1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式二次会お呼ばれゲスト向け、服装やドレスの選び方

結婚式二次会お呼ばれゲスト向け、服装やドレスの選び方

2019.12.19

結婚式の二次会から参加する場合、どのような服装、ドレスを選べばよいでしょうか。二次会とはいえマナーもあるのでカジュアルすぎるのもNGです。

そこで、結婚式二次会の服装マナーをご紹介します。

1. セミフォーマルなドレスがベスト?

二次会の会場がホテル内のレストランであったり、クルージングパーティーの場合は、披露宴に出席するようなフォーマルなドレスが適しているでしょうが、レストランやカフェダイニングでの二次会の場合、セミフォーマルなドレスが適しているようです。
普段使いもできるようなワンピースにパールの小物やパーティーバッグを合わせるだけでも華やかになります。

ただ、普段使いできるような、とは言っても綿素材のワンピースはNGですよ。
丈は多少短くても二次会ならOKではと思います。
足元は披露宴同様、オープントゥやサンダルは避けた方がいいようです。
また、二次会であってもドレスの色は白を避けるのがマナーですよ。


目次に戻る

2. 網タイツや生足は二次会でもNG

ストッキングは披露宴のように絶対にベージュでなければいけない、ということはないかもしれませんが、さすがに網タイツは好まれないようです。 少し柄の入ったストッキングンなどは二次会だったらアリなのではと思うので、ドレスに合わせてコーディネートできるといいですね。

いくら披露宴よりカジュアルになるからと言って、レギンスや生足もNGみたいです。
通常、レストランで食事をする場合も素足は失礼にあたるようなので、基本マナーとしてわきまえておきたいですね。


目次に戻る

3. 「平服で」と書かれていた場合の服装は?

二次会の招待状や招待メールに「平服で」と書かれていた場合、どんな格好をしていけばいいのでしょうか。 まず、パーティーにおいての「平服」指定は、「普段着でいいですよ」という意味ではなく、「フォーマルな服装でなくてもいいですよ」という程度の意味合いですので、間違ってもジーンズにTシャツという格好で行くのはやめましょうね。

ロングドレスなどフォーマル過ぎない格好、つまり上に記したセミフォーマルドレスがこの場合も一番適しているのではないでしょうか。
カジュアルすぎて恥ずかしい思いをすることも、フォーマルすぎて浮いてしまうこともないと思いますよ。


二次会だからといって、どんな服装でも許されるわけではありませんので、会場やパーティーの雰囲気をよく考えてドレスを選びたいですね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています