1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式お呼ばれ<男性ゲスト>メンズスーツに合わせる靴のマナー

結婚式お呼ばれ<男性ゲスト>メンズスーツに合わせる靴のマナー

2019.12.19

男性が結婚式にゲストとして参加する時、スーツやシャツだけでなく靴にもマナーがあります。

結婚式におすすめのストレートチップやプレーントゥ、結婚式に適さない着用NGの靴をご紹介します。

1.男性のフォーマルは黒の紐靴

黒の革靴であれば何でもOKというわけではなく、紐靴を履いて行くのが正解。
ただ、紐靴にも種類があり、それによってフォーマル感も変わってくるようです。

■ストレートチップ

爪先の切り替えが一文字になっている靴。昼間の結婚式ではこれがフォーマルです。
内羽根式を選びます。外羽根式は、紐を覆う部分が外から覆う様になっており、フォーマルには不向きと考えられています。

■プレーントゥ

爪先に飾りのないシンプルな靴。夜の結婚式ではこれがフォーマルのようです。

■ウィングチップ

爪先の切り替えが翼のようなW型になっている靴。
フォーマル感は上の二つに比べると薄れるようです。


目次に戻る

2.タキシードを着るならオペラパンプス

フォーマルシューズ

フォーマルシューズ オペラパンプス エナメルブラック タキシード用靴 FS-02-26

靴のマナーを載せた色んなサイトで「オペラパンプス」という言葉を目にします。 これは、男性の礼装用シューズで、燕尾服やタキシードを着る際に合わせるそうです。
写真の通り、エナメル素材でリボンがついています。
日本人にはなじみがないため、男性が履くのは躊躇われてしまうかもしれませんが、親族の結婚式などでタキシードを着る際は、これが正式なのだと胸を張って履いてみてはいかがでしょうか。


目次に戻る

3.ローファーやスニーカーはNG

結婚式にスニーカーは厳禁。
ローファーもカジュアルに見えるのでNGです。


靴が綺麗な男性はそれだけで立派に見えるもの。
結婚式はお祝いの場ですから、きちんと磨いていくことも忘れずにいてくださいね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています