1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 生活・家事・ライフスタイル
  4. 「これはNGだろう」と思う女性の職場での服装3パターン

「これはNGだろう」と思う女性の職場での服装3パターン

2016.07.25

服装規定がゆるい会社も多いとはいえ、やはり「社会人」としてのマナーや身だしなみは求められるもの。

あまりにも不適切な格好を職場にしていくと、「非常識な女性」のレッテルを貼られてしまうことも。

「みんなのウェディング」では、職場で不快に思ったことのある他人の服装についてアンケートを行ないました。


職場でNGだと思われやすい服装は?

生足はNG

■半ズボンでの生足は、さすがにやりすぎだと思いました。(20代前半 女性)

■素足にサンダルは見ていてあまり好ましくないと感じます。合わせる服にも寄りますが、ストッキングは身だしなみとして必要に思います。(40代前半 女性)

生足、素足は開放感があって心地よいですが、職場では避けた方が良いです。

「目のやり場に困る」「職場では不適切」などあまり良い印象をもたれないようですよ。

髪がプリンになっているのはだらしない!

■長い髪の毛を束ねていないのはNGですね。明るすぎる色やプリンになっているのもよくありません。爪もベースコートまででマニキュアは必要ないと思います。(20代後半 女性)

髪がボサボサだったり、こまめにお手入れしていないことが丸わかりなのは社会人としても女性としてもNGでしょう。

また、マニキュアも大人しめにしておいた方が無難です。

ここはハワイか!? 意外に多い職場バカンス女子

■バカンスで着るようなワンピースやショートパンツで出社する女性を見たときは正直如何なものかと思いました。男性はみなスーツにネクタイですし、それに準ずる服装は必須だと思います。仕事中のブーツも出来れば避けたいです。(20代後半 女性)

夏は肩を露出したワンピースや、お尻まで見えそうなショートパンツの人気が出ますが、職場ではやはり不適切。

プライベートのファッションを職場に持ち込むと「ここは職場だぞ」とつっこみが入りそうです。


プライベートで派手なメイクやファッションを楽しむのは個人の自由。

しかし、それを職場に持ち込むと「TPOを考えられない女性」だと判断されてしまいます。

分別のある大人の女性として、職場ではきちんとした格好をすることを推奨します!

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています