1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 結婚後に決めた「異性付き合いのルール」

結婚後に決めた「異性付き合いのルール」

2016.07.28

結婚したら、異性との付き合いを控えたり、やめておく、ということはよく聞きます。
確かに、パートナーに誤解を与えるような行動は、結婚生活そのものが成り立たなくなるかもしれませんよね。

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場では、お互いの異性関係について、「パートナーと決めたルールを教えてください」と質問したところ、先輩カップルからたくさんの回答が寄せられました。ちょっと紹介してみますね。


◇結婚後に決めた「異性付き合いのルール」

<異性と会うときは結婚指輪を必ずつける>

結婚指輪は必ずつけること、仕事関係の異性のことでとやかく言わないようにしていることが暗黙のルールです。(20代後半女性)

「既婚者」であることをアピールすることで、自然と行動が自制されるはず、とのねらいです。

<異性との「食事」は事前に報告すればよい>

異性と二人きりで食事に行ったりする場合には、例え職場関係の場合だとしても、必ず事前に報告をするということを決めています。(30代前半女性)

「二人きり」という状況が異性であれば、どんな場合でも事前に報告して了承を得ておきます。

<バレなければよい>

もし浮気をするならバレずにすること。ばれなければOK。
異性の友達に関しての取り決めは特になし、自由。(20代後半女性)

「完璧にバレない自信」と「完璧に見抜く自信」とのバランスで成り立つ取り決めですね。

なかには、徹底しているカップルもいます。

<法律的に有効な文書を作成>

トラブルを避けるためにも、専門家に依頼し、結婚の条件として法律的に有効と見なされるルールの文書を作っています。(30代前半女性)

小さな行き違いから大問題になったりするものです。問題を未然に防ぐためにも、万全の体制で結婚生活を送る、という方針です。


意外と多かった回答が「信頼しているので特に決めていない」というものでした。
お互いに、結婚生活に差し支えるような異性関係は「ありえない」と考えるカップルが多いのですね。
ただし、「これから考えて行ってもいいのかも」(30代前半女性)のように、結婚したとはいえ、男女のことは流動的、との考え方もあるようです。
末永く添い遂げるには、なかなか工夫が必要なのかもしれませんね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています