

■『Oriental Wind』久石譲

サントリー伊右衛門のCMでおなじみの曲。歓談の際のBGMとしてでも、入場などの重要なシーンにも使える曲ですね。

■『Etupirka』葉加瀬太郎

『情熱大陸』でおなじみの、超有名曲。実際に和装の披露宴で使ったとうい方が多かったです。

曲を聴いただけで感動して涙するゲストもいるのではないでしょうか。

■『万讃歌』葉加瀬太郎

和装披露宴のBGMとしてとても人気の高かった曲。イントロには和楽器が使われ、壮大で美しいメロディが続きます。

入場や再入場に使う方も多いようですが、私は映画のエンディングで流れているようなイメージを持ちましたので、退場や送賓で流してもいいのではと思いました。

どんなシーンでも使える曲

■『Luv Letter』DJ OKAWARI

フィギュアスケートの高橋大輔選手がエキシビション演技で使っていた曲。
ピアノと少しのオーケストラで構成された、とても美しい曲です。

穏やかな雰囲気が和装にもピッタリ。
主張しすぎない曲ですので、入場、歓談、手紙、花束贈呈などあらゆるシーンで使える万能曲ではないでしょうか。


今回ご紹介した曲は、和風の雰囲気を壊さず、かつカジュアルな雰囲気にしたいときにおすすめなものです。
ぜひ、イメージに合う曲を探してみてくださいね。


関連記事はこちら♡

結婚式の曲の選び方、シーン別・アーティスト別BGM

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています