結婚式の費用を節約できる3つの方法

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2019.04.02
結婚式の費用を節約できる3つの方法

結婚式はたくさんのお金がかかるもの。 でも出来るだけ安くしたいというのも本音ではないでしょうか。

費用をおさえて結婚式をしたいという方からの相談を受け、節約ポイントをご紹介します。

相談内容

体験談
■結婚を控えており、まだ携帯電話などで式場を調べている段階です。私が働けないので貯金がなかなか貯まりません。でも、調べているとプランではおさまりそうになく、高く感じるのですが、お安く式をあげた方、方法を教えてください。(23歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーからたくさんのアドバイスが寄せられました。

回答

1.自分たちで手配する

■本当に節約するには、なんでも自分たちで手配するのが一番安くあがります。代表的なものがレストランウェディングだと思います。

挙式会場探し、衣装手配、披露宴会場の手配、招待状制作に発送、引き出物など、結婚式場はこれらを代行してくれる代わりに、手数料で価格が高い。結婚式場で披露宴をやるなら、衣装や引き出物の類は提携先があるし食事もある程度決まっているため、節約できる部分は少ないでしょう。(31歳女性)

他の人が料金をお支払いしてお願いしているところを、自分たちで手配してしまえば手間はかかりますが節約につながりますね。

2.オフシーズンを選ぶ

■会場や食事にこだわりつつ、節約が効くのはズバリお日柄の悪い日や結婚式のオフシーズンを選ぶことだと思います。こういう事にこだわりがなく妥協できるのでしたらご検討されてみてはどうでしょうか。(34歳女性)

混み合わない時期であれば値段が安くなっていることもあるようですね。

3.見積もりを取り、値引き交渉

■携帯電話で探していても、案外話を聞いたら値段を落としてくれるところもありますよ!
資料請求してみたらどうでしょう。そのときに、40名のプランで見積もりくださいと伝えてみてください。日取りまったく決まってないと言えば催促の電話もあまりかかってこないかも。(26歳女性)

実際に見積をとったり、相談をしてみないとわからないこともありますよね。
まずは実際にいいと思う式場などに話を聞いてみましょう。


他にも、「値段を押さえるならレストランウェディング」(31歳女性)、「お金をかけずに式をあげるための専用サイトを調べてみて」(31歳女性)というご意見もありました。

色々と方法はありますので、自分たちのできる限りの結婚式の形をじっくり考えてみましょう。


関連記事はこちら♡

みんなのウェディング相談デスク

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事